乳児と飛行機に乗る時の過ごし方と、機内で使う便利グッズとは?

乳児と飛行機

あなたは今、乳児を連れて飛行機になる予定があって、乳児とどうやって過ごせばいいか困っていませんか?

例えば、乳児が泣いてしまうのではないかとか、落ち着いて過ごせるか、大きな声を出して周りの人に迷惑をかけてしまうのではないかとか心配していませんか?

特に気圧の変化で耳つまりなどになると、乳児は泣いて不快を表現するしかないので、ママもあやすのが大変な状況になります。

そこで今回は、乳児連れでの飛行機での過ごし方やあったら便利なものをお伝えします。

乳児はどのくらいから飛行機に乗れる?

乳児は生後どのくらいから飛行機に乗れるのかというと、航空会社にもよりますが生後8日目以降から搭乗できるようです。

でも生後1ヶ月目の1ヶ月検診まではなるべく外出しないようにと言われると思います。

産後に帰省して実家で過ごす予定がある場合や、避けられない事情でもない限りはできれば生後1ヶ月くらいまでは様子をみたほうがよさそうです。

1ヶ月検診を受けて、成長が順調であることを確認してからのほうがママも安心して飛行機に乗せることができます。

とはいえまだママも子育てに不慣れな時期なので、パパやご両親など手助けしてくれる人と一緒に乗ることをおすすめします。

飛行機に乗る前の準備

飛行機に乗る前にしておいたほうがいい準備があります。

まずは座席を選ぶことからです。機内でオムツ替えをしたり、乳児がぐずったときに立ってあやせるように、通路側の座席を選んでおきましょう。

機内が空いていれば、授乳用のスペースを確保してくれることもあるので、搭乗後に客室乗務員さんに相談してみましょう。

機内でのオムツ替えも添乗員さんに言えば、機内のトイレにスペースを作ってくれます。とはいえ狭いので、搭乗前にオムツ替えは済ませておいたほうが、落ち着いて交換できます。

それから飛行機移動の間、乳児には寝てもらっていたほうが楽です。

でも薬で眠らせるわけにもいきませんので、飛行機の時間を決めるときにお昼寝の時間などいつも寝ている時間に合わせるのがおすすめです。

それから乗る前に寝そうなときは、話しかけたり遊んだりして、不機嫌にならない程度に起こしておくと、搭乗後にすぐに寝てくれたりします。

そして早めに搭乗口に行きましょう。

小さな子供を連れていると、優先搭乗で先に機内に案内してもらえます。子供連れだと着替えやオムツ、ミルクなどで普段よりも荷物がたくさんあります。

優先搭乗で先に乗れると慌てずに荷物をおいたりする時間ができますよ。

機内に持ち込むと便利なもの

乳児連れの機内に持ち込むと便利なのは、まずミルクや授乳ケープです。

常に持ち歩いている人も短時間の移動だと必要ないかと預けてしまうことがありますが、かなり必要です。飛行機での移動は気圧の変化で耳がつまってしまいます。

耳抜きのできない乳児は不快に感じて泣いてしまうことがよくあります。特に離着陸の時は、授乳をして耳がつまらないようにしてあげる必要があります。

離陸のときに授乳すると、そのまま着陸まで寝てくれたりもします。ミルクを飲ませる時は、乗る前に熱めのミルクを作ってから乗るといいです。ストローが使えるならジュースでもいいですね。

それからお菓子が食べられる月齢なら、おせんべいやぼうろなどを持ち込みましょう。

少しぐずったときにさっとあげられるものがおすすめです。

一度に食べきってしまうよりも、少しずつあげてなるべく長い時間もたせるほうが、間がもちます。離乳食を持ち込んで食べさせるのもおすすめです。

スプーンがついていないものがあるので、使い捨てのスプーンも持っておくと便利です。

おもちゃも持っていきましょう。音が出てしまうおもちゃは避けたほうがいいです。おすすめはお気に入りのおもちゃと、新しいおもちゃです。

まだ見たことのないおもちゃを、飛行機に乗ってから見せるとしばらくは夢中で遊んでくれます。いたずらを始める月齢におすすめなのが、使わなくなった財布です。

財布の中にお札の大きさに切った折り紙や、いらないカード類を入れておけば、乳児のお気に入りのおもちゃが完成です。

何度も出し入れして遊ぶので、上手にしまえない時はその都度財布に入れてあげると何度でも遊んでくれます。

乳児と一緒の飛行機での過ごし方

乳児と一緒に飛行機に乗ったら、離陸まではのんびり過ごします。

離陸体制に入ったら、授乳します。離陸までに乳児がぐずってしまったら、先に授乳してもいいですが、隣の座席の人が座るまでは待つと落ち着いて授乳できます。

乳児がそのまま眠ってくれればいいのですが、いつもと違う雰囲気を感じ取ってなかなか眠ってくれない乳児もいます。

そういうときは飽きないようになんとか気を紛らわします。おもちゃやお菓子で気を紛らわせてあげたり、たまには立って一緒に窓の外を見に行くと、乳児も落ち着いて過ごすことができます。

歩ける乳児を最初に自由に歩かせてしまうと、落ち着いて座っていてくれなくなるので、ウロウロさせるのは最終手段にするのがおすすめです。

機内でおもちゃをもらえることや、絵本を借りることができることもあるので、困ったことがあったらすぐに客室乗務員さんに相談しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回乳児連れの飛行機での過ごし方やあったら便利なものについてお話しました。

乳児は生後8日目から飛行機に乗ることができます。

ですが特に必要でないのなら1ヶ月検診が終わってからがおすすめです。飛行機に乗る前に、座席は通路側を選択して、いつも寝ている時間の飛行機にすると、移動中に寝ていてくれるのでおすすめです。

搭乗後は授乳や、お菓子やおもちゃで飽きないように気を紛らわせてあげましょう。

そうする事で、乳児がご機嫌で過ごしてくれるので、ママも周りに余計な気を使わずにすみます。

乳児連れの飛行機が心配な方は、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です