トイレの黒ずみが落ちない?取れない?塩素系漂白剤を使った落とし方

いつの間にかできてしまったトイレの黒ずみ。どんなにゴシゴシこすっても落ちないトイレの黒ずみ。格闘し続けることに疲れ切って、もう諦めていませんか?

少し薄くなったかな?と思っても、またすぐトイレに黒ずみができてきて、らうんざりしますよね?

そこで今回は、しつこいトイレの黒ずみにお困りの方に綺麗さっぱり掃除する方法と、さらに黒ずみができにくいように予防する方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

トイレの黒ずみの原因とは?

トイレの黒ずとは一体何なのかと言うと、実は頑固なトイレの黒ずみの場合、その正体は多くの場合「カビ」です。

カビは、トイレ内の雑菌などを栄養にして繁殖します。

普段は見えない程度に存在している「カビ」達が、「ホコリ」や「水垢」と複雑に絡み合って、目に見える黒ずみとして現れてくるのです。複雑な汚れだから、簡単には落ちてくれません。

とはいえ、カビはこまめにお掃除をしているトイレには現れません。一見、トイレが汚れていないよう見えると、忙しいとき等は特にお掃除をさぼってしまいがちですよね。

でも、一見キレイそうに見えるトイレても、実は雑菌が潜んでいます。

ですので、まずは掃除をこまめにしてカビの栄養源である、雑菌を減らし、カビを増やさないことが、トイレの黒ずみ対策には効果的です。

トイレの黒ずみを塩素系漂白剤で掃除する方法

トイレの黒ずみの落とし方で効果的なのは、塩素系漂泊剤を使う方法です。

すでに試したけど、全然落ちなかったよ!という方もいるかもしれませんね。

例えば、トイレに水がたまったまま洗剤をつけてゴシゴシしても、洗剤の効果が水で薄まってしまうので、どうしても効き目が弱くなってしまいます。

そこで、乾いた状態で塩素系漂白剤を付けることがポイントです。

トイレ黒住の落とし方については、その様子を解説している、分かりやすい動画がありますので、参考までにご覧ください。

【トイレ掃除】コレで完璧!トイレの黒ずみの落とし方!やすりやたわしで削るのは逆効果!知ってよかった雑学 嘘のような雑学

次に具体的な掃除方法をお伝えしていきます。

塩素系漂白剤の掃除法

トイレの黒ずみで一番黒ずみやすいのが、便器の中の水溜まりの縁ですよね。先ほどもお伝えしたように、乾いた状態で塩素系漂白剤を付けると効果的です。

ですが、水がたまっていると濡れてしまいますよね、なのでまずは水たまりの水位を下げる事が大切になってきます。

そこで、まずはバケツなどに水を溜めて一気にトイレに流してみましょう。すると水位がさがっていきます。

いまいち水位が下がらない場合は、直生紙コップなどですくいだしてください。紙コップが嫌な方は、灯油のポンプなどを使ってバケツに水を酌むとよいでしょう。

水位を下げたら、次に乾いたぞうきんなどで水分を拭き取ります。そしてなるべく乾いている状態にしましょう。

それが終わったら、いよいよトイレの黒ずみに塩素系漂白剤をかけます。ただ塩素系漂白剤をかけただけでは、液が垂れてしまって、黒ずみに留まってくれません。そうなると効果が半減してしまいます。

そこで、黒ずみ全体にトイレットペーパーをかけ、その上に塩素系の洗剤をまんべんなくまきましょう。トイレの黒ずみに塩素パックをするイメージですね。

すると、トイレの黒ずみに塩素系漂白剤が留まってくれます

そのまま数時間から一晩放置します。放置した後、水を流すと多くの場合キレイに落ちます。

出かける前や寝る前に準備しておくといいですね!ただし塩素系の洗剤なので換気を忘れずにすることと、酸性の洗剤と併用しないように気をつけてください。

スポンサーリンク

トイレの黒ずみを予防する方法

さて頑張ってキレイになったトイレ、もう二度と同じ苦労はしたくないですよね?最初に説明しましたが、予防する方法は「こまめに掃除する」ことです。

でもそれが大変だからトイレの黒ずみと出会ってしまったわけですよね。

そこで、簡単にトイレの黒ずみを予防する方法として、ホームセンターなどで売られている、市販の洗剤をフル活用してできるだけ楽に予防しましょう。

例えば、すでに使っている方も多いかと思いますが、あなどれないのがトイレのタンク内に入れたり、上に置いたりできる置型の洗浄剤です。

入れるだけ、置くだけであとはトイレを使うたびに勝手に洗浄してくれるのでかなり楽です。

他にもおすすめなのはスタンプクリーナーです。

トイレ掃除のあとにトイレ内にポンッとスタンプするだけなのでこちらも簡単です。

こちらと置型の洗浄剤を併用すると、洗浄力が上がりますし意外と香りも強いので、トイレの臭いが気になる方にもおすすめです。

とはいえ、掃除に勝る予防法はないので、洗剤をかけるだけ、ぱぱっとこするだけでもいいので掃除の頻度を増やせるとよりいいですね。

まとめ

さて気になるトイレの黒ずみ対策についてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。

カビなどが原因でできてしまうトイレの黒ずみをできないようにするには、こまめな掃除が大切です。

残念ながらできてしまっても、塩素パックや耐水ペーパーで根気強く頑張ることでキレイにすることができます。

キレイになったら置型洗浄剤や、スタンプクリーナーなど市販品を活用してカビが増えにくいトイレにしていきましょう。お掃除するのも忘れずに。

どうしても消えないトイレの黒ずみにお困りの方はぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

おススメ記事