同棲して料理でケンカしないための3つの方法

同棲が始まれば、彼と毎日ずっと居られるなんて素敵なだな!と思いますよね。

彼とは気心も知れているし、きっと同棲生活も楽しいものになる。誰もがそう思ってスタートします。

しかし彼とあなたは、物事の感性も、生まれ育ちも違いますよね。

特に同棲すると料理でも、ちょっとした違いが、彼と喧嘩の原因になってしまうかもしれません。

そこで、同棲後に彼との関係を上手くいくようにする料理の作り方をお伝えします。

同棲の料理でうまくいく3つの方法1 少しずつ相手の好みに合わせる

同棲し料理を彼に作って最初に直面するのが、「味付け」ではないでしょうか?

人はそれぞれ味の好みがあり、薄味、濃い味、もしくは標準の味付けになります。

彼氏は濃い味が好きで、あなたが薄味が好き。なんてこともあるでしょう。

そういった場合、どうすればいいのでしょうか?

まずは、濃い味に合わせる場合を見ていきましょう。

最初に彼の好みの味を知って少しづつお互いの合う濃さにする

まずは同棲後料理を作る前に、今がどれくらいの味の濃さが好みなのか、彼の好みの濃さを知りましょう。

次に、少しずつ薄くするために(濃い味は塩分の取り過ぎなど体に良くないため)、調味料を工夫します。味付けをする時使うと良いのが、わさび、しょうが、かつおぶし、桜えび。

他にも出汁の味を濃くする、と言った方法があります。

単に味付けを濃くするのではなく、味にちょとしたアクセントを付けることで濃い味に感じることが出来ます。少しずつ味付けを薄くしていくと、人は慣れていくのでいつの間にか薄味になる。というわけです。

しかし、どうしても濃い味が良いという場合は、自分の分だけ先に薄味で味付けをし、彼の分だけ調味料を足して味を濃くしましょう。

薄味に合わせる場合はこの逆で、自分の健康のため。

と思って思い切って薄味に味付けをしましょう。時間が立てば自然と薄味になれます。

味付けはお互いの好みがあるので、どうしてもこの料理はこの味付けじゃないと!

と言うものがあれば、彼と相談し味付けを相談してみましょう。

同棲の料理でうまくいく3つの方法2 料理のルールを決める

同棲すると料理の担当はほぼ女性になることが多いですよね。

そうなると、同棲後に家事の負担が多く大変に感じてしまうかもしれません。

そんな時は、料理においてルールを決めましょう。

ルールを決めておくことで、同棲してもあなたの負担が軽減されるかと思います。

早く帰ってきたほうが夕食を作る

同棲後お互い仕事をしていたら、当然仕事の都合で帰宅が遅くなる場合があります。

そんな時は、早く帰宅した方が作るルールを作りましょう。

同棲後に料理を彼に作ってもらう場合もあるので、簡単に作れるものを用意してあげましょう。

焼きそば、袋ラーメン、マーボー春雨など用意してあげるとすぐに作れるので、彼に説明する時も「袋の後ろに作り方が書いてあるから、見て作ってね」と言えばいいだけですね。

調理をしていない方が片付けをする

同棲後の料理にはご飯を作る人、と片付けをする人に分かれて行いましょう。

二人で分担して行えば、負担が分担されお互い楽になりますね。

なので食べ終わったら、まず二人で食器を下げます。

次に料理を作っていない方が、食器を洗います。

この時、体に余裕があれば洗った食器を隣で拭いてあげましょう。

この時に、「今日の料理どうだった?」と料理について話が出来ます。

また今日の日中に起こった出来事など、話が出来るので良い時間になりますよ。

二人共休みの日は二人で作る

やはりお互い休みだったら、一人で作ると私も今日は休みなのに。

と不満が生まれてしまいます。そういう場合は、彼にも手伝ってもらいましょう。

食材を切ったり、時には味付けをお願いすると普段料理を作る大変さもわかってもらえます。

同棲の料理でうまくいく3つの方法3 夕食を一緒に作る

一緒に作ると盛り上がる料理ってありますよね。いくつか盛り上がる料理をご紹介します。

たこ焼き

たこ焼き器が必要になりますが、1,000円程で購入できます。

あとはたこ焼きの粉の素と、お好みの具材を購入しましょう。

二人で相談しあって、チーズ、納豆、チョコ、イカ、等具材を選べるのが楽しいです。

一人で鍋を食べてもあまり楽しくないですよね。

しかし二人で鍋を囲むと、不思議と楽しくなるものです。

鍋の汁は市販で色々な味がでているので、選ぶ楽しさもありますよね。

餃子

一人で作ると、あんを皮に包む作業が億劫ですよね。

しかし二人で作ると、2倍の速さで作れるからいいですね。

また、餃子の中身にチーズを入れてアレンジするのも楽しいです。

二人で話をしながら、餃子を作ると二人の仲も深まりますね。

カレー

カレーはたくさん下ごしらえをするものがあるので、一緒に下ごしらえを出来ます。

じゃがいもの皮をどっちが早く剥けるか競争したり、玉ねぎで涙を流したり、下ごしらえが一番楽しい物になりますね。

また隠し味に何を入れるか話し合うのもいいですよ。

りんご、はちみつ、チョコ。各家庭で違うのでお互いの隠し味を両方入れるのもいいですね。

まとめ

同棲生活をする上で料理は必ずついてくるものですね。

お互い味の好みがあるので、お互いに合わせていくとよりいい生活になれますね。

また料理にもし自信がなければ、パートナーに自信がないことを伝え、一緒に料理のレシピを見ながら調理をすれば、少しずつ料理の腕も上がりますよ。

彼との夕食を楽しく過ごしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です