共働きでも、ご飯作りを三食とも簡単にする方法とは?

あなたは今、共働きで毎日作るご飯に苦労していませんか?

例えば、やることがたくさんある朝の忙しい時間に、手の込んだ朝ご飯なんて作れませんよね?

夜だって仕事で帰りが遅くなってしまったら、できるだけ手早く作って食べさせてあげたいと考えると思います。

休みの日のお昼はいつも同じようなメニューになってしまうとか、忙しい共働きのママは毎日の食事の支度にとても苦労していると思います。

そこで今回は、食事の支度に悩んでいる共働きママのために、おすすめの簡単ご飯をご紹介します。

スポンサーリンク

共働きでも、ご飯作りを楽にするには?

毎日の食事の支度、本当に大変ですよね?自分と旦那さんだけなら外食で済ませてもいいですが、お子さんがいると、栄養や費用のことを考えると毎日外食というわけにもいきませんよね。

旦那さんのお休みの日や、帰りが早い日などは旦那さんに頼るといいですね。料理が苦手な旦那さんなら、平日は料理以外の家事を手伝ってもらいましょう。

それから休みの日にゆっくり二人で料理をして過ごすのがおすすめです。男の人は凝り性な人が多いので、始めてみると意外にはまってくれる旦那さんもいます。

はまってくれたら、ママが少し楽になるのでぜひ一緒に料理を楽しんでみてください。

旦那さんが多忙な人や、休みが合わなくて一緒に料理をする時間がとれない人は、自分でやるしかなくなってしまいます。

たまには外食やデリバリーを頼むなどして、力を抜いて、さらに普段は簡単料理で乗り切りましょう。

共働きで忙しい朝におすすめの簡単朝ご飯

共働きで忙しい朝におすすめのご飯は、やっぱりパンです。大人にはトーストした食パンとゆで卵とコーヒーだけでも立派な朝食です。

簡単でお子さんが喜ぶのは「ホットドッグ」です。バターロールに電子レンジで温めたウインナーを挟んで、ケチャップをつけるだけで喜んで食べてくれます。

トーストしかないときは、バターを塗ったトーストにケチャップでイラストを描くのがおすすめです。描くものはキャラクターやただのハートでも、子供は喜んで食べてくれます。

パンよりご飯派なお子さんにはおにぎりがおすすめです。ラップに包んで出せば、お皿がいらないので洗いものを減らせます。

ご飯とみそ汁とおかずにすると準備がとっても大変ですが、具をいれたおにぎりならおかずがなくても食べられます。

パンだけ、おにぎりだけで栄養が心配なときは、みそ汁やスープにお野菜をたくさん入れてあげましょう。夜の汁物を多めに作った残りでも十分です。

残り物がないときは火の通りやすい野菜ですぐできる汁物を作るか、火の通りにくい野菜しかないときはレンジで加熱してから作ると時短になります。

朝の飲み物におすすめなのは「飲むヨーグルト」です。コップにプレーンヨーグルト、はちみつ、牛乳を入れてスプーンでぐるぐる混ぜれば完成です。

簡単で栄養もあり、おいしいので大人も子供も喜んで飲んでくれます。材料だけコップにいれて、渡せばお子さんもお手伝い気分で喜んで混ぜてくれます。

スポンサーリンク

休日のお昼におすすめの簡単ご飯

共働きのママだと休日はゆっくりやすみたいですよね。ですがママに休みはありませんよね。そこで、休日のお昼にお勧めの簡単ご飯をお伝えします。

休日のお昼によくあるのは、麺類や丼物などガツンとしたイメージの食べ物です。どちらも簡単でおいしいですが、いつも同じようなメニューになってしまいがちです。

例えば、丼物ならカツ丼、親子丼など卵とじの丼が続いてしまうとか、麺類もいろいろありますが続くと飽きてしまいます。

そこでおすすめなのが「そうめん」です。でも普通にそうめんだけなら簡単ですが、お子さんは喜びません。そこでおすすめなのが「流しそうめん器」です。

家で手軽に流しそうめんが楽しめる機械です。スライダー式と、楕円形に回るものがあります。

スライダー式はそうめんを入れて、流れ終わればまた次のそうめんをいれないといけませんが、楕円形に回る方は、そうめんをとらなければずっとまわり続けるので簡単です。

一緒にミニトマトや一口大に切ったきゅうりなどを流しても楽しいです。いつものそうめんに飽きたら、購入を考えてみてもいいかもしれません。

味は変わりませんが、いつもよりおいしく感じるようでたくさん食べてくれます。

それから「つけそば」もおすすめです。家で食べる冷たいそばとなると、冷たい麺つゆで食べるざるそばがメインになっていると思います。

麺つゆを少し変えるだけで、一味違ったおいしいそばが食べられます。おすすめは軽くいためた鶏もも肉にネギを加えて、麺つゆで煮込むだけです。

それに冷たいそばをつけて食べると、お蕎麦屋さんの鴨南蛮を食べているような感じになります。そば以外でもうどんでもそうめんでもおいしく食べられます。

また肉を鶏ではなく豚にしてもおいしいですし、野菜をいろいろいれてアレンジもできます。

共働きで疲れていてもすぐできる簡単夜ご飯

共働きなので仕事で帰りが遅くなると、ママも疲れているし、子供はお腹を空かせているので、できるだけ簡単に、でも栄養もあっておいしいものを作りたいですよね。

そこでまずおすすめするのが「キーマカレー」です。

人参と玉ねぎをフードプロセッサーでみじん切りにして、挽肉と一緒に炒めて、トマト缶を入れ、火が通るまで煮込んだらカレー粉をいれるだけで完成です。

具材が全部細かいのですぐに火が通って、いろいろな野菜が入っているところがポイントです。

カレーですとジャガイモや人参など時間のかかる野菜を使うイメージですが、オクラ、ピーマン、ナスを入れた夏野菜のカレーなどもすぐにできます。

野菜に火が通るまでに、レタスをちぎって簡単なサラダを作れば見た目も良い夕食の完成です。

他におすすめなのは「マヨネーズ」を使った炒め物です。

豚肉ときのこをオイスターソースとマヨネーズで炒めて、「オイマヨ炒め」とか、鶏の照り焼きの最後にマヨネーズを加えていためた「照りマヨ」炒め、海老や鶏胸肉を炒めてコチュジャンとマヨネーズで絡める「コチュマヨ」炒めなど、いろいろな調味料との相性抜群です。

簡単においしくできて、こってりした味に仕上がるので、ご飯によく合うおかずになります。

炒め物は野菜とお肉を一度にとれますが、味付けが単調になってしまいがちです。たまにはマヨネーズを使っていつもと違った炒め物もおいしいですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回共働きのママが簡単に作れるおすすめご飯についてお話しました。

毎日の食事の支度は共働きママにとって、とても大変なことです。

旦那さんが手伝ってくれそうならどんどん頼りましょう。自分でやるしかないときは、時短料理や簡単味付けでパパッと作れるものにすると、少しでも楽になります。

ご飯にかける時間が少なくなった分、ゆっくり家族で食事をする時間にすることや、体を休める時間にあてられるといいですね。

共働きでご飯の準備で悩んでいるママは、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク