専業主婦でストレスがたまる人へ。3大ストレスの解消法

専業主婦をしている人の中には、友人などから「いいな~」と言われた経験を持つ人も少なくありません。

家事は外で仕事をしていても、していなくても、子供がいても、いなくても、基本的に必ずしなければならないものです。

そして、1日の時間は24時間と決まっています。その中でやらなくてはならないこともそれぞれ決められています。

働いている主婦は、この同じ時間の中で同時に家事もこなさなくてはなりません。

子供と一緒に過ごしたくても、どこかに預けて働いている。だから、仕事に使っている時間というのは、専業主婦なら暇な時間や、子供と楽しく過ごしている時間だと考えているようです。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

どんな仕事もそれぞれの大変さがあるのです。

1日中立ち仕事をしている人は、すわり仕事をうらやましく思うでしょう。けれど、1日中すわり仕事をしている人は、もちろん立ち仕事がうらやましくもあるのです。

それと同じように、専業主婦は決して楽をしているわけではなく、専業主婦の大変さの中で、ストレスを感じているのです。

そのストレスは、働いている人には分からない特別なストレスなのです。

そこで今回は、専業主婦をしていてストレスを感じている人の為に、ストレスの原因と解決方法をお伝えします。

専業主婦のストレスの原因は?

 専業主婦のストレスの原因はその生活状況などによっても違ってきますし、人それぞれ原因は様々です。

例えば、働きたいけど、子供が小さかったり、旦那さんに働いてはいけないといわれていたりする場合もありますよね。

また、働ける状況にいても、働くことで旦那さんのプライドが傷つけられ夫婦仲が悪くなったというケースもあります。

他にも、家事が苦手だったり、要領よく仕事と家事をこなすことが困難な人もいるでしょう。

細かく考えると専業主婦のストレスの原因は様々で人によって感じ方も違います。

ですが、大きく分けたストレスの原因は、ほとんどの場合、次の3つが原因です。

“1 旦那”“2 子供”“3 家事”などです。特に旦那さんのストレスと、子供へのストレスは大きな割合を占めます。次にこの2つについて詳しく見ていきましょう。

専業主婦のストレス 旦那さんに関するストレス

旦那さんに関してのストレスは、専業主婦でなくても、主婦のストレスの原因NO1です。

この時に専業主婦のストレスは働いている主婦より大きくなることがあります。

働いている主婦の強みは、外で仕事をしているという条件が旦那さんと同じという事。更に旦那さんより強く言える部分は家事・炊事なども並行して行っているという事実。

例えば、旦那さんに最近部屋が散らかっているんじゃないか?と言われても、仕事をしているのでそこまで手が回らないと答えることができるのです。この家庭内での立場は、色々な場面で効果を発揮します。

一方、専業主婦は、外での仕事をしていないのだから、家事を完璧にこなしていて当たり前だ。

少しでも散らかっていたり、失敗したりすれば、ずっと家にいて何にもしていないのにと思われてしまうことにもストレスを感じます。

もし、専業主婦で家事全般が苦手な人がいたら、その人の心にかかる負担は相当大きなものになっているでしょう。

外で働くという事はとても大変なことだと思います。しかし、その大変な仕事にはきちんとそれなりの対価と評価があります。

主婦業は対価も評価もなく、やって当たり前、出来ていない時には責められる。そして、何よりも自分自身がなんの達成感も味わえず、毎日同じことの繰り返しの中にいるという現状がストレスにつながっているのです。

また、働いている主婦は、家庭の中だけにいる専業主婦に比べると、それなりにプライベートの時間も充実しています。

まず、仕事の仲間がいて、会話があって、お金もあって、たまに出かけることがあっても気兼ねなく出かけることができます。

けれど、専業主婦は違います。一日中、誰とも話さずに家にいることもあるのです。

久しぶりに昔の友人に会う機会があっても、主婦のくせにのみに行くなんて。と思われたり、稼ぎがないのにお金を使っていると言われたり、肩身の狭い思いをさせられていることが多いのです。

もし、“専業主婦”という職業があるのであれば、それは時給にすると相当な額になるはずです。現に、家政婦の仕事はそれなりのお金をもらえる職種です。

せめて、対価はなくても、いつもありがとう。という旦那さんの一言があれば、頑張ってよかったと思い、気持ちは軽くなるはずです。

仕事をしてくれているから生活できているのです。同じように、家のことをやってくれているから働けている。という風には考えられていない旦那さんが多い。

それが専業主婦のストレスの原因の一つにもなっています。

専業主婦のストレス 子供によるストレス

また、子育てにおいても、一日中子供といるというのはそれなりにストレスもたまるものです。ほんの些細なことの積み重ねがあって、たまっていた怒りが爆発してしまい子供にきつく注意するなんてこと、良くあることです。

しかし、旦那さんから見れば、そんなことでそんなに怒らなくても・・・と、なるわけです。

旦那さんは今、その時しか見ていないのですから仕方のないことなのはわかっているのです。でも、欲しかったのはその言葉ではありません。

働いている主婦は子供と過ごす時間が少なくなり寂しい思いをしているのも事実です。

しかし、この子供とのやり取りの中で感じるストレスからは解放されているという事になります。また、小さな子供がいると、一人の時間はほとんどありません。

ゆっくりご飯を食べることもできません。

働いているときはお昼に、それなりに好きなものを食べ、一人の時間を味わえるのです。

専業主婦はずっと子供に合わせて何かをしています。そのストレスは大きなものになります。

更に、家事全般が苦手となると、片づけをしているのに片付かないとか、料理をしてもいつも同じものになってしまうとか、そういったところを自分でも何とかしたいとおもいつつ悩み、それがストレスとなる場合もあります。

そしてたった一人きりという孤独感も、おおきなストレスとなり襲い掛かってくるのです。

専業主婦がストレスを減らすにはどうしたらいいの?

旦那さんへのストレスを減らすには?

まず、旦那さんへのストレスは、なかなか減らすのは難しいのが現実です。

旦那さんの何気ない一言に傷ついたり、ストレスを感じたりしてしまう。

そんな時は、言いにくいかもしれませんが自分の思っていることをきちんと伝えましょう。

男の人は意外と鈍感です。気遣いをしてくれているつもりが裏目に出てしまうという事もありえます。

きちんと伝えることで、これまで気が付かないままだった事柄に目を向けてくれ、少しでもストレスを感じる状況が減れば心にもゆとりができてくるでしょう。

子供へのストレスを減らすには?

また、子供のことでストレスを感じてしまっているときもあるでしょう。

かわいいわが子にストレスを感じてしまっていること自体、罪悪感にさいなまれ、それがストレスとなる人もいます。

どんなにかわいいわが子でも、みな、ストレスを感じたり怒ってしまうことはあるのです。

そんな時は時間を作ってリフレッシュしてみましょう。

近くに親戚がいれば親戚へ、保育園の一時保育を利用するのも良いでしょう。

仲の良いママ友がいれば、子供をお互い預け合って、1~2時間だけでも一人でリフレッシュできれば気持ちは楽になるものです。

むしろ、離れた時間も子供のことが心配になったり、お迎えに行ったときにはギュッと抱きしめたくなったりするものです。

家事のストレスを減らすには?

家事全般が苦手でストレスを感じてしまう人は、そのことを旦那さんにも伝えましょう。その上で出来る限り一生懸命努力することを伝えましょう。

そして、お料理が苦手な人はレシピ本やクックパッドなどを利用し、レシピ通りに作ってみましょう。難しいものを作らなくても良いのです。旦那さんの好きなものから挑戦していきましょう。

掃除や片付けが苦手な人は一週間の掃除を表にまとめてみましょう。

毎日全部やらなくてもよいのです。まずは一日一か所で良いので掃除をしてみましょう。

月曜日はお風呂掃除、火曜日はトイレ掃除、水曜日は洗面台の水回り、木曜日は掃除機と水拭き、金曜日は台所回り、土曜日は寝室、日曜日はリビング。といった具合に。

そして、慣れてきたら少しずつ増やしていけばよいのです。

また、物をどこにしまったらよいのか分からない時には、必ず物を戻す場所を決めましょう。とりだしたら、そこにしまえばよいのです。

そして、最初に苦手だという事を理解してもらえば、この努力はきっと評価という形でかえってきます。

旦那さんに「頑張っているね」「いつもありがとう」「ごはんがおいしいよ」そんな風に言ってもらえたら、心が軽くなってストレスも軽減されますよね。

一人きりでいる事のストレスを減らすには?

さらに、一人きりでいることにストレスを感じている人は、思い切って習い事をしてみましょう。きっと新しい出会いがあるでしょう。

週に1~2程度のパートに行くのも良いでしょう。部屋にひとりで悶々としているより、外の空気を吸ってリフレッシュできるはずです。

ストレスをため込まないようにするにはどうしたらいいの?

専業主婦でストレスをため込んでしまう人の多くは、まじめな人です。きちんとしなくちゃいけないと思うからこそ、苦しくなっていくのです。

まずは、ストレスの原因となる周りの言葉を聞き流してみましょう。

みんな、それぞれに頑張っていて、多かれ少なかれ専業主婦としてのストレスを感じているのです。誰かに当たりたくなることもあるでしょう。

そんな時につつかれた専業主婦は太刀打ちできない。たまったもんじゃありません。

そうです。気にしなくていいのです。

それから、女の人の多くはおしゃべりが大好きです。

ママ友とお茶をしたり、姉妹と愚痴をこぼし合ったり。話すことで心の中がすっきりすることもあります。

そして、同じようなことで悩んでいる人の話を聞くと自分だけではないし、みんな大変なんだと気付き、お互い応援し合いながら前に進んでいける事でしょう。

さらに、美味しいものを食べたり、自分磨きをしてみるのもいいでしょう。

1時間くらいウォーキングをしたり、ヨガやストレッチもいいですね。

そうして、自分なりに専業主婦以外の居場所を作っていくことで、心にゆとりができストレスをためることなく、生活していくことができるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は専業主婦が感じているストレスについてお話しました。

専業主婦がストレスを感じてつらい思いをしているときには、まずどんなことにストレスを感じているのか考えてみましょう。

そして、その原因となる事柄に対して理解を求めてみましょう。それでも改善しない時には、頑張りすぎず、周りのつらい言葉は聞き流してしまいしょう。

そして、自分の為の時間を見つけ、リフレッシュする事が大切です。

そうする事で、家庭の中で感じる専業主婦としてのストレスが、少しずつでも軽減されていき、心が軽くなるでしょう。

専業主婦をしながらストレスを感じていて、ストレスを減らしたい方は、是非今回の記事を参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です