ママ友が疲れると感じた時の3つの対策と良い関係の築き方

ママ友との付き合いに疲れたママ

ママ友とうまく付き合いたいけれどどうしても疲れてしまう…こんな悩みを抱えている方は多いですよね。

子どもの行事や普段のランチなど関わる機会はたくさん。それなのに毎回毎回、ママ友と会う度に疲れてしまっては、楽しむどころではりません。

今回は、ママ友疲れをしているあなたにうまく付き合うコツを紹介していきます。

なぜママ友は疲れてしまうの?

ママ友と一緒にいると気疲れしてしまうのはなぜでしょうか。それには、主に下記の理由があります。

気を遣っているから

子ども同士が仲良くしているからママ友同士もそうでなければいけない、なんて思ってはいませんか?

自分の子どもがそのママ友の子どもと仲良くしているから、自分がママ友に失礼なことを言ってしまったら子どもに影響がいくのではないか。

ママ友の子どもから、もしくはママ友から自分の子どもが嫌がらせを受けるのではないか、など、何かしらの不安があるため気を遣ってしまうのです。

嫌われたくないから

これは、学生の頃もあったと思います。女同士の人間関係は大人になっても恐ろしいものですよね。

気に食わないことがあれば周りに広め、グループになって無視されたり嫌がらせを受けたりなど…。

よくあることではありますが、子どもの保育園や幼稚園、学校での行事への参加に気が進まなくなってしまったり、精神的にダメージを負ってしまったりするものです。

それを回避するために、何か気がかりなことがあったとしても我慢してしまう、ということもあります。その我慢が積み重なってだんだんママ友が疲れると感じてしまうのです。

面倒だから

このタイプですが、人と付き合うのがもともと上手ではなく、関わりを持つことを面倒に感じてしまいます。

面倒だと思ってしまうから、買い物やランチに誘われても気が乗らなかったり、行事のときに仲の良いママ友たちと固まるのが嫌だったりします。

それを無理に続けることによって疲れてしまうのです。

性格が合わないから

ママ友は、数人で居ることが多いです。話の内容は子どもの話でしょうか?旦那の話でしょうか?ほとんどが悪口の場合もありますよね。

人の悪口は聞いていて気持ちの良いものではありません。根本的に性格が合ないと、一緒にいても気疲れすることがあります。

ママ友とうまく付き合うには?

ママ友としっかり付き合いつつ、自分もラクに関わるには、『始めからありのままの自分でいること』が一番です。

最初はきっと、遠慮がちに関わり始めますよね。そこで自分に合わないキャラクターを演じてしまうと、後々になってありのままの自分が出せなくなり困ってしまいます。

あとから性格をよく知って、合う・合わないがわかっても、言い出せずにどんどんママ友といる事に疲れると感じストレスを溜めていくのです。

最初からほとんどありのままの状態で接していれば、相手から見る第一印象はあなたの本来の性格になります。そうすれば、キャラクターを演じる必要はありません。

ただ、もうすでに関わりのあるママ友にはこの方法は使え無いのが難点ですが…

ママ友とのトラブルはうまく回避する

グループで居ると、どうしてもママ友同士のトラブルが発生してしまいますよね。

そんなときは、当事者でなければうまく回避したいところです。「そうだったんだ」「へえ」「大変だね」など、どちらにもつかずに受け流しましょう。

このときに注意することは、冷たい返しにならないようにすることです。あくまでも受け流しなので、冷めた態度をとるわけではありません。言い方に注意をしながらサラッと受け流してみましょう。

断るスキルを身に着ける

ママ友とうまく付き合えても、普段からずっと行動を共にすると疲れてしまうこともあります。相手に嫌な思いをさせずに断れる理由を考えておくといいでしょう。

毎回毎回、同じような理由だと相手も良く思わないかもしれません。

「今日は習い事なの」「おばあちゃんの家に行くの」など、レパートリーをいくつか用意しておくといざとなったときに使えます。

例えば、「予防注射がある」と言って断ります。子どもの用であれば相手も深くは探ってこないでしょう。

理想のママ友関係は?

私の理想は、目が合えば挨拶をし、少しの時間おしゃべりを楽しんで、休日はママ友親子とたまにお出かけをするような関係です。

あなたの理想のママ友関係を考えてみてください。

その通りになっていますか?無理に合わせていませんか?ママ同士で助け合ったり、学んだりできる自分にとってプラスになるような関係が一番良いのではないでしょうか。

そこであなたが疲れてしまうのでは、マイナスになっているということなのです。プラスな関係になれるよう、理想と現実を並べてみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回ママ友とうまく付き合うコツという事についてお話しました。

ママ友疲れを解決するには、最初からほとんど素の状態で接することがカギとなります。トラブルを回避し、休みたいときはうまく断って自分が疲れない付き合い方をしていくといいですね。

そうすることで、ママ友との付き合いが自分にとってプラスになっていきます。

ママ友の関係で悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です