圧力鍋の使い方がわからない?初心者でも分かる効果的な使い方とは?

圧力鍋の使い方

あなたは今、圧力鍋について、使い方を知りたいと思っていませんか?

また、通常の鍋とどう違うのか、という方もおられる事かと思います。

どうすれば、圧力鍋を効果的に使うことができるのか?

そこで今回は、圧力鍋の使い方を知りたい人の為に、圧力鍋の特徴や効果的な使い方をお伝えします。

スポンサーリンク

圧力鍋の特徴とメリットとは?

圧力鍋について、圧力鍋の特徴は大きく分けると3つのポイントがあります。

1つ目は調理時間を短縮し素材を柔らかくできる、2つ目は煮込み料理に向いている、3つ目は食感や食材の形を残したい料理には向いていないです。

一つ一つ具体的に見ていきましょう。

調理時間を短縮し素材を柔らかくできる

そもそも圧力鍋とは、圧力蓋で密閉することにより、通常の鍋と違い短い時間で調理をすることができます。

そのうえ、本体の圧力を一定に保つことから、高温高圧での調理をすることができます。

例えば、圧力鍋の高い圧力と高温を利用して、硬い肉や野菜を短時間で柔らかくすることができます。

通常の鍋では時間のかかるスジ肉や骨つき肉を使った煮込み料理なら、圧力鍋を使うことで30分ほどの時間で柔らかくなります。

シチューや煮物の下茹でとしても、調理時間を短縮できます。

さらに、圧力鍋では野菜が蒸し煮の状態で柔らかくなるので、ビタミンなどの栄養分が損傷しにくくなります。

このように、圧力鍋は通常の鍋とは違い、調理時間の短縮と素材を柔らかくすることに重宝します。

圧力鍋を使うことは煮込み料理では加熱時間も減ることから節約にもつながりますし、時間をかけて煮込んだ料理と同じものができるので便利でお得にもなります。

圧力鍋は煮込み料理に向いている

圧力鍋に向いている料理とは、通常の鍋で作るときに15分以上かかる料理です。

カレーやシチュー、角煮など通常なら時間のかかる料理などがそうです。

例えば、圧力鍋を使って豚汁を作る場合、圧力がかかってから弱火で1分ほど加熱することで具材を柔らかくすることができます。

そのうえ、時間のかかる煮豆でも、同じように1分ほどの加熱で柔らかくすることができます。

さらに、かたまりの豚ばら肉で作る角煮も、20分ほどで柔らかくすることができます。

このように、短い時間で肉や野菜を柔らかくできるため、圧力鍋は煮込み料理に向いています。

食感や食材の形を残したい料理には向いていない

それに対して、圧力鍋に向いていない料理とは、通常の調理でも15分も煮込むことが必要のない料理です。

つまり、食感を楽しむきんぴらごぼうであったり、食材の旨みを楽しむ貝の酒蒸しなどです。

なぜなら、圧力鍋は高温高圧にすることで柔らかくすることは得意ですが、歯ごたえを残すことや食材の形を変えずに調理することは苦手だからです。

例えば、酒蒸しとして美味しいアサリの酒蒸しは、圧力鍋では煮すぎてしまい身が縮んでしまいます。

それから、炒めごはんとして美味しいチャーハンは、圧力鍋ではパラパラに仕上げることができません。

一方、同じごはん料理でも、炊き込みごはんやピラフなどは、味を染み込ませることで美味しく仕上げることができるので向いています。

このように、圧力鍋は柔らかくしない方が美味しい料理や食材の形を残したい料理には向いていません。

スポンサーリンク

圧力鍋の基本的な使い方とは?

最初に、圧力鍋の特徴として、本体を圧力蓋で密閉することにより高温高圧で短時間での調理が可能です。

簡単に言うと、圧力鍋とは、圧力を加えて食材を柔らかくする加圧調理と、余熱で味を染み込ませる減圧調理ができる鍋です。

圧力鍋は蓋をして密閉することで、普通の鍋と違い水分が蒸発しないため、高温高圧の状態で水蒸気の対流がおこって短時間で食材を柔らかくしてくれます。

さらに、火を止めて減圧していくことで、煮汁を減らすことなく食材に味を染み込ませていきます。

例えば、圧力鍋でカレーを作るときは、形がなくならないようにジャガイモは大きめに切って、加圧時間は2分を目安に調整します。

ただ、ニンジンは柔らかくなりすぎたり、歯ごたえが残ることもあります。

それから、玉ねぎは煮崩れすることが多くなるので、食材の大きさによって加圧時間の調整は必要です。

さらに、筑前煮を作るときは、ごぼうとレンコンを加圧時間の目安として考えます。

したがって、柔らかくなりすぎないように1分半ほどの加圧にすることで、ニンジンなど全体に火が入ります。

そのうえ、時間のかかる赤飯でも、生米と生小豆の状態からでも20分ほどで作れます。

このように、圧力鍋を使うときは、食材の大きさや種類によって加圧時間を決めます。

また、煮汁など水分が蒸発しないことから、コップ一杯の水を煮汁の基本の量として覚えておいてください。

最後に、圧力鍋は食材を煮分けるような繊細な使い方はできませんが、少ない水分で短時間に柔らかくすることが簡単にできる鍋です。

 圧力鍋の仕組みとは?

圧力鍋とは、鍋と圧力蓋を密着させることで、蒸気を閉じ込め圧力をかけることで調理する鍋です。

鍋と圧力蓋をパッキンで密着することで、加熱したときに出る蒸気を逃さないようにする仕組みになっています。

事実、蒸気を閉じ込めることで圧力が高くなり、通常の煮込み料理に比べて調理時間を1/3に短縮できます。

そのうえ、食材からの蒸気で旨みも逃げにくくなり、高温を保てることから食材からの甘みや風味を引き出すことができます。

そのような事から、煮込み料理では食材が煮崩れすることがなく、旨みを閉じ込めた状態で仕上げることができるというわけです。

圧力鍋は調整弁を使い一定の圧力を保ち、蒸気を逃さないことから高温で調理する仕組みになっています。

圧力鍋を使って安全に料理するには

よくあるのは、圧力鍋に食材を入れすぎてしまい、噴き出し口から煮汁が噴き出す問題が発生してしまう事です。

ただ、食材の入れすぎ以外にも、水の量が多いことや蒸気の噴き出し口が詰まることでもおきます。

実際、圧力鍋で煮込み料理をしているときに、加圧状態から泡立つことで生姜やネギのかけらが噴き出し口に詰まることがあります。

逆に、食材の量は少ないのに、規定の量より水を入れすぎてしまっていることもあります。

これは、圧力鍋を使うときに、鍋の2/3以上食材をいれていることや、加圧時間を考えて水の量を調整していないことが原因です。

このように、圧力鍋で調理をするときは、食材を少なめにして加圧したい時間から水の量を調整することが大切です。

圧力鍋を使うときの注意点とは?

よくあるのは、火を止めたあとすぐに圧力鍋の蓋を開けてしまい、減圧できていないことから蒸気で火傷をおってしまうという問題が発生してしまう事です。

圧力鍋は火を止めたあと、蒸気が抜けていくことで鍋の中の圧力がさがります。

火傷をしないためには、圧力鍋の重りを少し傾けてみて、蒸気の抜ける音がしないことが蓋をあける目安になります。

一方、調理をする上で、火を止めて急冷することが必要なときは、重りをつけた状態でシンクに持っていき水をかけることで対応できます。

なお、圧力鍋が高温高圧のため、急激な冷却で物凄い音がしますが、しっかり圧力を抜くことで蓋を開けることができます。

このように、圧力鍋の火を止めたあとは、重りを傾けて蒸気の確認をすることがケガへの防止につながります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回、圧力鍋の基本的な使い方という事についてお話しました。

圧力鍋を効果的に使うには、まずは圧力鍋の特徴とメリットを理解をしましょうという事です。

そして次に、圧力鍋の基本的な使い方、圧力鍋の仕組み、圧力鍋を使って安全に料理するには 圧力鍋を使うときの注意点を知ることが大切です。

そうする事で、圧力鍋を安全に使うことができ、特徴をいかして美味しい料理を作ることができます。

圧力鍋を使って料理をしたい方は、是非試してみて下さいね。今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

おススメ記事