赤ちゃんにイライラすると感じた時の3つの対処法

あなたは、思い通りにいかない自分の赤ちゃんにイライラすることはありませんか?

また、そう思ってしまう自分に腹が立ちますよね。

愛しくて、可愛い。それなのに赤ちゃんにイライラしてしまうなんて。

 一人目でも、二人目でも、何人目でも、毎回お母さんも一年生です。

まったく同じ子はいないからこそ、どうしたらいいか分からず、赤ちゃんにイライラしてしまうものですよね。

「どうして泣き止まないの?」

「どうして寝てくれないの?」

たくさんの「どうして?」が積み重なって、お母さんももう限界!と子育てがしんどいと感じてしまいます。

叩きたくなる衝動が沸けば一生懸命抑えて、自分で自分を責めていませんか?

そんな赤ちゃんにイライラしてしまった時に、どうしたらいいのか。

解決方法をまとめましたので、ぜひご覧ください。

何をしても泣き止んでくれない赤ちゃんにイライラする…そんな時の対処法

 抱っこしても、おっぱいをあげても、ずっと泣きっぱなし。熱があるわけでもないのになんで泣くの?

 なんて、よくあることですよね。こうなると赤ちゃんにイライラしてしまいますよね。

お母さんもどうしたらいいかわからなくなって、パニックになってはいませんか?赤ちゃんにイライラして、一緒にいることがしんどくなってきてはいませんか?

 赤ちゃんが泣き止まなくて、お母さんの気持ちが暗くなって、それが赤ちゃんに伝わって余計泣いてしまう。完全なる負の連鎖ができて、子育てがしんどいと感じてしまいます。

 大人になると、泣きたいときも素直に泣けなかったりすることがあります。言いたいことも我慢しなければならないこともあります。

 そのぶん、赤ちゃんのときにたくさん泣いて、たくさん伝えようとします。言葉がわからないから何をしてほしいかわからない。

そんなことはありません。赤ちゃんは、泣いて泣いて一生懸命伝えているのです。

 それでもどうしても泣き止まなず赤ちゃんにイライラとしてしまうときは、 こう考えてみましょう。 

『泣く』という行為は、お腹が鍛えられますよね。泣いて培った筋肉が、はいはいやお座りの力となります。

私は病院でそう教わったため、泣き止まないときは「頑張ってお腹を鍛えてるんだ」と思ってしばらくそのまま見ていたりしました。

逆に、全然泣かない日があると少し泣かせてみたり。泣いたら必ず泣き止ませる必要はありません。

そう考えるだけで、赤ちゃんにイライラして子育てがしんどいと感じていても、少し楽になりませんか?

 何をしても寝てくれない!もう疲れた…そんな時の解決策

 どうしたら寝てくれるの?

 それは赤ちゃんによってさまざまです。

歌を歌えば寝てくれる子もいますし、抱っこをすれば寝てくれる子もいます。何をしても寝てくれなくて、しばらくしたら自分で寝てしまう子も。

 私の娘は寝ぐずりがひどく、疲れるまで大泣きしてからではないと、おっぱいを飲ませても抱っこして揺らしてもまったく寝てくれません。

さらに大泣きして叫んでしまいます。泣き止まないと、赤ちゃんにイライラして、しんどいなと感じてしまいます。

でも、よく考えてみてください。大人のあなたはどうですか?なかなか寝付けないことはありませんか?

大人でもすぐに寝付けないことがあるなら、赤ちゃんだってありますよね。 

赤ちゃんがうまく眠れずに泣いてしまう理由には、『眠りに落ちる感覚が死んでしまう時の感覚に似ているから怖い』という説もあります。

「お母さん、助けて!」って、怖がって泣いているのかもしれませんね。

 そう考えると、自然と落ち着きませんか?お母さんが寝かしつけるのが下手だから寝てくれないわけではないのです。

赤ちゃんには、赤ちゃんなりの理由があるのでしょう。お母さんが焦ってしまうと、赤ちゃんにも伝わってしまいます。

ゆっくり、ゆっくり、「大丈夫だよ」と声をかけながら、赤ちゃんと一緒にお母さんも落ち着きましょう。

 どうしても寝ないときは、いったん寝かしつける作業をやめて休んでください。昼間の活動が足りず、泣いて疲れなければ眠れないのかもしれません。

無理に寝かしつけようとすれば、お母さんも疲れてしまいますよ。眠くなるまでゆったり待ってみましょう。

 赤ちゃんにイライラすると感じたら、独りで頑張るのをやめてみましょう

 自分は母親なんだから、しっかりしなきゃいけない。 と思って焦っていませんか?人に相談したくても、自分ひとりで頑張ろうとしていませんか?

そう思えば思うほど、赤ちちゃんにイライラしてしまい、しんどいと思い、上手くいかないのです。失敗してしまうのです。だめになってしまうのです。思い詰めてしまうと、目の前の簡単な問題すらも難しく感じてしまうようになります。

 赤ちゃんにイライラしてしまう気持ちはわかります。ですが、赤ちゃんは思い通りにいきません。

 それは大人でも同じです。自分以外の人は、自分の思い通りにはいきませんよね。

つまり、お母さんに問題があるわけではないのです。

赤ちゃんは、きっとあなたに甘えようとしているだけですよ。言葉の代わりに、泣いて伝えようとしているのです。

 大人になったらたくさん我慢をすることが出てきます。一人で乗り越えなければならない壁もあります。

 ですから、今のうちにたっくさん甘えさせてあげましょう。

お母さんだけでは難しかったり、お母さんが落ち着くことができなければ、周りの人に支えてもらいましょう。

お母さんが不安になると、赤ちゃんも不安になってしまいますが、お母さんが安心していれば、そのぶん赤ちゃんも安心して甘えられるのです。 

少しでも考え方を変えるだけで、苦しい気持ちがなくなります。

 まとめ

 いかがだったでしょうか?

今回、赤ちゃんへの、イライラを落ち着かせたい時の対処法についてお話しました。

 泣き止まない、寝てくれない。

主な子育ての問題はその二つですが、その二つの問題を解決するにあたって一番大切なのは、お母さんが落ち着くことです。

 そうすることで、焦らずにゆっくりと目の前の問題について考えることができます。

 どうしても辛くなってしまったときは、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です