乳児の旅行は、いつから行ってもいい?注意点と持ち物リストも紹介

乳児を連れて旅行へ行きたいとき、いつから行ってもいいのか、何を注意したらいいのか、などいろいろ確認しなければなりませんよね。

もちろんお母さんの負担をあまり増やしてはいけません。

乳児のことだけではなく、お母さんのおっぱいの張りや体調など注意しなければならないことはたくさんあります。

私は娘が6か月半のとき、娘を連れて旅行へ行きましたが、それはそれは大変でした。

あとになって「持ってくればよかった…。」というものもあり、調べてから行くべきだったと後悔しています。

そんな経験も踏まえて今回は、乳児連れの旅行の注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

乳児の旅行は、いつから(何か月になってから)行ってもいいの?

出産前は、ママもパパもお腹の中の赤ちゃんが心配で気を張っていて、思うようなところに出かけられませんでしたよね。

ようやく出産して、一息つくために旅行に行きたいという、ママやパパも少なくないでしょう。

でも、生まれたての乳児を連れて、いつから旅行に行ってもいいのか?そんな疑問がわいてきますよね。

乳児を連れでの旅行は、いつからがよいかというと、個人差はありますが、大体3~5か月頃の首がしっかり座ってからが好ましいです。

首が座ってくるころには、生活リズムも整ってきて、ベビーカーや抱っこ紐での移動が楽になってきますね。

また、一か月を過ぎると五分程度の日光浴を始め、どんどん時間を伸ばしていきますよね。

それを同じように、まずは日帰り旅行から始め、長時間の外出に慣れさせてから旅行に臨むと、旅行の際の乳児の不安を軽減させることができます。

ただ、この月齢の乳児はまだ免疫がないため、混雑している場所にむやみに連れていくことがないようにしましょう。なので、電車や飛行機での移動よりも車での移動をおすすめします。

長距離移動だと、オムツを替えたり授乳をしたりすることができません。

母乳育児のお母さんはおっぱいが張って痛くなり、乳児を抱っこしているのが辛くなってしまうこともありますので注意が必要です。

乳児連れの旅行では、何を持って行くべき?

乳児連れの旅行は、持ち物がたくさんあります。では何を持って行けばいいのか?ということですね。

必ず必要なものとあったら便利なものにわけて紹介していきます。

必ず必要なもの

・母子手帳

・保険証

・オムツ

・おしりふき

・手口拭き

・ミルク

・哺乳瓶

・お湯

・水分補給用の飲み物

・ガーゼハンカチやタオル

・スタイ

・着替え

・ビニール袋

母子手帳と保健証は忘れずに!

乳児はいつ何があるかわかりません。

その他のものは多めに持って行きましょう。途中でなくなってしまうと無駄な出費になりかねません。

哺乳瓶も2本はあると便利です。私は、ミルク用2本と水分補給用1本持って行きました。

消毒ができないため、一日目と二日目は違う哺乳瓶でミルクをあげました。

あったら便利なもの

・バスタオル

・おやつ

・小さめのバッグ

バスタオルは、お昼寝したときの布団替わりにも授乳ケープ代わりにもなります。

私は旅行のときに持って行かず、持って行けばよかったと後悔しました。

旅行中は他の人に迷惑がかからないよう、ハイハインなどの乳児用のおやつをあげていましたが、かなり重宝します。

朝食夕食を部屋で食べるのではなく大部屋での食事なら、オムツ2枚とガーゼなど少ない荷物を持って行くために小さいトートバッグなどがあると便利ですね。

スポンサーリンク

温泉は入ってもいいの?

乳児を温泉に入れることはおすすめしません。温泉のお湯は温度が高く、また、いろいろな成分が入っていることもあります。

硫黄のにおいがする温泉や肌に刺激があるような温泉は避けましょう。

温泉によっては、『~歳以下の入浴は禁止』と表示されているものもありますので確認してみてください。

いつお漏らしをしてしまうかわからない状況で、お母さんも慣れない場所で乳児を入浴させるのは焦ってしまうかもしれません。

そこで、大体のホテルや旅館には部屋にもお風呂が付いていますので、部屋のお風呂で乳児とのんびりするのが一番いいと思います。

お母さんが温泉に入りたい場合は、パパに面倒を見てもらってその間にゆっくり入るのもいいですね。

旅行先の休憩場所を確認しておく

ベビーカーやバギーでぐずってしまうと、抱っこ紐にするお母さんもいますよね。

そこで、途中で休憩を入れないと、楽しむどころかヘトヘトになってしまいます。

また、乳児のオムツや授乳のタイミングもありますね。

外にいるときに突然オムツで泣き出しても、近くにオムツを交換できる場所がなければ困ってしまいます。母乳育児のお母さんは授乳できる場所も必要ですね。

そんなときのために、休憩できる場所を最初に確認しておくと困りません。

今はスマートフォンなどで調べることができるので、しっかり確認しておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、乳児連れの旅行はいつから行っても大丈夫なのかと、旅行時の注意点についてお話しました。

乳児を旅行に連れていく場合は、乳児のことはもちろん、お母さんの体調も考えて計画を立てましょう。

乳児によって必要なものも変わってくると思いますので、日帰り旅行で慣らすのと一緒に何が必要かあらかじめメモしておくといいですね。

そうすることで、余裕をもって旅行に行くことができます。

夏場などは、乳児が熱中症にならないように気を付けて親子での旅行を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク