1歳児の歯ブラシの使い方。子供が嫌がらない磨き方とは?

1歳ごろに歯が生えてきたことは知っていたけど、どんなふうに磨いたら良いのかわからない。

磨こうと思っても動き回って磨けない。歯ブラシの種類が多すぎて、どれを使えばよいのか分からない。そんな経験はありませんか?

そこで今回は、1歳児にはどんな歯ブラシを使ったらよいのか分からない人の為に、1歳児に適した歯ブラシの種類とその使い方についてお伝えします。

1歳児が使う歯ブラシにはどんなものがあるの?

当然の事ながら、1歳児の子供は歯ブラシの使い方がまだ分かりません。

そこで、自分で歯を磨く習慣をつけるための自分磨き用の歯ブラシと、磨き残しのない様に大人が磨いてあげるための仕上げ磨き用の歯ブラシの2種類があります。

自分磨き用の歯ブラシの目的とは?

1歳児の自分磨き用の歯ブラシの目的は、“磨く”ことではありません。

1歳児の子供に歯ブラシの感触に慣れさせ、歯磨きの習慣をつけるための物です。

そのため、1歳児の子供が喉の奥に歯ブラシを入れすぎないようなものや、誤飲してしまったりすることのない形状のものを選びましょう。

安全ストッパーが付いている歯ブラシを選んだり、柄の短い歯ブラシを選び、持ち手の部分もある程度の太さがある持ちやすい歯ブラシを選びましょう。

歯肉にあたった時に痛くない様にやわらかい毛先でヘッドの小さなものを選択すると良いでしょう。

仕上げ磨き用の歯ブラシの目的とは?

1歳児の仕上げ磨き用の歯ブラシの目的は“磨く”ことです。

大人が磨いてあげるのに適している歯ブラシは、ヘッドが小さく毛先がやわらかで、柄の部分が長いものです。

子供の好きなキャラクターや色があれば、一緒に選んで買ってあげるのも良いでしょう。

また、歯ブラシを嫌がるようであれば、ガーゼや指サック式の歯ブラシなども使ってみましょう。

なかなか磨かしてくれない場合は?

しかし、1歳児の歯ブラシの使い方といっても、1歳児にとって歯ブラシとはあまり楽しいものではありません。

一度でも痛かったり、嫌な思いをすると子供はなかなか磨こうとしてくれません。

磨くことは大切ですが、絶対に無理をしないことも大切です。

唾液には自浄作用や歯の石灰化であるハイドロキシアパタイトを形成するなど、歯にとってよいことがたくさんです。

もし、一日磨けなくても、すぐに虫歯になることはありません。

今日一本磨けたなら、明日は隣の歯を一本磨くことを目標にしてみましょう。

子供の虫歯の原因のほとんどは、砂糖によるものです。

とくに長く口の中に残る飴やガム、歯の溝に挟まり停滞するクッキーやビスケットなどは虫歯になりやすいお菓子の代表です。

まだ、歯磨きがうまくできないようであれば、糖分の摂取を控えたり、お菓子の種類を変えたり、回数を減らしたりしながら対応しましょう。

特に、寝ている間は唾液の分泌が低下しますので、寝る前の飲食は控えるようにしてみましょう。

そして、歯ブラシの時にお膝の上に寝転ぶことができたら、沢山褒めてあげましょう。

1秒でも歯が磨けたらもっともっと褒めてあげましょう。

繰り返すことで、歯ブラシが嫌なものでなくなれば、子供は嫌がらずに歯を磨くようになります。

自分磨き用の歯ブラシはどうやって使うの?

赤ちゃんは生後6か月ごろから歯が生え始めます。

ほとんどのママ達は歯が生え始めるこの時期に歯ブラシをし始めます。

自分磨き用の歯ブラシは、喉の奥に行ったりしないように、柄が短くストッパーが付いているものを渡しましょう。

そして、いつでも持たせるのではなく“食べたら磨く”の習慣の為、食べた後に渡したり、自分で取りに行かせるようにしましょう。

食事をすると、口の中が酸性にかたむきます。本来はこの後唾液が口の中を中性にしようと働くので、30分ほどは歯磨き粉などつけたブラッシングはしない方がよいのです。

自分磨き用の歯ブラシの使い方は、1歳児の場合、口の中に歯ブラシを入れて慣れさせるためのものなので、ご飯を食べて落ち着いたら歯ブラシを持たせてみましょう。

まだまだ自分で磨くのは難しいのが1歳児。

歯ブラシの使い方がわからなくても、ブラシの先を噛んだり、なめたりするだけでも良いのです。また、歯ブラシを口にいれることで、唾液も分泌されやすくなります。

この時の注意点は、ご飯を食べたりおやつを食べたりしたら持たせてみることと、立ち歩いたりせず安全に使えるようにしっかりと見てあげることです。

歯ブラシの使い方がきちんとできていなくても良いので、食べたら歯ブラシを持つ。口に入れる。という事と歯ブラシの習慣を結び付けてあげるとよいでしょう。

くわえて、とても効果的なのは、ママも一緒に磨くという事です。

子供は親をよく見ています。大人は後で磨こうと、自分の予定に合わせて行うことが多いですが、この時期だからこそ大切なのは、みんなそうしている。ママもやっている。

だからやるのが当たり前。嫌なことではない。としっかり思わせてあげることです。

仕上げ磨き用の歯ブラシはどうやって使うの?

