折り紙12枚でリースを作る方法。ハロウィンやクリスマス用におススメ

ハロウィンやクリスマスに、12枚のリースを作ろうと思っているけど、どうやって折るのかわからない…。

6枚リースや、8枚リースなら作れるけど、12枚のリースってどうやって作るの?

そうお悩みのあなたに、今回、折り紙12枚で作るリースの折り方をご紹介します。

ぜひ、お子さんとチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

折り紙12枚でリースを作る方法。

今回はこちらの動画を参考にしてみましたので、わかりずらい方は動画も一緒に見てみてください。

折り紙 クリスマスリース 難易度★☆☆

折り紙12枚でリースを作るときに必要な物。

  • クリスマスカラーの折り紙12枚(150mm×150mm。ピザのMサイズほどの大きさになります。)

今回は赤6枚、緑6枚の計12枚で作りました。ちなみに、リースのサイズを小さくしたい方は、小さい折り紙で作ると良いですよ。

折り紙12枚で作るリースの折り方。

それではさっそく、折り紙12枚で作るリースの具体的な折り方を、写真も載せながらご紹介していきます。

1.まず、白い面を上にして三角に折ります。

2.さらに三角に折り、折り筋をつけます。

スポンサーリンク

3.それを広げて逆三角形にしたら、下の角を上のふちの中心に合わせて折ります。

4.右側半分を中央の折り筋に合わせて折り上げます。

5.これを12枚作ります。

6.次に一枚一枚、このように繋げていきます。分かりにくい方は動画を参考にしてみてくださいね。

繋げていくうちに外れてくるので、のり付けしながら繋げていくとやりやすいです。

7.全部繋げたら完成です!

こちらは左が15㎝×15㎝の折り紙で作った大きなリースで、右側が7.5㎝×7.5㎝の折り紙で作った小さなリースです。

大きいサイズはピザのMサイズぐらいになります。大きなリースになるので、飾りをたくさんつけたい場合は、大きめのサイズで作るとよいでしょう。

これにクリスマスの飾りを付けていくと、自分だけのオリジナルリースの完成です!

工作が好きなお子様には、もってこいですね。

こちらはハロウィンバージョンです。工事現場のタイガーロープではありません(笑)

まとめ

いかがでしたか?

一見、折り紙12枚も使うの?!と思う方もおられるかと思いますが(笑)、これならとっても簡単に小さなお子様でもリースを作ることができるのでおすすめです。

また、季節に合った色を使ってオリジナルのリースを作ってみるのも良いですね。

ぜひ、お子様と一緒に作ってみてください。

スポンサーリンク

おススメ記事