根岸森林公園の桜2019の見頃と開花状況は?ライトアップや屋台はある?

根岸森林公園は、日本最初の洋式競馬場跡地に整備された公園として有名です。

そんな根岸森林公園ですが、ただ広い敷地と高いところにあって見晴らしがいいだけの公園、競馬に興味ない人には面白くないのでは?と思っている人も多いのではないでしょうか?

実は根岸森林公園は一年中自然が楽しめるとても素敵な公園なんです。花見の時期には満開の桜を楽しむことができるんですよ。

そこで今回は、根岸森林公園での桜の見ごろや花見の情報を調べてみました。

根岸森林公園の桜2019について解説

根岸森林公園の桜については、その様子を解説している、分かりやすい動画がありますので、まずはこちらをご覧ください。

[ 4K UltraHD ] 横浜 根岸森林公園の桜 – Cherry Blossoms at Yokohama Negishi Forest Park – (shot on Samsung NX1)

根岸森林公園は、ソメイヨシノをはじめとした桜が約350本植えられ、桜の名所として多くの人がお花見に訪れる人気スポットです。

満開の季節には、広大な芝生広場を取り囲む桜が大きく枝を広げ、あたりをピンク色に染めます。なだらかな芝生の斜面を駆け出したくなるような開放感は、周りに高い建物がない高台ならではです。

公園内には、菜の花畑もあり、桜の見ごろの時期に、合わせて菜の花畑も楽しめます。

また、起伏にとんだ公園内には森や池もあり都会の中とは思えないほど自然に触れることが出来ます。

整備された並木や広場で快適に過ごすことが出来、ドッグランもありますので、ワンちゃん連れの家庭も楽しめます。

公園内の遊具広場には、大きな滑り台もあり、ほかにも遊具がありますので、お子様連れに喜ばれています。

桜の開花状況は、公式ホームページで随時情報が更新されています。

http://negishi-shinrin.jp/ume-sakura-info/

また、公園の中には馬の博物館もあります。もとは競馬場だった由緒ある土地で、馬について学ぶことが出来ます。

馬のイベントを開催しているときには、元競走馬に乗ったり、馬車に乗れたり、馬にニンジンを食べさせることもできるので、お子様連れにはよろこばれそうですね。

毎月第一、第三日曜日は乗馬デーがあります。ポニーや馬に乗馬体験ができます。

また毎月土曜日はにんじんタイムがあり、お馬さんにニンジンを食べさせて触れ合うことが出来ます。

根岸森林公園の桜まつり2019の開催時期

桜の見頃の時期に合わせて「根岸森林公園さくらまつり」が開催されます。さくらまつりには公園内でカフェを開店したり、土日には崎陽軒のお弁当販売やキッチンカーでの販売などがあります。

公園の公式ホームページで、イベントスケジュールが公開されています。今後決定次第公開されます。

http://negishi-shinrin.jp/

入場は無料です。

根岸森林公園の桜のアクセス方法について

開催場所の住所 横浜市中区根岸台1‐2

電車で行く場合

JR根岸線根岸駅から市営バス21系統桜木町駅前行きで10分、旭台下車すぐです。

車で行く場合

首都高速湾岸線三溪園出口から一般道を磯子方面へ車で約3kmです。

根岸森林公園の駐車場は?

200台収容の駐車場があります。平日2時間300円、以降20分ごとに50円、土日祝2時間400円、以降30分ごとに100円。

根岸森林公園の桜の混雑・渋滞は?

最寄り駅である根岸駅からも少し遠いこともあり、車で来場する人が多いこの公園。

公園の敷地は大変広いので、花見の時期で人が多く訪れても混雑して不快な思いをすることはないですが、駐車場は早い時間に満車になることを覚悟していかなくてはなりません。

森林公園の駐車場待ちは、目の前を通る道路に並んで待つことができませんので、満車の場合はどこか他の駐車場を探すしかありません。

といっても公園周辺駐車場(コインパーキング)も駐車可能台数に限りがあります。

花見のピーク時には、駐車場はどこも相当の混雑が予想されます。第1・第2駐車場を利用するなら、午前中の早い時間には現地に到着するのが良いでしょう。

根岸森林公園の桜のライトアップについて解説

根岸森林公園のは夜桜のライトアップなどは特にされていません。

ですので、残念ながら夜桜鑑賞は期待できないのですが、この公園は高台に位置することもあり、横浜の知る人ぞ知る夜景観賞スポットなんです。

広大な公園の北側の一角から、落ち着いた住宅夜景を眺めることができます。

またさらに奥にはみなとみらい地区の高層ビルの輝きがあり落ち着いた夜景を眺めることができます。花見の後に、ベンチに腰をかけて高台からの夜景を楽しむのもまた良いですね。

根岸森林公園の桜の屋台(出店)について

この公園は広い自然公園ですので、残念ながら屋台、出店などはありません。敷地にカフェと売店があるぐらいです。

そこで簡単な飲み物やパンなどの軽食を購入することが出来ます。

園内のカフェ、「Flower Garden Cafe」では、「横浜のお菓子各種」や「肉まん・棒餃子」やコーヒーフロート類やアイス、ビールなど豊富なメニューを取り揃えています。

地元で有名なパン屋さん「本牧館」の焼き菓子などを販売していることもあります。カフェはテーブル席で10席ほどですので、混雑する時期にはなかなか入りづらいことも予想されます。

天気が良ければ、レジャーシート持参で持ち込んだお弁当などを食べるのが賢明かもしれません。

そして、駅周辺は閑静な住宅街でそれほどスーパーマーケットなどの商業施設もありませんので、最寄り駅の根岸駅などでお弁当や軽食を準備して来園するのがおすすめです。

根岸森林公園周辺の観光スポット1 三ツ池公園の桜

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

朋美さん(@sumomotomomi)がシェアした投稿

神奈川県内で桜の名所として根岸森林公園と1位、2位を争う人気スポット、県立三ツ池公園。

三ツ池公園は名前の通り3つの池のある公園で、水辺に咲く桜並木やその周りの広場の桜などを眺めることができます。

桜は、ソメイヨシノだけでなく、黄色味がかったウコンザクラやヨコハマヒザクラなどの珍しい品種まで78品種の桜が楽しめます。

2月の早い時期に花を咲かすカンザクラなどもありますので、一足早い時期にも花見が楽しめます。水辺を彩る桜の美しさは、「さくら名所100選」にも選ばれているほどです。

根岸森林公園周辺の観光スポット2 大岡川の桜

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Soeda Atsushiさん(@edattyo)がシェアした投稿

三ッ池公園よりもさらに南側、横浜のディープな大人の街として知られる日ノ出町、黄金町。横浜の下町、弘明寺観音で有名な弘明寺。

そんな観光雑誌に載っていない横浜を流れる大岡川。その川沿いの桜並木が横浜屈指の桜の名所なんです。

こちら、桜の時期にはボンボリでライトアップされ、夜の川面に映る夜桜を楽しむ大人のデートが出来ますよ。

まとめ

横浜の根岸森林公園の花見についてでした。根岸森林公園は、夏は新緑、秋はイチョウ並木やどんぐり拾い、冬は梅と年間通して楽しめる素敵な公園です。

なかでも桜の季節は公園内にある馬坂が桜のトンネルのようになっていたり、芝生広場の雄大な桜の景色も眺められて見所いっぱいのスポットです。

横浜の高台から住宅地とビル群を見下ろせる、さくらいっぱいの自然公園に、ぜひ行って見てくださいね。

おススメ記事