赤ちゃんの虫歯予防は何をしたらいいの?

赤ちゃんの可愛い歯。虫歯にしないために予防してあげたいな!そんな風に考えるママが近年とても多くなってきました。

赤ちゃんの歯は平均して6か月前後に生え始めます。

まだ歯が生える前から、虫歯のことは気になっているママも多いようです。

昔に比べて、歯科医院のあり方もかわってきて、“予防”という考え方がごく一般的になったためと言われています。

小さくて可愛らしい赤ちゃんの歯をしっかりと虫歯から守ってあげたいですよね。

そこで今回は、赤ちゃんの歯を虫歯にしたくないけど、どうやって予防したらよいのか分からない人の為に、赤ちゃんのうちからできる虫歯予防についてお伝えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯はいつごろから虫歯になりやすいの?

産まれたての赤ちゃんには、まだ歯が生えてきていません。口腔内には虫歯菌もいません。つまり、産まれたばかりの赤ちゃんが虫歯になることはありません。

では、いつごろから虫歯のリスクがあるのでしょうか?赤ちゃんの歯は、舌の前歯2本から生え始め、早いと4か月ごろ、遅くても9か月ごろには顔を出します。

虫歯菌は、歯の表面に付着して悪さをしますので、赤ちゃんの虫歯のリスクはこの生え始めた時期から始まり、次いで離乳食が始まる頃、さらに2歳~3歳ごろと虫歯のリスクはどんどん高くなっていきます。

歯は大きく分けて、歯の表面にはエナメル質という固い層、その下に象牙質というやわらかい層、そして歯の神経(歯髄)という3つの層に分かれています。

虫歯は、虫歯菌の原因となる菌(ミュータンス菌)や、虫歯を進行させる菌(ラクトバチラス菌)が、食べ物の成分である糖分を餌に酸を作り出し、歯の表面(エナメル質)をとかして虫歯にします。

そのため、食事をするたびに口腔内が酸性に傾きます。唾液には口腔内を中和する力があり、溶けてしまった歯面を再石灰化して元に戻そうとします。このバランスが崩れて、酸性の状態が長く続いたりすると虫歯になってしまいます。

赤ちゃんの歯は乳歯で、大人の歯に比べると歯の表面のエナメル質の層が薄いのです。そのため酸に弱く溶けやすいため、虫歯になりやすいので注意が必要です。

赤ちゃんの虫歯予防には家族の口腔内ケアが必須?

人間の口の中の菌の種類や数は、2歳半ごろまでに決まると言われています。

そもそも、産まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌がいないのですから、糖分が口の中にあっても、虫歯にはならないはずなのです。

では、なぜ赤ちゃんは虫歯になってしまうのでしょうか?

虫歯菌は、虫歯菌を持っている大人の唾液が赤ちゃんの口腔内に入ることで感染します。

感染する時に大人の口の中が、虫歯菌でいっぱいだと、それだけ多くの虫歯菌が赤ちゃんに感染してしまうことになるのです。

このことを踏まえ、子供の虫歯の予防で一番気を付けるべきことが、家族の口腔内ケアなのです。

先ほども述べたように、口腔内の虫歯菌の種類やおおよその数は2歳半ごろまでに決まってきます。しかし、食生活や生活習慣、口腔内の清掃状態によって菌の数は大きく増えてしまいます。

1歳半ごろから2歳半ごろまでの間に虫歯菌に感染すると、虫歯菌はそのまま口腔内に定着し、住み続けます。この期間は“感染の窓”といわれ、特に気をつけなければならない期間です。

赤ちゃんをお世話したり、スキンシップをとる家族こそ、口腔内のケアをしっかりするようにしましょう。

赤ちゃんの虫歯予防のための歯みがきアイテムは?

虫歯予防に必要不可欠なのは、歯ブラシです。

歯の表面についた食べかすや、虫歯菌などをしっかりと磨き落とすことが大切です。

しかし、赤ちゃんの口の中はとてもデリケートで、初めての感覚にとても敏感なのです。

歯が生え始めたばかりの赤ちゃんの歯を、いきなり歯ブラシでゴシゴシとこすってしまっては赤ちゃんもびっくりです。

生え始めの赤ちゃんの歯には、清潔なガーゼを指に巻きつけて、ぬるま湯をつけて優しく拭き取ることから始めてみましょう。

歯ブラシの毛先に慣れさせるために、安全ストッパーが付いた歯ブラシを与えるのも良いでしょう。離乳食が始まる頃までにブラシの感触に慣れていけるとよいですね。

また、フッ素入りの歯磨き粉も有効です。歯の再石灰化を促し、より強固な歯面をつくりあげることが可能です。赤ちゃんに選ぶときには、発泡剤や研磨剤の入っていないものを選びましょう。又、歯磨きが苦手な年代のお子さんにも好きなフレーバーで磨くことで歯みがきへの意欲につながることもあります。

その他にデンタルフロスも活用できるようになると、歯と歯の間の虫歯予防ができます。

さらに、歯みがきの後に食べるキシリトールタブレットもお勧めします。歯ブラシの後のご褒美としても良いですし、歯ブラシの後に食べることで虫歯菌の増殖を抑え、汚れを歯面に付着しにくくし、さらに歯の再石灰化を促してくれるのです。

赤ちゃんに与える場合には、粉々に砕いて、耳かき一杯ほどの量を与えるようにしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの虫歯予防のために歯科医院への通院が必要って本当?

これまで、歯科医院とは虫歯を治す病院として認識されてきました。

ですが近年では、虫歯にならないために歯科医院に通うケースが増えてきています。

また、小さい子供は歯科医院が苦手なイメージがありますが、それは虫歯の治療で痛い思いをしている事が原因となる場合がほとんどです。

小さなうちから、歯科医院の雰囲気に慣れ、楽しいことや嬉しいことをたくさん経験させてあげましょう。子供専門で治療しているような、楽しい雰囲気の歯科医院は子供の予防通院にはお勧めです。

歯科医院での虫歯予防には、歯ブラシ指導や歯のクリーニング、定期的な健診、定期的なフッ化物の塗布、シーラントなどの様々な予防方法の他に、虫歯とも深く関係性のある歯並びなどについても、早期に診てもらうことができます。

小さなころから歯科医院でしっかりと口腔内の管理をしてもらうことで、虫歯のリスクを減らすこともできます。

また、年齢に応じた歯の悩みを相談することもできるので、自分の子供に合ったかかりつけの歯科医院を見つけましょう。

ホームケアをスムーズに進めるために赤ちゃんのうちからできることは?

赤ちゃんはとてもデリケートでちょっとした刺激にも驚いてしまいます。

歯が生え始める6か月前後に突然歯ブラシをし出すと、その刺激が苦手だったり、驚いてしまってなかなか磨けないことがあります。小さなうちはそれでも何とかやっていける物ですが、2歳ごろから始まるイヤイヤ期にはそう簡単にはいかなくなってしまうケースが多いです。

“感染の窓”といわれる1歳半~2歳半の虫歯リスクが最も高くなる時期でもありますので、何としてもホームケアを成功させ、楽に親子で歯ブラシトレーニングに取り組みたいものです。

赤ちゃんのうちにできることはとにかく口の中に触れるという行為に慣れさせます。歯肉や唇、口蓋や舌など様々な場所を触ってみましょう。

早い時期からおもちゃなどを通じて、色々な感触に触れさせることが大切です。

そうすることで、慣れない歯ブラシへの恐怖感を少なくして、次の段階の歯ブラシトレーニングに移行することができます。

赤ちゃんの口の中に手を入れるときには、キレイに洗い、清潔な状態で行いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は赤ちゃんの歯を虫歯にしない為に、赤ちゃんのうちからできる虫歯予防についてお話しました。

赤ちゃんの歯を虫歯にしないためにまずは、赤ちゃんの歯がいつごろから虫歯になりやすいのか知りましょう。そして、赤ちゃんの虫歯予防に最も大切な家族の口腔内ケアを徹底していきましょう。加えて、月齢に合わせた口腔内ケアアイテムをフル活用して、虫歯予防に努めていくのです。

さらに、小さなうちから歯科医院での予防とホームケアを並行して行っていきましょう。

そうする事で、可愛い赤ちゃんの歯を虫歯から守ってあげることができるのです。

赤ちゃんの歯を虫歯にしたくないけど、どうやって予防したらよいのか分からない方は、是非今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク