乳児連れの温泉旅行、行き先選びのコツや楽しく過ごすポイントとは?

乳児と温泉
乳児と温泉

乳児が生まれて少し落ち着くと、家族でどこかに旅行に出かけたくなりますよね?

まだ子供が小さいと観光地やテーマパークよりも、のんびりできる温泉がいいなと考えていませんか?

でも乳児って温泉に入れても大丈夫なのかな?

温泉成分が乳児の肌に影響を与えたりしないかな?他の入浴客に迷惑にならないかな?などと心配することがたくさんありますよね。

そこで今回は乳児連れの温泉旅行の、行き先選びや楽しみ方のコツをお伝えします。

スポンサーリンク

乳児は温泉に入れるの?

乳児って皮膚が薄くて、お肌がとってもやわらかいのに、温泉に入れても大丈夫なのでしょうか?

答えは大丈夫です。乳児が温泉に入れないということはありません。

私も生後半年の乳児を帰省先で温泉に入れたことが何度かあります。

周囲の人に嫌な顔をされるのではと心配になりましたが、田舎町の温泉なので周囲の人に乳児がいることに嫌な顔をされることはありませんでした。

むしろ逆に乳児が珍しかったようで歓迎してもらえたくらいです。それに帰省先では「あせも」ができているときはどんどん温泉に入れなさいという習慣があったので、昔から乳児が温泉に入るのは普通のことでした。

しかし最近ではおむつの外れていない乳児が公共の施設で入浴することを、迷惑だと考える人も多くいます。

乳児は温泉に入れますが、都会の中にある日帰りの入浴施設などは避けたほうが無難です。

乳児と一緒に入る温泉はどういうところを選べばいいの?

では乳児と一緒の温泉旅行先を選ぶ際はどういうところに気をつけたらいいでしょうか?

まず「ファミリー向け」や「乳児歓迎」というような、宿泊施設が乳児を受け入れてくれているところがおすすめです。

「乳児歓迎」と謳っているところですと、温泉におもちゃや、ベビーバスなど乳児連れには嬉しい気遣いがあることもあります。

乳児も喜びますし、上にお子さんがいる場合は上の子も楽しめるので、親もゆっくり温泉を楽しむことができます。

逆におむつの外れていない乳児はお断り、といった温泉施設もあるので、事前の確認は必須です。

また、貸し切りの家族風呂のある温泉施設を選ぶのもおすすめです。

貸し切り風呂は料金が宿泊料金とは別だったり、予約制だったりしますが、家族だけでゆっくり入浴できます。他に人がいないので、ママも乳児もリラックスして温泉を楽しめます。

家族風呂の一番のメリットはみんなで一緒に温泉に入れることです。ママが1人で温泉に乳児を入浴させるのは、慣れないことなのでけっこう大変です。

ゆっくりするつもりで行ったのに、慌ただしくなって逆に疲れてしまうことがあります。でも家族風呂ならパパもいるのでママもゆっくりできて、乳児を見てくれる人がいるので安心です。

それから温泉の成分が強すぎると、まだ皮膚の弱い乳児には向いていないこともあります。

硫化水素や、硫黄などの成分が強すぎる温泉はできるだけ避けて選びましょう。源泉かけ流しなども成分が強すぎることがあるので注意が必要です。

ただし、ベビーバスなどが置いてある温泉施設でしたら、水で薄めて入浴させることもできます。

スポンサーリンク

乳児と一緒に温泉を楽しむコツは?

タイミングを見計らって温泉に入る

乳児を連れて一緒に温泉を楽しむためのコツは、まずママとパパがゆっくり楽しむことです。

周囲の人に気を使って、のんびりできなかったりしたらあまり楽しめないですよね?ではどうすればいいかというと、大浴場に入浴するなら混雑している時間は避けましょう。

人が少ない時間のほうが周囲に気を使い過ぎずにすみます。特に夕食前は汗を流してから食事をしたい人が多いので、混雑します。

早めにチェックインして、すぐ入浴するのが乳児連れにはおすすめです。

どうしても混雑している時間に入浴したいときは、ベビーバスを利用するか、家族風呂にすると気を使わずに楽しめます。

それから長湯をしないことも大切です。乳児はまだ体が小さいので、長湯すると湯あたりしてしまいます。

こまめにお湯から出すなどしてあまり長い時間浸からないように気をつけてあげましょう。

小規模な宿泊施設を利用する

意外と乳児連れで楽しめるのが、民宿やペンションなどの小規模な温泉宿泊施設です。

小規模なので、そもそも大浴場がないこともよくあります。そういう施設はお風呂が基本的に貸し切りなので、乳児連れでも気兼ねなく温泉に入ることができます。

貸し切りなので、自分たちが入浴しているときに他の人は入浴できません。

逆に他の人が入浴していたら自分たちが入浴できないので、好きなタイミングで入浴できるかは運しだいです。

旅館ほど充実したサービスはないかもしれませんが、独自のサービスや特徴があるのもおもしろいところです。

新鮮な魚介類からフレンチまで、おいしい食事にこだわっているところや、広間や部屋におもちゃを用意してくれているところもあります。

旅館やホテルなどに比べて、価格は控えめなところも家族旅行にはうれしいポイントです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回乳児連れの温泉旅行を楽しむコツについてお話しました。

乳児は温泉に入れても問題ありませんが、周囲の人が迷惑だと感じることもあります。

宿泊施設を選ぶ際は、乳児が入浴できるかの確認が必要です。

大浴場のある温泉なら空いている時間が狙い目で、貸し切り風呂がある温泉施設なら家族でゆっくり入浴できるのでおすすめです。

民宿やペンションなどの施設は、お風呂が貸し切りしかないところもあるので、気楽に過ごすことができます。

乳児連れで温泉旅行を検討している方は、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク