トイレの詰まりの原因と、素人でも出来る解決策とは?

あなたは今、うっかりトイレに異物を流してしまってお困りではありませんか?

プロの業者に修理をお願いしたいけれど、修理代も心配だし、できれば自分でなんとかしたい!

どこまでなら自分で解決できるのか?と、お悩みかも知れません。

また、トイレで節水をしているけれど、どうやらそれが原因でトイレが詰まっているようで、どうしようかとお悩みの人もいらっしゃるかも知れません。

そこで今回は、トイレの詰まりの原因が、1、異物を流してしまった時、2、節水をしている時 の解決方法、そしてプロの業者に修理をお願いするタイミングをお伝えします。

スポンサーリンク

原因1 トイレに固形異物を流した

そもそもトイレに流しても良いものは、人間の排泄物、トイレットペーパー、水です。

これ以外はトイレに流せない異物に当たります。

ここでは固形異物を流して詰まった時の解決法をご紹介します。

ここでの固形異物とは、スマートフォン、携帯電話、ボールペンなどの筆記用具や、お子さんのおもちゃや、プラスティックのふたなど、身の回り品で、水に溶けないものです。

自分で解決できる可能性があるのは、落とした異物が比較的浅い場所にある場合です。

この時、大事な注意点は、焦って水を流してしまわないことです。

水を流してしまうと、その水の流れに押されて、異物はさらに便器の奥へと進んでしまい、取り出すことが困難になってしまう可能性があります。

またラバーカップを使いたくなるところですが、基本的にラバーカップもトイレットペーパーなど水に溶けるものが詰まった時に使う道具です。

ラバーカップで押し流そうとしても、トイレの排水管は直線ではなくカーブをしているので、そのカーブの所で詰まってしまい、余計に取り出すのが困難になり、状況を悪化させてしまう可能性があります。

ラバーカップも慌てて使わないようにしましょう。

異物を取り出す時には、まず止水栓を閉めてタンクに給水できない状態にしておきます。

作業する時にはゴム手袋をはめましょう。便器の中をのぞいてみて、異物が見える位置にあり、なおかつ手をのばして届く位置にあれば、そのまま取り出してみましょう。

また手が届いたとしても、取り出そうとする時に、何か引っかかりがある時や便器の排水口に挟まってしまって取れない時には、無理は取り出さないようにしましょう。

排水口より奥に入ってしまった場合は、便器側から取り出すことはできません。

その場合は高圧洗浄機を使用して水圧をかけて押し出す、またはワイヤーブラシを使って押し出し、外にある排水マス側まで異物を押し出す必要があります。

この時、排水マス側でネットなどをかけておくと、異物がでてきた時に下水に流れていくのを防ぐのと同時に、押し出された異物をこのネットでキャッチすることができます。

原因2 トイレの節水

トイレの詰まりには、節水していることが原因になっている場合があります。

節水法には、使用する水の量を減らすためにペットボトルなどをタンクに入れる、またフロートバルブに重りをつけて水の量を減らす節水弁などがあります。

このような「水の量を減らす」という方法は、排泄物、トイレットペーパーが流れきらず、配管が詰まるといったトラブルの原因にもなります。

また、トイレを流す際のレバーの大小も、正しく使わないと詰まりの原因となります。

トイレは大小それぞれをきちんと流せるよう水の量を計算して設計されています。

節水のつもりで大小のレバーを適切に使わないと、トイレの詰まりを招くといったことにもなりかねません。

きちんと流すのに必要な水の量が足りなくなってしまうのです。

トイレで節水するのであれば、便器自体を節水のエコタイプに変えてみることをお勧めします。

また、節水グッズを取り入れてみるのも良いかも知れません。

トイレによっては取り付けられないものもありますが、水洗トイレの節水器ロスカット、ウォーターセーバーといった節水グッズは、お手頃価格で設置もしやすいので、手軽に取り入れられます。

修理をプロにお任せするタイミング

できる限りは自分の力でなんとかしたいトイレの詰まりのトラブルですが、自分でなんとかしようと無理をすると、逆に状況が悪化してしまう可能性が高いです。

異物が詰まってしまって自分で取れないと思った時にはプロの業者にお願いしましょう。

無理に取ろうとして余計に奥につまってしまってしまうと、便器の取り外し工事など、大がかりな修理が必要になります。

マンション、アパートなどの集合住宅の場合は、階下への水漏れなども心配です。

基本的に、水で流れない異物が詰まってしまって手で取れない時は、プロの業者にお願いすることが安全策です。

自分で修理できる確信がない時、自分で修理できる自信がない時は、迷わずプロの業者におまかせしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、トイレに異物を流してしまった時、自分でできる解決法と、自分で解決できないときプロの業者に修理を頼むタイミングについてお話しました。

トイレに異物を流してしまった時、自分で解決できるのは、異物が自分の手で取り除ける範囲にある場合です。

無理に取ろうとすると状況が悪化しかねません。無理だと思った時には、迷わずプロの業者にお願いすることが安全です。

また、トイレでの節水は、詰まりの原因になりかねません。トイレは適切な水の量で使用することが大切です。

水は、必要な時以外は何度も流さず、水流の音ボタンを活用するなど、小さなことでもできることで節水を心がけてみて下さいね。

今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク