圧力鍋の仕組みとメリット・デメリットとは?

あなたは今、圧力鍋について、仕組みを知りたいと思っていませんか?

また、なぜ手早く調理をする事が可能なのか、という方もおられると思います。

どうすれば、圧力鍋の仕組みを理解できるのか?

そこで今回は、圧力鍋の仕組みを知りたい人の為に、圧力鍋の仕組みや特徴、また構造についてお伝えします。

スポンサーリンク

圧力鍋の特徴とメリットデメリットとは?

圧力鍋の仕組について、使用する目的が分かれば、仕組が理解しやすいためまずは、圧力鍋の特徴とメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

圧力鍋の特徴

そもそも、圧力鍋には調理時間の短縮と光熱費の節約、そして栄養素を壊さないという三つの特徴があります。
つまり、圧力鍋の加熱時間の短さが、この三つの特徴を生んでいます。

なぜなら、圧力鍋は密閉することで蒸気を逃さないため、高温高圧での調理ができる仕組みだからです。

たとえば、時間のかかる煮込み料理などは、一定の圧力と高い温度で組織のみを破壊して短時間で柔らかくしてくれます。
それゆえ、加熱時間の短さが光熱費の節約にもつながっています。

さらに、カルシウムやコラーゲンなど、そのままでは人体に吸収されにくい栄養素をより吸収されやすい形に変えてくれる効果もあるので、栄養学的に優れた調理器具でもあります。

このように、圧力鍋を使うことは、調理時間の短縮から時間の有効利用もできて、光熱費の節約からもお財布に優しいといえます。
また、食材の栄養素は残し、組織のみを破壊することから、普通の調理法より栄養素の損失が少ないともいえます。

圧力鍋のメリット

そもそも圧力鍋のメリットとして、調理時間の短縮以外に滅菌できるという効果があります。
つまり、圧力をかけることで沸点が100度を超えるため、大抵の菌が死滅してしまうからです。

なぜなら、圧力鍋は密閉することで、一定の圧力を保つことから水の沸騰温度が120度くらいになるため、100度の煮沸消毒では存在してしまう菌も死滅させることができるからです。

たとえば、圧力鍋で調理をするとき、食材を煮沸、沸騰させて蓋を開けなければ一晩常温での食品保存は可能です。
事実、圧力鍋でカレーを作ったとき、固形ルーを入れる前の蒸気が出ている状態で数分加熱すると、食中毒の原因にもなる菌を滅菌し腐りにくくできます。

とくに、夏場の気温が高く料理が腐りやすい時期や、梅雨時の湿度が高い時期には有効です。
ただし、蓋を開けてしまい外気に触れさせてしまうと、その効果は薄らいでしまうので注意が必要です。

このように、圧力鍋は高温高圧での料理時間の短縮だけではなく、仕組みをいかした滅菌という効果を生み出すこともメリットの一つです。

圧力鍋のデメリット

そもそも圧力鍋のデメリットとして、味が染み込まないという欠点があげられます。
事実、圧力鍋の高圧調理だけでは、蒸した食材に煮汁が絡んでいるという状態にしかできません。

なぜなら、圧力鍋は密閉して高温高圧の調理をすることで、短時間で食材を柔らかくするというのが特徴でもあるからです。

たとえば、圧力鍋でカレーを作ったとき、ジャガイモやニンジンなどは煮崩れこそおこしませんが、具材の中心まで香草の風味が入っていることはありません。
また、味噌味で煮込むような料理では、圧力鍋だと味が染み込まず、食材の繊維が残りベチャッとした出来上がりになります。

このように、圧力鍋を使うことは食材を短時間で柔らかくすることが目的であり、煮込む煮詰めるという仕上げをしなくてはいけないことがデメリットでもあります。

なぜ手早く調理をする事が可能なのか?

そもそも、圧力鍋とは密閉構造にすることにより、気化した水蒸気で内部の圧力を高めて、高い温度で煮るようにした鍋です。
つまり、蒸気の圧力が高くなると、お湯もそのエネルギーに負けないように温度を上げようとすることが高温調理の仕組みです。

なぜなら、圧力鍋は蓋と本体をパッキンで密閉することで、中に蒸気を閉じ込め内部の圧力を上昇させることにより、水の沸騰点を高める構造になっているからです。

たとえば、水は気圧が高くなるほど、沸騰点も高くなるという現象がおきます。
そのため、高圧下では、高い温度で食材を煮ることができるということです。

このように、圧力鍋は沸騰点を高くすることで、食材をより高温で調理できるので調理時間を短縮できます。

 圧力鍋の調圧弁の構造とは?

そもそも、圧力鍋の調圧弁とは、鍋の中の圧力が設定圧力を超えたときに、一定の間隔で蒸気を逃す構造になっています。
つまり、調圧弁が蒸気を逃すことで一定の圧力を保ち、鍋の中の圧力が高まり過ぎるのを防ぐ役割りもあるということです。

なぜなら、調圧弁が規則正しく蒸気を逃すことで、適正な圧力で加熱することができるからです。
また、適正な圧力で加熱することが、圧力鍋の特徴でもある短時間での調理にもつながっています。

たとえば、圧力鍋は普通の鍋とは違い、少ない水分量でも調理ができる鍋です。
それゆえ、調圧弁がうまく機能しないと、水分が必要以上に蒸発してしまい圧力も高まらず、食材の生煮えや鍋底が焦げてしまうということがおきてしまいます。

このように、圧力鍋は調圧弁があることで、調理に必要な水分を調整してくれるため適正な圧力を保つことができます。

圧力鍋の使用方法とは?

そもそも、圧力鍋は基本手順に従った使い方をすれば、調理時間を大幅に短縮できる便利な調理器具です。

なぜなら、圧力鍋は普通の鍋とは料理の手順が違ってくるので、圧力鍋の基本手順を知ることが効果を最大限に発揮できるからです。

たとえば、圧力鍋を使って調理をするとき、基本手順は以下のような流れになります。

1. まず、圧力鍋を使う前に、同封されている取扱説明書をよく読み各部のチェックをしてください。
たとえば、ゴムパッキンの状態や安全装置、調圧弁とおもりの状態をしっかり確認してください。
2. 材料を入れて蓋を閉めます。このとき、1回分の調理量は、材料と水分を含めて鍋の容量の2/3以下にしてください。
また、豆類などを煮る場合は、煮ることで分量が増えるため1/3以下にするようにしてください。
3. 高圧で調理するか、低圧で調理するかを選んでセットしてください。基本は、高圧での調理になりますが、種類により超高圧、高圧(普通圧)になっている場合もあります。
4. 圧力がかかるまでは、強火にしてください。このときの強火とは、圧力鍋からはみ出ない程度の火力ということです。
5. 調圧弁から蒸気がでて、勢いよくおもりが回りだしたら弱火に火力を落とします。そのとき、キッチンタイマーで時間をセットすることで、加圧しすぎて煮崩れする失敗を防ぐことができます。
6. キッチンタイマーがなり、時間になったら火を止めます。
7. 圧力鍋の圧力が下がるまで、そのままおいて自然放置します。また、その他の減圧方法として、圧力鍋に直接水をかけて圧力を下げる急冷という方法もあります。
8. 完全に圧力が下がったことを確認してから、蓋を開けるようにします。また、煮込み料理などを煮詰める場合は、蓋を開けてから行います。さらに、固形ルーなどのとろみがつくものも蓋を開けてから入れます。

このように、圧力鍋を使って調理をする際は、事前に部品のチェックをして、基本手順を守ることで効果を最大限に発揮することができます。

スポンサーリンク

圧力鍋に向いている料理とは?

そもそも、圧力鍋とは1時間もしくはそれ以上煮込むような料理で使うことに向いています。
ただし、圧力鍋は短時間で煮込むことは得意ですが、煮汁を煮詰めることはできません。

なぜなら、圧力鍋は煮汁から飛んでしまうはずの水蒸気を、外に飛ばさず圧力に変えることで沸点より高い温度で調理をする道具だからです。

たとえば、圧力鍋に向いている料理には以下のようなものがあります。

(肉を使った料理)
• モツ煮
• ユッケジャンクッパ
• 牛塩づけ肉のボイル
• 牛タン塩づけのボイル
• 牛スジの甘辛味噌煮込み
• 牛スネのピリ辛煮
• 牛スネ肉のトマト煮
• 牛テールのコンソメ煮
• 牛タンの味噌煮込み
• 牛肉と生野菜のサラダ
• 鶏肉と旬野菜のクリーム煮
• 骨つき鶏もも肉とかぶのスープ煮
• 鶏手羽先とタケノコの煮物
• 棒棒鶏
• サムゲタン
• チキンハム
• ビーフシチュー
• 牛タンシチュー
• カレー
• チキンカレー
• 豚スペアリブの煮込み
• 焼き豚
• 煮豚
• ゆで豚の刺身
• 豚の角煮
• 豚肉と白菜の重ね蒸し煮

(野菜を使った料理)
• 肉じゃが
• 風呂吹き大根
• 玉ねぎのコンソメ煮
• 野菜のチキンバタースープ
• ポトフ
• キャベツの出汁煮
• 蒸し野菜の和風サラダ

(魚介を使った料理)
• イワシの梅干し煮
• サバの味噌煮
• アジの生姜煮
• マグロの生姜煮
• ブリ大根
• 鯛のあらとごぼうの煮物
• サバの味噌煮
• イカと里芋の柔らか煮
• タコおでん
• タコのトマト煮
• キンキのイタリア風蒸し煮

(お米や玄米などを使った料理)
• 炊き込みチキンピラフ
• 赤飯
• 玄米ご飯
• 玄米粥
• 玄米茶粥
• 白粥
• 鶏飯
• 中華おこわ風まぜご飯
• タコ飯
• イカめし

(麺を使った料理)
• 豆乳タンタン麺
• 冷麺
• フォーうどん

このように、圧力鍋を使うことで、硬い食材は短時間でやわらかくすることができます。
さらに、ご飯を炊く場合でも、圧力鍋を使うことでお米に粘りを出すこともできます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回、圧力鍋の仕組みや特徴、構造という事についてお話しました。

圧力鍋の仕組みを知るためには、まずは圧力鍋の特徴とメリットデメリットを理解しましょう。
そして次に、なぜ手早く調理をする事が可能なのか、圧力鍋の調圧弁の構造、圧力鍋の使用方法、圧力鍋に向いている料理を理解する事が大切です。

そうする事で、圧力鍋を安全に使うことができ、基本手順を守ることで美味しいものをスピーディーにできるようになります。

圧力鍋の仕組みを知りたい方は、是非試してみて下さいね。今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク