料理が上達する方法を知って、料理下手から脱出する6つの方法

料理上達の方法

今あなたはもっと料理を上達させたい。よリ美味しいご飯を作りたいと思っていませんか?

料理はどうすれば上達するのでしょうか?何度も料理を作れば上達すると言いますが、本当にそれだけで上達するのでしょうか?

そこで、今回はどうすれば料理が上達できるか、その6つの方法をご紹介します。

料理の上達方法1 料理の全体を考えて調理する

料理を作る時、あなたは何品作りますか?

ごはん、味噌汁、おかずを作ると思います。おかずは1品から2品でしょうか。合計で3品から4品になると思いますが、その全ての食べ物で1つの食事になります。

なので全体的に、バランス良い味付けをしなくてはいけません。

食べる時を考えて調理をする。少し難しいかもしれませんが、これを行うと料理が上達します。

料理の上達方法2 色を考えて調理をする

ご飯を作る時、何色使っていますか?

できるだけ色とりどりにしたほうが、見た目が華やかですね。また、見た目が綺麗だと、それだけで素敵な料理に観えますよね。

色を使いすぎるのはよくありませんが、適度に色を使って調理をしましょう。

料理の上達方法3 手間を惜しまない

料理を作るには手間がかかります。料理を上達させるために、となるとより手間がかかります。

手間がかかりますが、出汁をとりましょう。大事なのは、味の素など、旨味調味料は頼らないうようにすることです。

なぜなら調味料をたくさん使うと、素材の味が調味料に負けてしまうからです。

なのでしっかりとした出汁を使うことを、オススメします。

料理の上達方法4 料理全体の味のバランスを考えて料理をする

味をつける時、全体であなたは味を考えていますか?

例えば、味が濃いおかずがあるとします。お味噌汁も味が濃かったらどうでしょうか?食事が終わった後、口の中がしょっぱく感じると思います。

1品で考えてはいけません。3品あるなら3品全てで一つの料理です。

お味噌汁は基本薄味で

お味噌汁は基本、メイン料理ではありませんよね。

メインのおかずはごはんと食べるため、味が濃くなっています。なので、お味噌汁の味見をした時薄いかな?と思うくらいが丁度よいです。

またお味噌汁がメイン料理になる、豚汁などは味が濃くても大丈夫です。メイン料理が豚汁になるので、濃くないとご飯が食べられませんよね。

もし、薄いのが気になる場合は出汁の味を濃くし、味噌を減らしましょう。

おかずが2品ある場合は1品は薄めで

2品あれば、1品はメイン。もう1品はサラダなどになると思います。

箸休めにもなるので、あえて薄めで味を付けましょう。

もし薄いのが苦手な場合、生姜、しそ、にんにく等を入れ風味をつけましょう。味付けが薄めでも、気にならなくなります。

メインのおかずは味を濃くする

全て味が薄いと、全体がぼやけてしまいます。1品しっかりとした味付けをしましょう。濃くするからと言って、しょっぱすぎはよくありません。適度に濃くしましょうね。

炊き込みご飯の場合

炊き込みごはんの場合、ご飯がメインだからご飯を濃くすればいいと思いませんか?

しかし、炊き込みご飯の場合もあまり濃いと食べづらいです。おかずとご飯、というように食べるわけではなく、ご飯だけを食べ続けますよね。

そうすると濃い味付けだと、やはりあとがしょっぱくなるので、味見した時少し薄いかな。と感じるような味付けをしましょう。

料理の上達方法5 色を考えて料理をする

見た目も大事です。味が良くても見た目が良くないと、食が進みません。

例えば、肉じゃがを作ったとします。肉じゃがの基本的な色は何色でしょう?

答えは茶色です。醤油をベースにして味を付けているので、色は茶色になります。また、煮物や煮魚も茶色ですね。

塩煮の場合は、薄茶のような色になりますね。

おかずが茶色系1品の場合

煮物等、茶色系一品の場合なら必ず上に何か緑のものをトッピングしましょう。

見た目がとても良くなります。

①インゲン豆

インゲンは冷凍の物があるので、解凍して乗せればいいですね。もしくは軽くレンチンすると、すぐ溶けて便利です。

②葉物野菜

ほうれん草、小松菜。または水菜などもいいですね。

茹でて乗せましょう。水菜は生のままでも食べられますので、そのまま乗せる事ができます。

おかずが茶色系ともう1品ある場合

もう1品ある場合は、必ず緑か赤か黄色が入ったものにしましょう。1品が茶色系なので、色を補う必要があります。

緑なら、葉物、ブロッコリー、キャベツ、レタス等を使いましょう。

赤なら人参、赤ピーマンを使ったおかずだといいですね。

黄色なら卵、かぼちゃ、黄色のパプリカ等使いましょう。

お味噌汁に色を入れる

お味噌汁に緑の野菜をトッピングで入れましょう。もしくは色の付いた鞠麩等を入れると、とても綺麗です。

またふのりは赤いので、赤い海藻のふのりを入れるのもいいですね。

料理の上達方法6 手間を惜しまないで料理をする

特に手間をかけてほしいのが、出汁を取る作業です。

美味しい出汁を取ると、とても美味しい料理を作ることが出来ます。今までとは違う美味しさになりますね。

かつおだしのとり方

用意するもの

鰹節30g 、水1,000ml、キチンペーパー

作り方

① 鍋に水1,000mlを入れます。沸騰させ火を止めます

② 鰹節30g入れ、1~2分間おきます

③ ざるにキッチンペーパーを広げ、鰹節ごと鍋の中身をボウルに移し、こします

④ あとはキッチンペーパーと鰹節を避けます。鰹節からえぐみが出るので絞らないで下さい

鶏がらスープのとり方

用意するもの

水1000ml、鶏がら一羽分、酒100cc、にんにく5~6片、生姜15~20g、野菜くず適量

①鶏ガラのあばらの内側にある内臓を取り除く

②鶏ガラを水に30分~1時間程度つけて血抜きの後、流水で汚れやゴミを洗い流します

③鍋に水、酒、すべての材料を入れ水から煮込みます

④沸騰するまで強火で煮ます

⑤沸騰したら弱火で3時間ほど煮込む

⑥蓋をせず煮込み、かさが減ったら水を足して煮込む

まとめ

いかがだったでしょうか?今回、料理が上達する方法をお伝えしました。

料理が上達するためには、料理全体の味のバランス、色、そして手間を惜しまず出汁を取ることが必要でした。

これらを実践し、今よりもワンランク上の料理を是非作ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です