クッションフロアの汚れが落ちない?しつこい汚れの落とし方

あなたは今、ご自宅のクッションフロアの汚れについて悩んでいませんか?

毎日掃除しているのに、いつの間にか黒ずんできていたりしませんか?それだけではなく、汚れに気づいたときには頑固な汚れになっていて、なかなか落ちずに困っているのではないでしょうか?

そこで今回は、クッションフロアの汚れの落とし方とワックスのかけ方をお伝えします。

スポンサーリンク

クッションフロアの汚れの原因とは?

そもそもクッションフロアについた汚れってなんなのかというと、皮脂汚れやホコリなどが原因です。設置している場所がキッチンなら油やこぼしてしまった調味料などでも汚れます。

脱衣所やリビングでは足の裏の皮脂汚れや手垢がつくことで、ホコリをクッションフロアに吸着させてしまっているということです。裸足で家の中を歩くだけで、クッションフロアは汚れでしまうものなのです。

そしてへこんでしまった部分や、目地などに汚れがたまることで、なかなか落ちない頑固な汚れになってしまいます。

クッションフロアの汚れの落とし方

ではクッションフロアの汚れは何で落ちるのかというと、住宅用の洗剤で落とすことができます。食器用洗剤でもマジックリンの中性でも落ちます。

「かんたんマイペット」などの二度拭き不要のものを選ぶと、拭き残りがあっても安心です。

汚れの落とし方ですが、住宅用洗剤を直接床にスプレーして拭いてもいいですし、バケツに入れた水で薄めて雑巾をつけて拭いてもよく落ちます。

クッションフロアーの汚れの落とし方については、その様子を解説している、分かりやすい動画がありますので、参考までにご覧ください。

床の汚れを簡単に落とす方法〜クッションフロアの場合〜

動画で使われていた洗剤はこちらです。↓

オイルバスター550m

動画のようにクッションフロアの汚れを洗剤を使って落とすと、ワックスまで剥がれてしまいます。床のワックスに関しては次の記事を参考にして下さい。

クッションフロアの汚れを重曹で落とす方法

もっとも手軽にクッションフロアの汚れを落とすには、重曹が効果的です。メラミンスポンジと一緒に使うとさらに効果的です。

なぜ重曹で落ちるのかというと、手垢や皮脂汚れは酸性の汚れになるので、アルカリ性の重曹でよく落とすことができるということです。

重曹での掃除の仕方は、まず水1ℓに大さじ1杯の重曹をいれて重曹水を作ります。

スプレーボトルに移しておくと使いやすいです。30℃くらいのぬるめのお湯で作ると溶けやすいです。

早く溶かそうとして、65℃以上の熱湯で作ってしまうとアルカリ成分が強くなってしまい、手荒れの原因になってしまうことがあります。熱湯では作らないように注意してください。

重曹スプレーができたら、住宅用洗剤と同じように汚れに吹きかけて雑巾で拭きます。

それでも落ちない場合は円を描くようにぐるぐる拭いてみると落ちることがあります。キレイになったら最後にもう一度水拭きで仕上げれば完了です。

重曹はよく汚れを落としてくれますが、同時にワックスを落としてしまうことがあるので、どうしても落ちない汚れにおすすめです。

スポンサーリンク

クッションフロアのガンコな汚れの落とし方

重曹を使ってもなかなか落ちない汚れがありますよね。そんな時はスチームクリーナーを使うと効果的です。

まずは、こちらの動画をご覧ください。スチームクリーナーで床の汚れを落とす様子が分かります。

床の油とホコリの汚れもアッと言う間!

スチームクリーナー高温のスチームで汚れを浮かせて落とす働きがあります。ケルヒャーの「スチームクリーナー」などの商品があります。

スチームクリーナーのいいところは高温で拭き取ることで、殺菌消毒にもなることと、洗剤を使用しないので安全だということです。

ペットや小さいお子さんがいるご家庭でも安心して使うことができます。そしてケルヒャーのスチームクリーナーは先端部分を変えれば、窓やキッチンでも利用できるので、一台あると家じゅうあちこと掃除することができます。

クッションフロアは、ワックスをかけても大丈夫?

床の汚れを落としたらしないといけない事があります。それは、ワックスがけです。洗剤や拭き掃除をする事でワックスが剥がれてしまうので、ワックスをかける必要がでてきます。

でも、クッションフロアにワックスをかけても大丈夫なのでしょうか?

フローリングの床には定期的にワックスをかけることを知っていても、クッションフロアにワックスってかけるものなのか心配になる方もいると思います。

結論からいうと、クッションフロアにワックスをかけても大丈夫です。

大丈夫どころかむしろかけてください。ワックスをかけることで、床の上に膜ができるので汚れをつきにくくしてくれますし、ついた汚れも落としやすくなります。

見た目にもつやが出てキレイになりますし、へこんでしまった部分にもワックスが入り込むことで汚れが入り込むのを防いでくれます。

ではどんなワックスをかければいいのかというと、樹脂ワックスがおすすめです。

リンレイの「床用樹脂ワックスオール」はドラッグストアやホームセンターで購入できます。なぜ樹脂ワックスがおすすめなのかというと、水性や油性よりも滑りにくく、耐久性が高いからです。

水性ワックスの方が見た目はピカピカになりますが、滑る危険がありますし、耐久性も2~3か月しかありません。樹脂ワックスの耐久性は半年ですので、何度も塗る手間を省くことができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回クッションフロアをキレイにする事についてお話しました。

クッションフロアについた黒ずみをキレイにするには、まずは中性洗剤を使って拭きましょうということです。

しつこい汚れを落とすには重曹が効果的です。キレイになったら樹脂ワックスをかけておくことが大切です。

そうする事で、クッションフロアの汚れを防いで、さらについた汚れも落としやすくなります。

クッションフロアの汚れをキレイにしたいとお悩みの方は、是非試してみて下さいね。

スポンサーリンク

おススメ記事