宮ヶ瀬湖畔園の駐車場やアクセスは?バーベキュー場や楽しみ方を紹介

宮ヶ瀬湖畔園地は、宮ヶ瀬湖という宮ヶ瀬ダム建設でできた、とても大きなダム湖の周囲に広がる自然の豊富な公園です。

そんな宮ヶ瀬湖畔園地ですが、ただ広いだけの公園でしょ?と思っておられる方もおられるかと思います。

でも実は、キャンプやバーベキューができ、秋には紅葉が楽しめ、冬にはイルミネーションが施されていたりと、年中、楽しむことができる公園です。

特に宮ヶ瀬湖畔園地の秋の紅葉はおすすめです。

そこで今回は、宮ヶ瀬湖畔園地の見所や駐車場、紅葉などについてお伝えします。

スポンサーリンク

宮ヶ瀬湖畔園地の見所

宮ヶ瀬湖畔園地は湖の周辺が公園になっており、湖に面している地区によって「宮ヶ瀬湖畔エリア」「ダムサイトエリア」「鳥居原エリア」の3つのエリアに分かれています。

中でも、「宮ヶ瀬湖畔エリア」には広大な芝生が広がる「けやき広場」があったり、カヌー体験が出来る「親水池」があります。

また、30メートルも水が上がる直上噴水、水の郷大噴水「虹の妖精」もあります。この噴水は、クラシック音楽に合わせて、噴水の水の吹き出し方を変えて見る者を楽しませてくれます。

また、この公園には遊覧船、ロードトレインなど、乗り物がいろいろとあります。カヌー場もあり、カヌー教室も開催されているので、カヌー体験も出来ます。

宮ヶ瀬湖畔園地の見所については、その様子を解説している、分かりやすい動画があります。

自然満喫!!宮ヶ瀬湖

そして毎週末には、セグウェイツアーがあり、16歳以上の健康な人であれば体験に参加できます。

30分の講習を受けることになりますが、園内を60分間セグウェイで巡ることができます。

宮ヶ瀬湖畔地園のアクセス

所在地:神奈川県愛甲郡清川村宮ヶ瀬940-4

電車・バス

小田急本厚木駅より神奈川中央交通バス「宮ケ瀬」行きに乗り、終点「宮ケ瀬」で下車。

自動車

圏央自動車道相模原インターから国道42号へ約20分。

宮ヶ瀬湖畔園地の駐車場について

平日は無料で駐車することができます。土日・祝と夏休み期間中(7月21日~8月31日)・ゴールデンウイークは駐車場が有料になります。

宮ヶ瀬湖畔園エリア 小中沢駐車場

  • 利用時間:9時~17
  • 普通車・軽自動車:30分以内無料、2時間まで300円、2時間以上500

※ゴールデンウイークは普通車・軽自動車も一律500円です。

【収容台数】

普通車:344台

二輪の利用は不可ですので、二輪で行かれる場合は水の郷駐車場を利用されると良いです。

宮ヶ瀬湖畔園エリア 水の郷エリア

  • 利用時間:9時~17時
  • 普通車・軽自動車:30分以内無料、2時間まで300円、2時間以上500
  • 二輪車:一律100円

※こちらもゴールデンウイークは普通車・軽自動車も一律500円です。

【収容台数】

普通車:240台

他にも臨時駐車場などがあります。

宮ヶ瀬湖畔園地駐車場:https://www.miyagase.or.jp/spot/parking.html

スポンサーリンク

宮ヶ瀬湖畔園地のバーベキュー 場について

園地内のピクニック広場ではバーベキューをすることが出来ます。

こちらのバーベキュー広場は、食材・鉄板・着火剤・炭・取り皿・お箸など、バーベキューで必要な物は全て用意してくれるので、手ぶらで行くことができます。

飲み物は現地の売店にてジュース・ビール・サワー・アイスなどを買う事ができます。なお、食材や飲み物の持ち込みはできないことになっています。

そして、150名収容できる屋根付き施設ですので、雨の日でも安心です。

1グループ5名からの予約ですが、土日祭日は5名以下でも予約出来ます。ワンちゃん連れも利用可能です。

宮ヶ瀬湖畔園地のイルミネーションについて

宮ケ瀬湖イルミネーション2014

宮ヶ瀬湖畔園地は、冬になるとイルミネーションが開催されます。

けやき広場にある、高さ30メートルのモミの木に、1万個のイルミネーションが灯ります。宮ヶ瀬のジャンボクリスマスツリーとして、大人気の観光スポットです。

また、水の郷エリア内の樹木にも約60万個のイルミネーションが飾られます。

他にも、吊り橋や商店街にもイルミネーションが点灯していて、あちらこちらで光の輝きを楽しむことができます。

点灯式典には、打ち上げ花火が打ち上げられ、冬の澄んだ夜空にあがる打ち上げ花火は、夏の花火とはまた違った輝きを見せてくれます。

宮ヶ瀬湖畔園地の紅葉について

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぶらり散歩さん(@bloementime)がシェアした投稿

宮ヶ瀬湖の周りは山々に囲まれています。湖を渡るつり橋などから湖面に映る紅葉の山々の風景を楽しむのも良いでしょう。

湖の周りの、他のエリアへの移動手段である遊覧船「ミーヤ丸」もあります。この船に乗船して水上から紅葉を楽しむのも、湖畔の公園ならではの楽しみ方です。

また、宮ヶ瀬湖畔エリア内を運行しているロードトレイン「ミーヤ号」で、園内をぐるりと回りながら、紅葉した木々を眺めるのも良いでしょう。

宮ヶ瀬ダムの公園について

#010 宮ヶ瀬ダム 紅葉

宮ヶ瀬湖といえば、迫力のあるダムの見学は外せません。宮ヶ瀬湖畔園地からも、遊覧船「ミーヤ丸」で行くことができます。

宮ヶ瀬ダムは高さ156メートル、長さ400メートルもある巨大なダムです。観光放流として毎週水曜 毎月第2日曜、第2、第4金曜に11時からと14時からの1日2回、水を流します。

高低差70メートルの人工の滝が出現し、見る人を圧倒させます。

また、ダムの周りには自然の滝「大沢の滝」などがあり、紅葉の季節には周りの木々の色づきがみられます。

ダムの周辺のあいかわ公園の中には、大型のアスレチック施設のある冒険の森があり、紅葉を眺めながら遊ぶことが出来ます。

森のわたり橋は、木々の茂る森の中を渡る49.2メートルのつり橋です。つり橋を渡りながら四方に見える紅葉した森を楽しむのも良いですね。

まとめ

今回は宮ヶ瀬湖畔園地の紅葉について調べてみました。

横浜や川崎からもわりと近いのですが、自然がいっぱいで、遊ぶところや楽しむところがたくさんあるところです。

とくに、紅葉の時期には、色づいた山々を眺めに、また写真を撮りに、たくさんの観光客が訪れます。

一年で一番、山が鮮やかに色づくこの季節に、ぜひ、宮ヶ瀬湖畔園地や宮ヶ瀬湖で紅葉を楽しんでみて下さいね。

スポンサーリンク

おススメ記事