【行き先別】乳児との旅行で必要な持ち物リスト

乳児旅行の持ち物

あなたはもうすぐ乳児連れの旅行に行く予定がありますか?

初めての乳児と一緒の旅行は、とっても楽しみだけど持ち物に何を持っていったらいいのか悩んでしまいますよね?

いろいろたくさん持っていきたいけれど、持っていけるものには限りがあるので困っていませんか?

そこで今回は、乳児連れの旅行に持っていく持ち物リストを、行き先別でご紹介します。

乳児連れの旅行で必要な、基本の持ち物

ではまず基本の持ち物をご紹介します。

オムツ、おしりふき、着替え、ミルク、お湯、哺乳瓶、ストローマグ、お菓子、離乳食、おもちゃ、保険証、母子手帳、ティッシュ、ハンドタオル、大きめのタオル、ビニール袋、いつも飲んでいる薬が基本の持ち物となります。

オムツは移動中の分だけ持って、あとは現地調達するのが荷物を減らすポイントです。使いきれなかったオムツはおみやげと一緒に送ってしまうと楽です。

着替えは最低でも旅行日数×2着くらいが理想ですが、旅行先で洗濯できそうなら5着くらいあれば大丈夫です。

1泊2日なら3~4着用意して、どうしても足りない場合は現地調達してしまえば大丈夫です。洗濯するなら乳児のものは、バスルームで手洗いしてもそんなに大変ではありません。

パジャマも忘れずに持っていきましょう。

哺乳瓶は消毒しないで使えて、持ち運びが軽い使い捨てのものがおすすめです。離乳食はスプーン付きのものを選びましょう。

スプーンがないと、飛行機や新幹線などの移動中に食べさせるときに困ります。別でスプーンを持っていっても便利です。

おもちゃはお気に入りのものと、初めて見るものの2種類あると飽きずによく遊んでくれます。なくしてしまうこともあるので、あまり高価なおもちゃは持っていかないほうがいいでしょう。

大きめのタオルは授乳ケープの代わりになりますし、肌寒いときにかけたり、日よけになったりすることができます。

ビニール袋は汚れたオムツや、着替え、ちょっとしたゴミ入れなどいろんなことに使えます。ゴミを入れて膨らませば、風船代わりに遊ぶこともできます。

ちょっと荷物は増えますがあると便利なものは、お食事エプロン、スプーンセット、ベビー用の石けん、体温計、冷えピタです。

旅行中はお気に入りの服を着て出かけることが多いと思います。そのお気に入りの服を食事で汚してしまわないようにすることができます。

備え付けの石けんなどは大人用で、乳児用を用意しているところはあまりありません。いつもの石けんを持っていくと安心です。

冷えピタは急な発熱のとき以外にも、熱中症予防や、頭をぶつけてしまったときなどにも使えます。

現地調達できそうなものは、現地で調達したり、使い捨てや代用したりすることが、荷物を減らすポイントです。

乳児との温泉旅行時に必要な持ち物

乳児連れの温泉旅行にあると便利な持ち物はベビー用のローションと、綿棒、ガーゼ、お風呂用のおもちゃ、レジャーシートです。

温泉の成分によっては肌の弱い乳児の肌への刺激が強すぎることがあります。肌荒れ対策のためベビー用のローションを持っていくと安心です。

お風呂用のおもちゃは、大浴場しかない場合は必要ありません。

家族風呂などの貸切風呂がある場合は、家族でのんびり入浴できて、乳児も楽しめるのでおすすめです。おもちゃがなくても、飲み終わったペットボトルがあれば乳児にとっては楽しいおもちゃになります。

レジャーシートは薄くて小さめのもので大丈夫です。レジャーシートの上にバスタオルを敷いて、入浴後の乳児を置く場所が簡単に作れます。

ベビーベッドなどが設置されているところもありますが、もしかしたら入浴後の乳児がおしっこをしてしまうかもしれません。レジャーシートを敷いておけばベッドを濡らさずにすみます。

お食事のときに床に敷いておくこともできるのであると便利です。

乳児とのビーチリゾートで必要な持ち物

乳児を連れて海や川、プールなどの水遊びに行くときにあると便利なものをご紹介します。

日焼け止め、水着、水遊び用オムツ、ラッシュガード、バスローブのような羽織るタオル、浮き輪、アームヘルパー、砂遊び道具です。

水に入る予定がなくても、濡れてもいいような格好をしておくことをおすすめします。なるべく日焼けしないように、日焼け止めとラッシュガードで肌を守ってあげましょう。

乳児は長時間水につかることができません。少し水に入ったら出して、タオルで包んで温めてあげることが必要です。

羽織るタイプのタオルが一枚あると、ささっと着させられて便利です。水に入らない間は海なら砂遊びを楽しめます。乳児は砂遊びも大好きです。砂遊びの道具があると、乳児も喜びます。

乳児連れの海外旅行で必要な持ち物

最後に乳児連れの海外旅行にあると便利な持ち物のご紹介です。

ウエットティッシュ、粉末のスポーツドリンク、スプーンセット、洗濯洗剤、物干しハンガー、虫よけスプレー、電池式虫よけ、ふりかけなどがあると便利です。

ウエットティッシュは簡単に手や口を拭くことや、テーブルなど気になるところを拭くのにも使えます。粉末のスポーツドリンクはかさばらずに持ち運ぶことができます。

万が一、乳児が旅先で下痢や発熱などの病気になってしまい、体調を崩したときに飲ませるものがあると安心です。

海外では日本のように飲食店でいろいろなサービスが受けられるとは限りません。子供用のスプーンセットなどは持参したほうがいいでしょう。

着替えの多い乳児の服を洗うために洗濯洗剤と物干しハンガーも便利です。物干しハンガーは100円ショップで洗濯ばさみが何個かついているものがあれば十分です。

帰りに捨ててくれば、その分お土産を入れることができます。

蚊にさされないための準備も必要です。虫除けスプレーだけよりも、電池式の携帯できる虫よけがあったほうが、より蚊にさされにくくなります。

現地の食事が乳児の口に合わなかったときのために、ふりかけを持っていくといいでしょう。白ご飯にかけてもいいですし、パスタにかけてもおいしいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回乳児連れの旅行の持ち物についてお話しました。

基本の持ち物は紙おむつ、着替え、お菓子やミルクなど普段持ち歩いているものとあまり変わりません。

現地調達できるもの、使い捨てできるものを活用すると荷物を減らすことができます。

温泉旅行にはベビー用ローション、ビーチなどの水遊びには日焼け止め、海外旅行なら虫よけなど行先によって、持っていくものがいろいろ変わってきます。

なるべく荷物を少なく、でも必要なものはしっかり持って楽しい旅行ができるといいですね。

乳児連れの旅行を予定している方は、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です