丸の内イルミネーション2019の期間は?必見の見所4選!

丸の内イルミネーション

東京駅丸の内口を出ると日本有数のオフィス街、丸の内エリアですが、外はオフィスばかりで普段は東京駅に行っても外に出る事がない、という人も多いのではないでしょうか?

でも冬の季節に東京駅を訪れたなら、丸の内の都会の夜空に輝くイルミネーションを見ないともったいない!シャンパンゴールドに輝く丸の内のオリジナルカラーがあなたを待っています。

今回は、丸の内のイルミネーションの期間、見所についてお伝えします。

スポンサーリンク

丸の内のイルミネーションの期間は?

まず最初に、丸の内のイルミネーションの期間は、2018年11月8日(木)~2019年2月17日(日)となっています。※大手町仲通りは2018年11月15日(木)からの予定です。

そして、点灯時間:17:30~23:00(予定)となっています。※12月は、17:00~24:00まで点灯予定。

丸の内では、毎年恒例で丸の内の冬と言えば、イルミネーションと言えるほど、美しく印象に残るイベントとなっています。

丸の内イルミネーションについては、その様子を解説している、分かりやすい動画がありますので、参考までにご覧ください。

Marunouchi Illuminations 2014 (丸の内イルミネーション2014)

東京駅のイルミネーションといえば、1999-2000ミレニアムイヤーから始まった「東京ミレナリオ」がありましたが、東京駅の工事に伴って一旦休止してしまいました。

その後、工事完成後の2012年に東京駅駅舎に投影する3Dプロジェクションマッピングが開催され、圧倒的なスケールと映像の美しさで、大好評でした。

見物にあまりにもたくさんの人が来たせいで、東京駅周辺が大混雑してしまい、途中でイベントが中止になってしまうほど。

残念ながら、東京駅そのもののプロジェクションマッピングは開催されないのですが、17年目を迎えた今年の丸の内のイルミネーションは、どんな感じなのでしょうか?

次に丸の内イルミネーションの見所についてお伝えしていきます。

丸の内のイルミネーションの見所4選

見所1 丸の内のイルミネーション

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NARITOさん(@naritabi_japan)がシェアした投稿

17年前、東京ミレナリオから始まった、丸の内のイルミネーションです。

今年は、千代田区丸の内三丁目に新しく開業する「丸の内二重橋ビル」内の商業ゾーン「二重橋スクエア」の開業日に合わせて点灯を開始します。

二重橋スクエアに出店する店舗は、ファッションから飲食店舗まで、合計25店舗です。日本初出店や新業態の店舗などもあります。

イルミネーションの点灯日に合わせて開業という事で、この界隈全体がイルミネーションで盛り上がる事でしょう。

さらに、有楽町エリアには昨年度好評だった「光のゲート」が設置されます。

そして、丸の内のイルミネーションの最大の特徴、それは、エコなイルミネーションであることです。

どういうことかと言いますと、電球1球あたりの使用電力を65%削減する「エコイルミネーション」を採用している事です。

またさらにエネルギー使用量を減らした「NEWエコイルミネーション」を約68万球も使用しています。

それでいて、従来の明るさや輝きは変わっていない事が評価され、2016年度には「日本夜景遺産」に認定されました。

都会の真ん中のイベントなのですが、環境に優しい工夫がされている事が素晴らしいですね。

見所2 丸の内仲通りのイルミネーション

丸の内イルミネーション散歩 仲通りを歩く 2014 12 01

ブランドショップや高層ビルが立ち並ぶ丸の内仲通りは、都心らしく洗練された通りです。

その通りの街路樹200本以上が、約100万球以上のLED電球で飾られます。電球の色は丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」。

華やかで上品なイルミネーションは、他所のカラフルなイルミネーションとはまた違う、大人の街にふさわしい華やかさがあります。

見所3 東京駅周辺のイルミネーション

20161202東京駅周辺のイルミネーション2016【HD・原画4K】

東京駅周辺は、丸の内イルミネーションに合わせて、2018年12月24日(月・祝)~12月28日(金)の間、「東京ミチテラス」が開催されます。

東京ミチテラスの今年の演出テーマは「ひかりのゲートウェイ」。

以下の3エリアでイルミネーションが開催されます。

ひかりのスタディオン

東京駅丸の内駅舎へ続く行幸通りにひかりの列柱が出現します。

重なり合う紗幕映像などの特殊映像が作り出す美しい移ろいと煌めき、通りを包み込む樹木がイルミネーションで輝きます。

ひかりの円舞曲(ワルツ)

東京駅丸の内駅前広場を会場に、東京駅丸の内駅舎への映像投影による演出が行われます。

また、駅前広場は「ワルツ」のような動きのあるライティングが取り入れられます。

ひかりのリフレクション

丸の内周辺エリアを会場に、人と街を照らし未来を写す「鏡」と、映像技術やライティングを駆使したフォトジェニックな作品が丸の内を彩ります。

また、丸ノ内線東京駅地下道から直結した施設「KITTE MARUNOUCHI」内でも、1階アトリウムの吹き抜けになっている空間に、本物のモミの木を使った高いクリスマスツリーが出現します。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

catcatさん(@nekonekochibi)がシェアした投稿

なんと、屋内に設置されたクリスマスツリーでは日本最大の高さ!しかも都会の真ん中に現れた本物のクリスマスツリーは感動間違いなしです。

開催期間は2018年11月21日~2018年12月25日です。

スポンサーリンク

見所4 大手町仲通りのイルミネーション

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

浅見 Lefty 恭藍翁さん(@asami_yasuhiro)がシェアした投稿

大手町仲通りは、永代通りから神田方面の大手町川端緑道まで南北に貫いている通りです。

大手町フィナンシャル・シティの中央を通る金融街です。

丸の内イルミネーションの開催期間には、大手町フィナンシャル・シティ周辺のケヤキ並木も丸の内イルミネーションカラーのシャンパンゴールドに彩られます。

ケヤキ並木の歩道に、ベンチがありますのでイルミネーションを眺めながらベンチで休憩することもできます。

まとめ

いかがでしたか?

丸の内オリジナルカラーのシャンパンゴールドで統一された、上品でお洒落なイルミネーションは落ち着きがあり、とても美しいです。

二重橋スクエアでショッピングや食事を楽しんだあと、お洒落なイルミネーションに癒されたり、仕事の後のデートにも最適ですよね。

ぜひこの冬は、東京の冬の夜空に輝く丸の内イルミネーションを、見に行ってみて下さいね。

スポンサーリンク

おススメ記事