こいのぼりフェスタ1000 2019の日程は?駐車場はある?

小さな子供たちの遊び場やお花見スポットとしても有名である芥川桜堤公園は、5月に開催される鯉のぼりフェスタで人気があります。

そんなこいのぼりフェスタ1000 2019ですが、一見普通に鯉のぼりがいくつか揚げられているだけなのでは?と言う方も少なくないのではないでしょうか?

実は、5月のゴールデンウィークに開催されるこいのぼりフェスタは約1000尾の鯉のぼりが高槻の芥川の上空を揚がります。

五月晴れの芥川の上に泳ぐ姿は圧巻で、壮大な景色を見ることができますし、その幻想的ともいえる光景は高槻ならではの春の風物詩ともなっております。

そこで今回は、『こいのぼりフェスタ1000 2019』を楽しむために、『記事の内容』をお伝えします。

こいのぼりフェスタ1000とは?

芥川桜堤公園とは、JR高槻駅からほど近い芥川沿いにあり、春は桜の名所として多くの花見客で賑わいます。

5月には大空に登る1000尾の鯉のぼりが子供たちの健やかに育つことを祈りながら優雅に泳いでいます。

夏になると川遊びで多くの子供たちが公園で楽しみ、滑り台やスプリング遊具があるので幼い子供であっても満喫できる遊び場となっています。

芥川桜堤公園の施設の説明や、場所などがわかるサイトは下記の高槻観光情報のホームページを見るとわかります。

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/rekishi_kanko/kanko/database/shizen/1327380180786.html

また、こいのぼりフェスタ1000 2019の内容がわかるサイトは下記のこいのぼりフェスタ1000のホームページを見るとわかります。

https://koinoborifesta1000.jimdo.com/

こいのぼりフェスタ1000 2019の日程は?

こいのぼりフェスタ1000については、その様子を解説している、分かりやすい動画がありますので、まずはこちらをご覧ください。

1000匹のこいのぼり(高槻こいのぼりフェスタ1000)Koinobori of 1000

こいのぼりフェスタ1000とは高槻市が行うイベントで、子供たちが健やかに育つことを願うことを目的としております。

また、高槻の都市のシンボルである芥川の河川愛護を目的としており、平成4年から開催されています。

平成6年からは地元の人々が主体となって作った「こいのぼりフェスタ1000推進協議会」によって運営されております。

毎年4月29日に開催するイベントを挟んで、約1000尾の鯉のぼりを芥川桜堤公園で揚げています。

さらに、自分のお子様の名前入りの鯉のぼりを泳がせることができますので、住宅事情で鯉のぼりが飾れない方や、今から買うのもというご家族の皆様にもおすすめです。

青空の元、数多くの鯉のぼりが揚がる風景は見る人を圧倒し、とても見応えがあります。

日程

  • 開催日時は2019年4月22日(月)~5月5日(日)
  • 営業時間は10時~16時。
  • 閉園日はなしです。

料金について

料金は入場料無料です。

※こいのぼり・イベントの鑑賞もすべて無料となっております。

こいのぼりフェスタ1000へのアクセスと駐車場は?

会場場所は大阪府高槻市芥川桜堤公園。住所は大阪府高槻市清福寺町12-12となっています。

電車で行く場合

JR高槻駅から徒歩15分~20分。JR高槻駅北5番のりば市営バス68系統または70系統行き乗車、「清福寺」下車東へ徒歩6分。

車で行く場合

車で来られる予定の方は公園内に駐車場がありませんので、公共交通機関または自転車・徒歩にて来場してください。

※阪急高槻市駅にはレンタサイクルの営業がされており、公園内には特設駐輪場が設置されるので快適にご来場することができます。

こいのぼりフェスタ1000の混雑を回避する方法!

芥川桜堤公園は常時開園していますので、いつでも好きな時に来園することができます。

さらに春は桜を見ることができ、夏は河川で水遊びや遊具で遊ぶことができるので、家族連れがとても多いです。

そのため、イベントがない時であっても数多くの来場者がありますので、それらを参考に混雑を避けるにはどうすればよいか記載していきます。

まずは休日や祝日を避け、平日を狙う事です。

どのイベントに関しましても土日祝などの週末はお休みの方が多いため、公園に来られる方は多くなります。

特にゴールデンウィーク期間の開催となりますので、多くの方が来られることが予想されます。

特に自分の子供の名前入りの鯉のぼりを揚げることができる数少ない大イベントとなりますので、休日は多くの家族連れが来られます。

他には午後の時間を狙う事です。

平日に行く場合は混雑が比較的少ないですが、仕事や学校があり行くことができない方も多いと思います。

お昼を過ぎると近くに屋台などは存在しないため、お昼時になるとコンビニに買いに行くか、昼ご飯を食べに行かれる方も多くなります。

お昼時は鯉のぼりを見に来られる方が分散しますので、比較的に鯉のぼりをゆったり眺めることも可能になります。

こいのぼりフェスタ1000の屋台や出店は?

こいのぼりフェスタ1000 2019の出店について

こいのぼりフェスタでは屋台が出ませんので、食料や飲み物は事前に購入してから行くことがおすすめです。

トイレに関しましても仮設用のトイレしかなく綺麗ではありませんので、駅近くなどでトイレを済ましてからご来場ください。

こいのぼりフェスタ1000の「夢こいのぼり」とは?

夢こいのぼりとは地域でお子様の健やかな成長を祈り、「こいのぼりフェスタ1000」で名前入りの鯉のぼりを泳がせることができます。

夢こいのぼりはオリジナルお名前入り友禅鯉のぼりであり、4色(青、赤、緑、橙)の中から選ぶことができます。

価格は税込みで18,000円となり、3mの友禅鯉のぼり、お名前入れ、オリジナル・オーナーズ額となります。

お名前の追加料は5,000円で2名まで入れることができます。

受付順は45匹までとなっており、小学校3年生までのお子様を対象としております。

お名前は太楷書体となり、漢字・ひらがな・カタカナのみとなり、両面に白抜き・黒文字となります。

一人の場合は両面に、2人の場合は片面ずつに名前を入れることになります。

※名前のみ限定になりますので、名字やメッセージは入れることができません。

購入した鯉のぼりは協議会に寄付していただくものとなり、持ち帰ることはできません。

3年間はこいのぼりフェスタに揚げられます。

申込期限は2019年3月8日(金)までで、受付順となります。

申し込みの流れはこいのぼりフェスタのホームページをご覧ください。

まとめ

以上、こいのぼりフェスタ1000 2019についてまとめてまいりました。

五月晴れの青空に泳いでいる1000をも超える鯉のぼりは圧巻であり、見ている人を壮大な景色で包み込みます。

日ごろ目にすることも少ない大量の鯉のぼりを河川で見られるので、ご来場される方全員が記憶に残るほど素晴らしい光景になるはずです。

小さなお子様が楽しめることはもちろん、親御さんが自分の子供の名前入り鯉のぼりを眺める光景は、心に残る大切な思い出になることも間違いなしです。

おススメ記事