トイレつまりを重曹とクエン酸を使って解消する方法。効果がない!?

トイレの便器

トイレのつまりを重曹で解決できるというお話を聞いた事はないでしょうか?本当に重曹でトイレの詰まりがなおるのか?どういった原理からトイレの詰まりが解消されるのか?

そこで今回は、トイレが詰まってしまって困っている人の為に、重曹でトイレのつまりを直す方法をお伝えします。

スポンサーリンク

トイレのつまりは重曹とクエン酸で解消されるのか?

重曹は洗剤変わりなどで使うというお話をよく聞くと思います。また消臭剤としても効果が高いというお話を聞いたことがあると思います。

しかし、トイレのつまりというと、汚れではありませんよね。なのになぜ重曹がトイレの詰まりを解消できると言われているのでしょうか?

実は、重曹だけではトイレのつまりを直すことはできません。重曹に加えてクエン酸が必要になります。

重曹はもともと弱アルカリ性の性質です。そして、クエン酸は弱酸性の性質を持っています。実は、この2つの成分を混ぜると二酸化炭素の泡が発生します。

この二酸化炭素がトイレのつまりの原因を分解して、溶けやすくし、詰まりを解消するという作用があります。

そのような事から、重曹にクエン酸を加えることで、トイレの詰まりが解消できるという訳です。

しかし、全てのトイレの詰まりに重曹とクエン酸が有効なわけではありません。

ではどんなトイレのつまりに、重曹が有効なのか?また、重曹がでは効かないつまりは何なのか?についてお伝えします。

トイレのつまりを重曹とクエン酸を使って解消する方法

まず次の動画をご覧ください。重曹とお酢(クエン酸の変わり)を使ったトイレのつまりの解消法についてお伝えされています。結果どうなったかまでは解説されていないものの、作業方法が分かるので参考までにご覧ください。

トイレがつまったら!!!スッポンがない時の方法。

【用意するもの】

  • 重曹 150グラム(約計量カップ4分の1)
  • お湯 50度程度、便器の半分ほどの量
  • クエン酸
  • 灯油ポンプ
  • バケツ(あると便利です)

ここで注意することは、お湯の温度です。熱湯にすると、便器にヒビ割れが発生する可能性があるからです。

また、作業中に二酸化炭素が発生するため、換気扇をつけたり窓を開けるなど、換気の良い状態で作業してください。

【作業1 便器内の水を少なくする】

よくあるのは、便器の3分の1くらいまで水が埋まっている便器がありますよね。そのタイプの便器の場合は、灯油ポンプなどを使って、ある程度水を取り除きましょう。

なぜかというと、水の量が多いと、つまっている物体の位置まで、重曹+お酢の成分を行きわたらせにくいからです。

【作業2 重曹とお酢を入れる】

最初に重曹を入れてから、お酢をいれます。重曹が先でないと、十分な効果が得られない可能性があるので、先に重曹を入れるようにしましょう。

【作業3 ぬるま湯を入れる】

重曹とお酢を入れた後に、ぬるま湯を入れます。すると泡立ってきます。ぬるま湯は便器の半分ぐらいまで入れるとよいでしょう。

【作業4 約60分間放置する】

作業3が終わったら、60分ほど待ちましょう。

【作業5 水をゆくっ繰り入れてみる】

60分まったら、バケツに水を入れます。水を入れたバケツをトイレに持っていき、便器の中にゆーっくりと注ぎます。

これで、水が流れ、元の状態まで戻ると便器のつまりは解消されています。

スポンサーリンク

どんなトイレのつまりに重曹とクエン酸が有効なのか?

重曹+クエン酸が有効のつまり

先ほどお伝えしたように、重曹とクエン酸を混ぜ合わせると、二酸化炭素が発生します。

つまり、二酸化炭素が発生する事で溶ける詰まりに対して有効であるというわけです。

具体的にどんなつまりに有効なのかというと、主に次の2つです。

  • トイレットペーパー
  • 排泄物

この2つのつまりに対しては、比較的有効です。

そのことから、詰まりの原因が、トイレットペーパーやティッシュペーパーとわかっている場合や、原因が分からないけど急に詰まった場合には試してみる価値があると思います。

パターン2:重曹とクエン酸では解決しないつまり

重曹では解決しないつまりというは、具体的には固形物などには効果が得られません。

例えば、

  • スマートフォン
  • 腕時計
  • 掃除用具
  • 消臭剤・芳香剤
  • オムツ
  • 生理用品
  • ペットシーツ

上記のようなものに対しては、重曹とお酢では効果が得られません

オムツや生理用品などは、トイレットペーパーに近いので、溶けるのでは?と思われがちです。

しかし、オムツや生理用品は水を含むと膨らむ性質を思っています。そのため、重曹とクエン酸を使ったぐらいでは溶けてはくれません。

重曹を使ってトイレの詰まりを解消できるのは、トイレットペーパーと排泄物の2点ほどだという事を念頭に置いておくと良いでしょう。

ちなみに、固形物を落としてしまって、自分ではどうしようもない位置で詰まらせてしまった場合、すぐさま業者さんを呼ぶようにしましょう。

オムツや生理用品など、溶かしにくい詰まりを解消するには、薬品を使うと効果的です。そんな時は、次の記事を参考にしてみてください。

効果のほどは?

重曹とクエン酸を使ったトイレのつまりの解消についてお伝えしました。

しかしこの方法はあくまで簡易的なつまりの解消法です。なので、効果を感じられにくい可能性があります。また、60分待ったり、重曹やクエン酸を用意しないといけない手間があります。

緊急性が高く、確実にトイレの詰まりを解消したい場合は、やはり「すっぽん(ラバーカップ)」を使った方が効果が高いです。

ラバーカップを使ったトイレのつまりの解消法は次の記事を参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、トイレが詰まってしまって困っている人の為に、重曹でトイレのつまりを直す方法 という事についてお話しました。

トイレのつまりを解決するには、まずは、重曹とおクエン酸を用意して、二酸化炭素ガスの泡でつまりの原因を溶かしましょう!

ただし水に溶ける性質のものにしか効果はありません!そして、固形物の場合は業者さんにお願いすることをお勧めします。

 また、この方法は日頃のお掃除にも使えるのでつまりの予防にもなりますよ。

トイレが詰まってしまった方は、是非試してみて下さいね。今回の記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

おススメ記事