仕上げ磨きは、子供が自分磨きをした後に行います。

仕上げ磨き用の歯ブラシの使い方は、鉛筆を持つようにグリップを持ち、決して力は入れずに優しく一本一本、磨いてあげましょう。

歯が少ない時は、それほど磨き残しはないのですが、本数が増えてくるとどこを磨いたのか分からなくなったり、同じところばかり磨いてしまうこともあるようです。

歯を磨くときには、大人も子供も同じで、順番を決めて磨くようにしましょう。

例えば、上の歯の噛む面から磨き始めます。次に右上の頬側からグルッと内側まで磨きます。左上の噛む面のあと、上の左の奥歯内側から、グルッと右側まで一周します。

下の歯も同様に行うとよいです。そうする事で、右上やって、左下やって、前歯やって・・・あれれ?どこやってないの!?と、いう失敗を防ぐことができます。

子供が歯磨きを嫌がる時は?

1歳児に歯磨きをしようとした時に“虫歯にしないためにしっかりと磨かなくてはいけない”という責任感を持つママが多いようです。

そのため、まだうまく磨けない子供の手をとって無理やり磨かせたり、嫌がっても押さえつけてまで磨いてしまうなんて言う話もよく聞きます。

子供が嫌がる歯ブラシトレーニングを続けていると、親も子も歯磨きがつらいものになってしまいます。

その子供によって、やり方を変えたり工夫することは大切ですが、まずは子供と歯磨きを楽しむことから始めましょう。子供にママの歯を磨かせるのも良いですね。

仕上げ磨きは毎食後しないといけないの?

朝・昼・おやつ・夜に完璧に全てをこなすのは難しいものです。また、歯磨きが負担になってしまうのはとても悲しいことです。

そんな時は無理をせずに、一日一回だけきちんと磨く事を目指して歯磨きを楽しんでやってみましょう。

食後は子供の自分磨きのみで終わらせ、寝る前の歯磨きだけはしっかりと仕上げ磨きをしてあげましょう。

もし、外出や子供が眠ってしまった時も無理をせず、翌日の朝に仕上げ磨きをしてあげれば大丈夫です。

1歳児にお勧めの歯ブラシは?

1歳児にお勧めの歯ブラシは自分磨き用では柄が短く、ストッパーなどがついているもの。そして、ヘッドがコンパクトで毛先の柔らかいものです。

薬局などに置いてある市販の歯ブラシでは、コンビ株式会社テテオの「じぶんでみがけた乳歯ブラシSTEP2セット」や、ピジョンの「親子で乳歯ケア乳歯ブラシ」などがおすすめです。

乳児、幼児、奥歯が出て来てから使えるものを3本セットで購入できます。

また、バラ売りもしているので用途に合わせて買い揃えてもいいですね。

仕上げ磨き用の歯ブラシでは、柄が長くヘッドがコンパクトで毛先の柔らかいものがおすすめです。

市販の歯ブラシだとコンビ株式会社テテオの「はじめて歯みがき仕上げみがき用」は15度のななめネックと小さなヘッドが磨きやすいです。

歯科医院にて購入する機会があれば、ライオンの「こども歯ブラシEXkodomo」もおすすめです。毛先は硬すぎないのにしっかりとした作りになっているので汚れをキレイに磨けます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は1歳児の歯ブラシの使い方と1歳児の歯ブラシ選びについてお話しました。

1歳児にはどんな歯ブラシがお勧めで、どんな歯ブラシを選んだらよいのか分からない時にはまず、1歳児がどんなふうに歯ブラシを扱えるのか知ることから始めてみましょう。

そして次に、1歳児が安全に歯ブラシを行えるようなブラシを選びましょう。さらに目的を明確にし、自分で磨くものと仕上げで使う物の使い方の違いをよく理解して選ぶ事が大切です。

そうする事で、子供に歯ブラシをする意味を教えながら、親子で楽しく歯磨きに取り組むことができるでしょう。

1歳児の歯ブラシにはどんなものがお勧めで、どう使ってよいのか使い方がわからない方は、是非今回の記事を参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です