お風呂のカビを予防する2つの方法と3つのアイテムとは?

あなたは今、お風呂に生えたカビを予防したいと思っていませんか?

せっかくキレイにお風呂のカビを除去しても、またお風呂にカビは生えてしまう。そんな繰り返しにうんざりしていませんか?

できることならカビが生えないお風呂にしたいと考えたことありませんか?

そこで今回は、お風呂にカビを生やさないようにしたい人のために、お風呂のカビを予防する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

お風呂のカビってなぜ生える?

そもそもお風呂のカビが生える条件は何なのかと言うと、栄養、温度、湿度、空気の4つがあります。その条件の一つでも欠ければ、お風呂にカビが生えにくい環境を作ることができます。

カビの生えにくい環境の浴室にすることで、カビの生えるのを予防することができるということです。

まずカビの栄養とはなんなのかというと、皮脂汚れや、石けんカス、ぬめりの原因となる雑菌などです。

そこで、汚れはこまめに掃除して、除菌しておくことでカビの栄養がなくなるので、カビが増えにくい状況を作り、カビを予防することができます。

それから温度は20~30℃くらいがカビが繁殖しやすい環境になっています。浴室は冬でも熱いお湯をためたり、暖房を入れたりするので暖かくなりやすいです。

なのでできるだけ、暖かい時間をできるだけ短くしましょう。

湿度は60%以上がカビが繁殖しやすい環境です。お風呂に入れば湿度もどうしても上がってしまうものです。

とはいえ、お風呂のカビ予防のためには、できるだけ乾燥している状況を作ることが大切です。

さらにそして最後の空気ですが、残念ながらお風呂の空気を無くすことはできません。なので、他の3つのない環境を整える事で、お風呂のカビを予防しましょう。

お風呂のカビ予防法1。カビの栄養源を断つ3つのアイテムとは? 

ではお風呂のカビを予防できる浴室にするために、カビの栄養源を無くす、便利なアイテムをご紹介していきます。

お風呂のカビ予防アイテム1 バイオお風呂のカビきれい

まずはコジットの「バイオお風呂のカビきれい」です。カビの栄養を無くすにはバイオの力を借りるのが確実で安全でしかも簡単です。

バイオとは微生物のことで、あらゆるものを食べつくすことから掃除屋の異名を持っています。

バイオはカビの栄養源をカビより先に食べてくれるので、カビが増えることができない状況を作ってくれます。

使い方は簡単で、一度浴室内を掃除した後に、天井に貼り付けるだけで半年もの間効果が持続します。

バイオの力を使ったカビ予防剤はいろいろなメーカーから出ているので、いろいろ試してみてもいいですね。

お風呂のカビ予防アイテム2 浴室用防カビ剤カビガード

次はダスキンの「浴室用防カビ剤カビガード」です。

掃除のプロのダスキンが開発した防カビ剤で、掃除の仕上げに壁や天井にスプレーするだけでカビを予防します。

スプレー後、薬剤が乾燥すると目に見えない膜を作ってくれることで防カビ効果が期待できます。

湿度を上げる水滴の付着を防ぐ効果や、カビの栄養源である石けんカスなどの汚れが付着しないようにする効果があります。

繁殖に必要な湿度と栄養が足りない環境を作ってくれるので、カビを予防してくれます。

お風呂のカビ予防アイテム3 浴室用防カビ剤カビガード

3つ目はルックの「お風呂の防カビくん煙剤」です。

室内のダニやゴキブリ駆除のために、くん煙剤を使用したことがある人もいると思います。そのようなくん煙剤のお風呂のカビ予防バージョンの商品です。

煙を充満させて金属イオンで浴室全体を除菌してくれます。何を除菌するのかというと、カビの元になる菌を除菌してくれます。

くん煙剤に面倒なイメージがある人も、お子さんのおもちゃなどいろんなものを置きっぱなしで大丈夫なので、とても簡単にカビを予防することができます。

スポンサーリンク

お風呂のカビ予防法2。温度、湿度調整をして予防する方法 

さてカビの栄養源を除去できたら、次は湿度と温度を調整してカビを予防しましょう。

温度を調整してお風呂のカビを予防

よくあるのは、熱でカビを除去しようとしているのに、カビが生えてしまうということです。

例えば、入浴後に熱いシャワーを壁や天井にかけてから出るというような事です。

しかしそれでは入浴後に、浴室内が暖かく湿度の高い状態が保たれてしまうので、逆にカビの発生しやすい状況を作ってしまっています。

ではどうすれば良いかと言うと、熱いシャワーをかけた後、さらに冷水をかけて浴室内の温度を下げてしまえばいいわけです。

熱いシャワーなしで冷水だけでもいいので、入浴後にかける習慣をつけるとカビを予防できます。

これで温度は調整できますが、夏はどう頑張っても気温が高いのでシャワーだけで調整することは難しくなってきます。

そこで夏や梅雨の時期は温度よりも、湿度の調整が大切になってきます。

湿度調整をしてお風呂のカビを予防

湿度調整の方法として、乾燥している浴室を作る事が重要です。そのために一番肝心なのが換気扇です。

そこで、換気扇を24時間回しっぱなしにしておいて、湿った空気を常に排出しておく必要があります。

ただし換気扇が汚れていると、カビの胞子を浴室内に撒き散らして、カビの原因となることもあります。

なので、どうしてもカビが減らない場合は換気扇掃除をしたほうがいいこともあります。

さらに入浴後の水滴はバスタオルや、水切りワイパーで拭き取っておくとより早く乾燥します。

そしてもっとお風呂を早く乾燥させるために、扇風機を持ち込んで、浴室内に風を当てるとさらに早く乾燥します。

夏のお風呂上がりに脱衣所で扇風機に当たっている人は、そのまま浴室内に移動するだけなのでとっても簡単です。電化製品なので、扇風機を置く場所はよく拭いてから置いてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回お風呂のカビを予防する方法についてお話しました。

お風呂のカビを予防するには、温度、湿度、栄養の3つを調整して、カビの生えにくい環境を作る事が大切です。

そこで、カビの栄養源を除去するアイテムを使用して、栄養を無くし、入浴後に温度と湿度を早く下げることが大切です。

そうする事で、お風呂のカビを予防することができ、お風呂掃除がとっても簡単になります。

お風呂のカビ予防に興味のある方は、是非試してみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク