子供が歯磨きを嫌がる!?喜んで歯磨きをさせる3つの方法

赤ちゃんの時に生え始めた可愛い歯。ママたちは虫歯にしないために一生懸命頑張っているようです。

しかし、月齢が進むにつれ自我も芽生え、何をやってもイヤイヤ!という時期が来てしまいます。

二歳ごろになると、色々なものを食べるようになるので、さらに虫歯のリスクも上がってしまいます。

何としてでも磨かなくては!ママたちは必死になり、押さえつけてでも磨くような状況も実際にはあるようです。

怒りたくないのについつい怒りながら歯ブラシをしてしまう…泣いていると口が開くのでその間に磨いてしまうというママも…笑

出来ればニコニコ笑顔で楽しく子供が嫌がらずに歯磨きがができたらいいのに。そんな風に思ったことはありませんか?

そこで今回は、子供が歯磨き嫌がるという人の為に、子供が歯磨きを嫌がる原因とその対策についてお伝えします。

スポンサーリンク

子供はどうして歯磨きを嫌がるの?

歯磨きを嫌がる子供たちの多くには、嫌になるそれなりの“訳”があるはずです。

なぜなら初めて歯ブラシをして、歯磨きを初めから思いっきり嫌がる子供はほとんどいないからです。

多くの子供たちは、色々なことを経験し吸収する時期でもあるので、自分でやってみたい!という気持ちが表れます。けれど、子供は正直です。

楽しいことは好きだけど、楽しくないことはすぐに飽き、長くは続かず、歯ブラシは楽しくないと学習します。

子供が歯ブラシを嫌がる理由は様々ですが、一般的には“楽しくない”“必要性がない”“痛い思いをした”“歯ブラシの感覚が苦手”“口をあけるのがつらい”そして“歯磨きの時のママが怖い”などがあげられます。

大人は“磨かないと虫歯になるので磨く”という感覚を持つことができますが、子供はそもそも虫歯という考えが大人とは異なります。

ママがやろうと言っているのでやってみた。なんだかわからないけど面白そうだからやってみる。といった、単純な理由であることが多いのです。

けれど、やってみた結果楽しさや嬉しさなどを感じる事が出来なければ、おそらくもうやらないのでしょう。子供の歯ブラシはあの手この手で楽しく行うことが重要です。

また、歯磨き中に子供がつらいと思っている事や痛いと思っていることに気が付かず、もうちょっとだけ…と無理に進めてしまうことで、さらに子供が歯ブラシを嫌いになってしまったりするのです。

子どもが歯磨きを最も嫌がる原因とは?

子供が歯ブラシを嫌がる理由の最終的な原因は“ママが怖い”ということです。子供にとってママは全てです。

わがままを言ったり、泣いたり、怒ったりするのも、ママが自分のことをちゃんと見てくれているのか確認しているのです。

子供はママの笑顔が世界で一番好きなはずです。そんな大好きなママが、歯ブラシの時には怖いママになってしまっていては、歯ブラシ=怖いママと認識してしまい、歯ブラシそのものを嫌いになってしまうのです。

歯磨きトレーニングは、親子で楽しくが鉄則です。

笑顔で楽しく歯磨きできるように、あまり神経質になりすぎず、親子の歯磨きタイムを充実させていきましょう。

子供が歯磨きを嫌がらずしてくれるようになる方法1

歯磨きさせないといけないという使命感を手放す

子供の歯を虫歯にしないために、一生懸命頑張っているママ。そんな、頑張り屋さんのママは、まず思い切って力を抜いてみましょう。

“やらなきゃいけない”という使命感は時に人を厳しくさせてしまいます。

本来は一日三回食事の後にブラッシングできることが理想ですが、実は一日一回しっかりと磨けていれば虫歯のリスクはそこまで高くならないのです。

自分磨きはわりと好きな子供も多いので、朝と昼は子供に自分で磨かせてあげましょう。そのかわり、夜はママが仕上げ磨きをしてあげるのです。

ママが仕上げ磨きをする時に嫌がらない方法

仕上げ磨きを嫌がってしまう子供が多く、ママも寝る前の歯磨きには神経を使ってしまいます。

けれど、忘れてはいけません。ママは無理をせず笑顔で仕上げ磨きをしてあげるのです。

今まで、歯ブラシ=嫌なものという認識が出来てしまっている場合は、少し時間がかかってしまうかもしれませんが、少しずつ、一本ずつ進めていきましょう。

寝転ぶことも嫌がる場合には、ぬいぐるみなどを使ってぬいぐるみの口を磨かせてあげたり、横抱きをして鏡で口の中を見せてあげたり、歯ブラシをするのではなく、ママとのスキンシップを取りながら少しずつ横になれるように進めましょう。

できたら、必ず褒めてあげるのです。その日は磨けなくても怒ってはいけません。

今日は横に慣れて偉かったね!ご褒美にシールをはってもいいよ!などとご褒美方式もおすすめです。

ママはニコニコで、横になるのは楽しい・嬉しいという気持ちを少しずつ覚えさせていきます。

さらに、音楽などをかけられる環境なら、歯ブラシをするときの音楽を決めてみましょう。

この音楽がなっている間が歯磨きの時間であるという事を少しずつ認識していくことができます。音楽が鳴りやむ前に終わったらさらに褒めてあげしょう。

磨くことに執着せず、磨くために楽しむことを優先し、歯磨きと遊びを結び付けながら肩の力を抜いて進めてみましょう。

スポンサーリンク

子どもが歯磨きを嫌がらずにする方法2 子供の心をつかむ歯ブラシグッズを使う

子供には子供なりのこだわりや考え方があります。その思いとは違う事を言われたり、されたりすると納得がいきません。

そこで、子供にも選択肢を与え、歯磨きグッズ選びから親子で楽しめるとよいです。

例えば、好きな色やキャラクターの歯ブラシを買うのも良いですし、工作や縫物が得意なママは、手作りで歯ブラシキャップのようなものを作ってみても良いでしょう。

5種類ほど用意して、今日は誰に磨いてもらう?と、歯ブラシの柄に着ける物を選ばせるのも楽しいですね。

作るのが苦手なママは数種類のシールを用意して、子供に選んでもらいましょう。シールは歯ブラシの柄に貼って、磨けるところまでキャラクターになりきって、磨くのです。

うまくできたら、そのシールを上げましょう。表を用意して、貼ってもらうのもいいですね。

その他に子供の好きなフレーバーのはみがきジェルを2~3種類用意しておいて、どの味にする?と選択させてあげましょう。

ママはいちごにする!などと、ママも選んで子供に磨いてもらいましょう。

また、ご褒美としてとても力を発揮してくれるのは、キシリトールタブレットです。

天然の甘味料で甘く、美味しいです。虫歯の原因となる糖分は含まれていないので、歯磨きの後に食べられます。

甘いので、虫歯になるのでは?と、心配されるママも多いのですがキシリトールが原因で虫歯にはなりません。むしろ、汚れを着きにくくしたり、歯の再石灰化を促してくれたりする力もあります。

仕上げ磨きの後はもらえる。など、特別感を出しましょう。

最近では、子供用番組や幼児教材などでも歯磨きを楽しくするアイテムが多数揃うようです。携帯の歯磨きアプリも充実していますので、程よく活用すると良いきっかけになることもあります。

全てを周りが決めて与えるのではなく、子供自身に選択してもらい、自分の意志で磨きたいと思えるような方向に持っていけたら成功です。

子どもが歯磨きを嫌がらずにする方法3 痛くない「仕上げ磨き」の方法

子供は楽しいことや美味しいものは素直に喜びます。

けれど、痛いことや怖いこと、つまらないことはそれ以上に覚えています。

歯磨きトレーニングを成功させるコツは絶対に痛くしないことです。

そのためには、ママの努力が必要不可欠なのです。

大人が自分の歯を磨くときは気持ちの良い感覚を感じながら磨くことができます。

しかし、子供の歯を磨くときは優しく磨いているつもりでも、ついつい力が入ってしまうことがあります。

子供の口の中は大人よりもデリケートですので、ダイレクトに歯ブラシの負荷が歯肉にもかかってしまいます。

特に気をつけなければならないのは上唇小帯(上唇と歯肉を繋ぐスジ)です。

子供の上唇小帯は前歯と近いため、前歯を磨くときに一緒に磨いてしまうことがあります。これは、とても痛いです。時に、切れてしまうことも。

ブラシを横に向けてあたってしまいそうなときには、ブラシを縦にして上唇小帯に当たらないよう一本ずつ磨きましょう。

歯ブラシの持ち方は、ペンを持つように優しく磨き、握る力はほとんどかけません。

大きく横にゴシゴシとは磨かずに、小さく小刻みに一本ずつ磨くようにしましょう。

また、子供は長時間口をあけるのが苦手です。

歯の数が少ないので、ついついまとめて磨いてしまいたくなりますが、1~2本磨いたら口を閉じさせてあげると子供も苦痛を感じずに進めることができます。口を閉じるたびに褒めて、進めていきましょう。

一本磨いて嫌がる場合には無理に進めずに一本磨けたことを思いっきり褒めてあげましょう。ご褒美シールやタブレットも忘れずに。

次の日は、磨けた歯の隣の歯を磨きましょう。さらに磨けそうならもう一本。そして、嫌がる前にやめて、たくさんほめてあげましょう。

こういった磨き方が続いているときは、虫歯のリスクは少し高い状態になりますので、食べ物に注意するようにして、リスクを下げるようにしましょう。

子供が嫌がらずに歯ブラシをするためには、ママの根気も必要です。あきらめず、少しずつ進めていけるといいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

子供が歯磨きを嫌がる原因とその対策についてお話しました。

今回は子供の歯磨きをしたいけど、嫌がってしまって困っている時にはまず、どうして子どもは歯ブラシを嫌がってしまうのか、その理由について探ってみましょう。

そして次に、歯磨きを好きになれる方法について模索し、実行してみましょう。ポイントは楽しむことです。

そうする事で、ママも子供もつらい思いをせず歯ブラシトレーニングに取り組むことができ、虫歯から子供の歯を守ることができるのです。

子供の歯磨きをしたいけど、嫌がってしまって困っている人は、是非今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク