運動会のお弁当に入れるおすすめの野菜のおかずレシピ4選

運動会のお弁当

運動会のお弁当に入れる野菜のおかずについて、何をいれたらいいか悩んでいませんか?

例えば、きんぴらや筑前煮はおいしいけど茶色が多くなってしまったり、汁がこぼれてしまう原因になってしまったりするので、避けたいなと考えることがあると思います。

でもそうするとブロッコリーやミニトマトに彩りを頼るしかなくなって、いつも同じようなお弁当になってしまいがちで、悩んでいるのではないでしょうか?

そこで今回は、運動会のお弁当に入れる野菜のおかずにお悩みの方のために、彩りがよくおいしいおすすめのおかずをご紹介します。

スポンサーリンク

運動会の野菜のおかず1 ジャーマンかぼちゃ

 まずおすすめするのが「ジャーマンかぼちゃ」です。

ジャーマンポテトは作ったことがあっても、ジャーマンかぼちゃは意外と作ったことがないのではないでしょうか?色が黄色できれいですし、子供の好きなウインナーが入っているので、喜ばれます。

料はかぼちゃ、ウインナー、玉ねぎがあればできてしまいます。ウインナーをベーコンにしたり、ピーマンや人参を入れたりすると、彩りがよくなります。

作り方は材料を一口大に切ります。かぼちゃは電子レンジで加熱して火を通しておきます。かぼちゃ以外の材料を炒めて、火が通ったらかぼちゃをいれます。

味付けはハーブソルトとパルメザンチーズをいれれば完成です。パルメザンチーズがないときはマヨネーズでもおいしくできますよ!

お弁当に入れるときに、少しずつ小分けしてカップに入れると、見た目がキレイで食べやすいです。

ほっくり甘い! カリカリベーコンの ジャーマン パンプキン のレシピ 作り方

こちらの動画ではジャーマンかぼちゃの具体的な作り方について解説されています。

手早く簡単に作れるのでぜひ試してみてください。

運動会の野菜のおかず2 野菜のフライ

次におすすめするのは「野菜のフライ」です。作り方はトンカツを作るときと同じで、好きな野菜にパン粉をつけて揚げるだけです。

フライにすると茶色くなってしまうので、盛り付けのときにカットしてから盛り付けるか、パン粉を薄めにつけるのがおすすめです。

特にミニトマトなどはカットするのに向かないので、パン粉が薄いほうがキレイです。

パン粉を薄くつけるポイントは、パン粉の前の小麦粉と卵につける作業にあります。

卵が具材にたくさんつくとパン粉が多くついてしまうので、卵に水を混ぜて具材に薄く卵がつくようにすると、自然とパン粉も薄くなります。

意外となんでもフライにしてみるとおいしくできます。なすやかぼちゃ、れんこん、キノコもおいしいですし、キャベツのフライもおすすめです。

かぼちゃなどの固い野菜は先に火を通しておくと簡単です。お弁当にフライを入れる予定がある方は、ついでに野菜のフライもいれてみてはいかがでしょうか?

【レシピ】卵とカラフル野菜の肉巻きフライの作り方

こちらの動画では、ひと手間加えて卵と肉巻きでフライを作っています。

卵もお肉もお子様が喜びそうな物なので、少しひと手間加えて喜んでもらうとよいですね。運動会でお弁当を広げた時にお友達に自慢できるでしょう。

スポンサーリンク

運動会の野菜のおかず3 ピクルス

それから彩りがとてもキレイで、箸休めになるのが「ピクルス」です。ハンバーガーに入っている色のくすんだきゅうりではありません。

自分で前日に漬けるだけの簡単なピクルスです。きゅうりや人参、大根、ミニトマト、ラディッシュなどが定番ですが、玉ねぎやパプリカも色がきれいなのでおすすめです。

きゅうりやラディッシュは皮を少しずつむいてから漬けると、見た目が華やかになります。

漬けるのが面倒に思うかもしれませんが、ミツカンの「かんたん酢」があれば本当に簡単です。切った野菜をジップロックに入れて、かんたん酢を入れるだけです。

あとは一晩置いておけば、美味しいピクルスができています。持っていくときに瓶に入れていくと、見た目がおしゃれで汁もれの不安も防げます。

瓶で持っていく人は、最初から瓶で漬けるとそのまま持っていけるのでもっと簡単ですね!瓶で漬ける場合は煮沸消毒してから漬けてくださいね!

簡単!冬大根のフレッシュピクルスの作り方【ミツカン公式】

この動画は、ミツカン公式の動画でカンタン酢を使ったピクルスの作り方について解説されています。

運動会の野菜のおかず4 野菜の塩麹和え

 最後におすすめするのは「野菜の塩麹和え」です。塩麹は発酵食品なので、食材を傷みにくくしてくれます。

お弁当には嬉しい調味料ですよね!そして万能調味料なので、味付けは塩麹だけでも十分おいしくできあがります。

そんな塩麹を炒めた野菜と和えるだけで、野菜の塩麹和えは完成です。おすすめは人参とほうれん草などの二色の野菜使いです。

先に人参を炒めて、火が通った頃にほうれん草をさっと炒めるだけです。炒めすぎると野菜の色が悪くなってしまうので、炒め過ぎないように気をつけてくださいね!

ちょっとさみしいなと思ったら、お肉を一緒に炒めたり、塩麹を入れた卵でとじたりしてもおいしいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、運動会のお弁当に入れる野菜のおかずをいくつかご紹介しました。

野菜のおかずは彩りがキレイでお弁当には欠かせない材料です。

茶色くなくて、汁もれの不安のないおすすめのおかずは「ジャーマンかぼちゃ」です。黄色で見た目がキレイで、子供の大好きな味です。

それから「野菜のフライ」「ピクルス」「野菜の塩麹和え」もおすすめです。

野菜のフライは本当になんでもおいしいので、お弁当に入れなかった野菜や、足りない色の野菜で作ることができて便利です。

ピクルスは箸休めになりますし、瓶で持っていけばとってもおしゃれです。野菜の塩麹和えは傷みにくくて安心で、簡単にできますよ!

運動会のお弁当に入れる野菜のおかずでお悩みの方は、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

おススメ記事