エアコンで洗濯物を早く乾かすコツと、3つのお勧めアイテム

エアコンで洗濯物を乾かす

あなたは今、部屋に干した洗濯物がなかなか乾かなくて困っていませんか?

なかなか乾かないせいで、生乾き臭がしてきたり、干しっぱなしの洗濯物のせいでいつまでも部屋が散らかって見えたりしてしまっているのではないでしょうか?

それだけではなく、なんだか部屋がジメジメしているような気がしていたり、カビの原因になってしまっているかもしれません。

そこで今回は、洗濯物を早く乾かしたい人のために、エアコンを使って乾かすコツをお伝えします。

スポンサーリンク

濯物を早く乾かすにはどうしたらいい?早く乾く仕組みとは?

そもそも洗濯物が乾く仕組みはどうなっているのかというと、空気中に洗濯物の水分が移ることで洗濯物の水分がなくなっていき、乾いています。

ということは部屋に水分がたくさんあると、洗濯物の水分が移るスペースがないので、なかなか乾かないということです。外に干しても湿度が高い日はなかなか乾かないのはそのためです。

洗濯物を干している間、洗濯物の周辺の空気は湿度が高くなってしまいます。

そうするとまだ残っている水分が移る場所がどんどんなくなります。さらに洗濯物から空気中に移った水分は、また洗濯物に戻ろうとします。

そこで早く乾かすには部屋の湿度を下げるなどして、洗濯物周辺の空気中にある水分をうまく減らしてあげることが大切です。

エアコンで洗濯物は乾くのか?

ではエアコンで湿度の調整ができるのかというと、できます。

梅雨時期に除湿やドライの機能を使う方も多いのではないでしょうか?それに冬に暖房を使っていると、なんだか部屋が乾燥したりしますよね?

エアコンで上手に湿度を調整すると、洗濯物を早く乾かすことができます。

エアコンを使って洗濯物を乾かすには、具体的にどのように干せばよいのか?

ではエアコンを使って洗濯物を早く乾かすにはどうしたらいいのでしょうか?

まず先ほどエアコンのドライ機能をご紹介しましたが、真夏の冷房を使っている時期ならドライより冷房で大丈夫です。

ドライ機能は一度吸い込んだ空気を、エアコンの中で冷やし、さらに温めてもう一度吐き出すという働きをしています。

ドライ機能のほうが電気代は安いと思われがちですが、冷やすだけの冷房よりも実は電気代がかかっているのです。

梅雨時期にドライ機能なら使ったほうが快適ですが、真夏に我慢してドライを使うなら冷房にしましょう。もちろん冬は暖房で大丈夫です。

早く乾く干し方

それから洗濯物の干し方にもポイントがあります。よくあるのは、バスタオルなど大きいものを二つ折りにして干してしまうことです。

これでは空気の通り道や水分の逃げる場所がないのでなかなか乾かず、生乾きの原因になってしまいます。大きいものは広げて干すか、ジャバラのように空気の通り道を作って干すのがおすすめです。

それからジーパンなどのズボン類を干すときに、裾を上にして干すとシワになりにくいのですが、乾かすのには時間がかかってしまいます。

洗濯物の水分は時間が立つと重力でどんどん下にさがっていきます。上のほうは乾いているのに下はまだ濡れていることってよくありますよね?

ズボンのようにベルト部分やポケットなどがあるものは、ウエスト部分を上にして干すほうが早く乾きます。

さらに洗濯ばさみを何個か使って筒状に干すとか、裏返してポケット部分などによく風が当たるようにすると、もっとよく乾きます。

早く乾かすには風の通り道を意識して、洗濯物同士がくっつかないようにすることがポイントです。

干す場所を変えて早く乾かす

それから干す場所にも早く乾かすコツがあります。

よくカーテンレールに干すというのを聞きますが、あまりおすすめできません。

カーテンレールの変形の原因になりますし、カーテンが洗濯物の湿気を吸って、カビが生えてしまうことや、生乾き臭がしてしまうこともあります。

さらにカーテンレールということは、窓際に干してしまっているということになります。窓際は雨の日や明け方など、水滴ができてしまうので、湿気が多くなってしまいます。

湿気が多いということは洗濯物を干す場所には適していないということです。できるだけ窓から離れた湿気のこもらない場所がおすすめです。

せっかくエアコンを使うのでしたら、エアコンの下とか風が当たりやすい場所に干すと、驚くほど早く乾きます。

スポンサーリンク

エアコンを使った部屋干しにおすすめのアイテム

エアコンハンガー

エアコンを使った部屋干しにおすすめのアイテムは3つあります。

1つめはエアコンの下に洗濯物が干せる「エアコンハンガー」です。

エアコンにかけて設置するだけで、エアコンの送風口のすぐ下に洗濯物が干せるようになります。

たくさんは干せませんが、早く乾かしたいものだけとか、乾いたらどんどん入れ替えるようにするといいですね。使わないときは邪魔にならないように、折りたたむこともできます。

それからせっかくエアコンの下に干すのなら、いい香りで部屋が満たされるように、好きな香りの柔軟剤を入れるのがおすすめです。

除菌効果があるものを選べば、生乾き臭の予防もできるので、ぜひ柔軟剤を入れましょう。

ぐるりん速乾ハンガー

2つめは「ぐるりん速乾ハンガー」です。ハンガーなのですが形が少し変わっていて、洗濯物を干す部分が数字の8の字になっています。

その部分を90度回転させることができるようになっていて、回転させることで8の字部分は地面と平行になります。

そうすると洗濯物の中にスペースができて、空気の通り道を作ることができるので、洗濯物を早く乾かすことができます。

収納するときは地面と垂直に戻せば、普通のハンガーと変わらずに場所をとらずに収納できます。

サーキュレーター・扇風機

3つめはサーキュレーターや扇風機などの風を当てるアイテムです。

エアコンと併用することで洗濯物がより早く乾きます。

扇風機でも十分風は当たりますが、サーキュレーターの中には左右首振りの他に、上下に首振りできるものがあります。

そういうものを選んでおくと、どんな場所に洗濯物を干しても風が当てやすいので便利です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回洗濯物の部屋干しにエアコンを使うコツについてお話しました。

洗濯物を早く乾かすには、湿度の調整と、風を当てることが大切です。

干すときには風の通り道を意識して干すとよく乾きます。

窓際には湿気が多く、なかなか乾かなくなってしまうので、窓際は避けて干しましょう。

早く乾かすためのエアコンの設定は、真夏ならドライ機能よりも冷房、冬は暖房がおすすめです。

エアコンを使って洗濯物を早く乾かしたい方は、是非試してみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク