トイレ掃除のやり方。1日2分でキレイを保つ2つの方法

あなたはトイレ掃除ってめんどくさいな、簡単にキレイになる方法はないかな。そう思ったことはありませんか?

めんどうだなぁ、と思うとトイレの掃除をついついサボってしまいますよね。

お客さんが来るときに慌てて掃除をするのですが、トイレは普段掃除しないとすぐに汚れが落ちないんです。

何かいいトイレ掃除のやり方はないものか。

そこで今回、楽にトイレを効果的にキレイにしたい人の為のトイレ掃除のやり方をご紹介します。

最初に。トイレ掃除のやり方を変えてみる

よくあるのが掃除しないとな、と思ってはいるものの、時間が無くてなかなかトイレ掃除をする時間がない。

そういう状況になったことはありませんか?

先延ばしにするのはよくないとわかってはいるものの、トイレ掃除を放っておくと汚れが酷くなり落ちづらくなってきますよね。

汚れが落ちないと「どうせ落ちないから」と掃除が嫌になってやらなくなってしまった。何ていう人もおられるのではないでしょうか?

ではどうすれば良いのかと言うと、掃除のやり方を少し変えてみると良いです。

どういう事かというと、用を足しに行ったらついでにひと掃除するというように、トイレの掃除のやり方を変えてみるわけです。

そうすると、「掃除をしなきゃ!」と意気込む必要もなく、気軽にできるようになります。

面倒だと思う理由は、「トイレ掃除のために時間を使う」、ということが嫌だからではないでしょうか。

そこで、トイレ掃除のやり方を「用を足すついでに掃除をする」、と思えば随分、掃除に対する考えが変わると思います。

では次に、要を足しに行くついでに簡単にきれいにする、トイレ掃除のやり方をお伝えしていきます。

トイレ掃除のやり方その1 クエン酸を使う

よくあるトイレ掃除のやり方として、市販の商品を使うという、方法があります。市販の商品でも気にならない方でしたら問題ないでしょう。

しかし、中には市販の商品だと、化学薬品の臭いがきつくていやだという人もおられるのではないでしょうか?

そんな人にもってこいの掃除のやり方がクエン酸を使った方法です。

クエン酸には優れた3つの効果があります。

  • 消臭効果
  • 抗菌効果
  • 汚れを落としやすくする

という3つの効果があります。クエン酸を使うことにより、効果的な掃除ができます。

クエン酸を使ったトイレ掃除のやり方はどのようにするのかと言うと。

まず、用意してもらう物があります。

1つ目はスプレーボトル、2つ目はクエン酸です。

スプレーボトルは、100円ショップで購入できます。

クエン酸は、ドラックストアーやスーパーマーケット、100円ショップ等で購入できます。

普段のお買い物のついでにご用意出来るかと思います。

用意したら、スプレーボトルに100mlのお水をいれます。

次に、クエン酸小さじ2分の1を溶かしたら準備OKです。

このクエン酸水のスプレーボトルを常にトイレに置いておいて下さい。

では、具体的にクエン酸を使ったトイレ掃除のやり方をお伝えします。

まず用を足したら、クエン酸水を便器に噴射しトイレットペーパーで拭きます。

拭く所は便座を上げて内側に噴射します。余裕があれば床や手洗い場にもクエン酸水を噴射して、トイレットペーパーで拭き上げましょう。

また、便器の内側は意外と汚れています。内側をクエン酸水で拭くだけでも、随分とスッキリします。

気分が乗っている時には、壁も拭きましょう。目に見えづらいですが実は壁も汚れています。特に男性の場合は、知らない間に壁に飛び散っている事があるので、要注意です。

クエン酸を使ったトイレ掃除のやり方は、上記のような形ですが、1日2分ほどの作業で清潔に保る事ができるので是非試してみて下さい。

このトイレ掃除のやり方は用を足すたびに、しないといけないのか?

ここまでご覧になられて、「クエン酸水で掃除すればよいのは分かったけど、毎回トイレに行くたびに掃除をしないといけないの?」と思われたのではないでしょうか?

実は、毎回掃除しなくても大丈夫です。

ある人の場合は毎日夜寝る前に、トイレに入った時に拭くようにしているかたもおられます。

トイレに入るたびに始めは拭いていたそうですが、それは少し手間だったようです。

どれくらいの頻度がいいか、少しずつ回数を減らして試してみた所、1日1回で大丈夫だったとの事です。

クエン酸を使った、トイレ掃除のやり方だと、材料を用意し、スプレーを作ってしまえば、噴射して拭くだけなのでとても楽です。

クエン酸水も何度も作らなくてもよいですし、棚に置いておけばすぐにお掃除ができます。

拭くものはトイレットペーパーなので、室内に余計な掃除道具を置く必要もありません。整理整頓がしやすく、スッキリと居心地がよく見栄えのよい空間になるでしょう。

毎日するのが辛い人のためのトイレ掃除のやり方とは?

これまでに、トイレ掃除のやり方としてクエン酸水を使って、1日一回は掃除をしましょうという事をお伝えしました。

しかし、そもそも掃除が面倒で、スプレーを用意したり、拭いたりするのも億劫に感じる。

そう思った方もおられるのではないでしょうか?

当然の事ながらトイレ掃除は毎日やるに越したことはありません。

ですが、仕事が忙しくて毎日掃除をしている暇がないという方は、トイレ掃除のやり方を2日~3日の間で行うとよいです。

ただし、3日以降になると、汚れがひどくなるので、1週間放置するなど、あまり期間を開け過ぎないようにしましょう。

できれば1日1回がベストです。

でも、「トイレ掃除をしない間、臭いが残り続けたり、臭いが付着したりするのでは?」と、思われる方もおられるのではないでしょうか?

ご安心してください。効果的に匂いをとる方法があります。

トイレ掃除のやり方その2 重層を使う

臭いを取るのに効果的なものは何か?それは、重曹です。

重曹には驚くほどの消臭効果があります。次から重曹を使ったトイレ掃除のやり方をお伝えします。

まず重曹を用意します。重曹は100円ショップで買えます。

買ってきた重曹を、ディスペンサーなどに入れ替えます。そして棚等に置いておきます。

トイレに用を足しに行ったあと、水を流してから、出る前にササッと便器内に降りかけておきます。

そして、次に用を足しに行った時に流すだけです。これで、便器内もキレイに保つことができます。

もちろん、クエン酸水に重曹を混ぜて、クエン酸+重曹水にして拭き上げるのも効果的です。

また重曹を使ってトイレのタンクを掃除をする事もできます。その場合、カップ1杯分の重曹を、タンクにいれます。そして、しばらくしてから、水を流すとタンクが簡単にキレイになります。

重曹はオシャレな瓶や容器に、そのまま入れて頂き、トイレの脇に置いておくと消臭剤としてもつかえます。

重曹を消臭剤として使うときのポイントとして、口の広い容器にいれて、容器の口はあけたままの状態で取れに置いておきましょう。

また、口は可愛らしい布などで覆って輪ゴムで止めるとオシャレに置いておけます。

そうする事で、置いておくだけでトイレの気になる匂いが取れます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、楽にできるトイレ掃除のやり方についてお話しました。

トイレ掃除をするためには、まずは掃除のとらえ方を変えてみると、グッと掃除がしやすくなります。

そうする事で掃除が苦に感じなくなり、自然といつも掃除をするので、キレイなトイレを保てます。

またクエン酸、重曹を活用することで効果的に消臭、抗菌が出来ます。

トイレ掃除のやり方で、楽に効果的にキレイにしたい方は、是非回の記事を参考にして試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です