駿河東海道おんぱく2019の開催日程とお勧めプログラム4選!

静岡と聞いて思い浮かべるのは、富士山や伊豆などの観光地ではないでしょうか?

東西に広い静岡ですが、さほど有名なものがないようにも思います。

しかし、駿河 東海道おんぱく2019では、静岡市を中心とし、新しい魅力をお届けします。

実は静岡は、歴史深い場所があったり、おいしいお茶やお寿司があったり、ヨットやスノーケリングが体験できたり、さまざまなことができる土地なんです。

ここでは、そんな貴重な体験ができる静岡の「駿河東海道おんぱく2019」について紹介していきます。

駿河東海道おんぱく2019意味とは?

次の動画は静岡市の広報さんの駿河東海道おんぱく2018の為に作成された動画です。駿河東海道おんぱくがどの様なものが分かるので、参考までにごらんください。

駿河東海道おんぱく2018

「おんぱく」は、もともとは大分県別府市ではじまった、温泉泊覧会でした。

今では温泉地に限らず、全国各地で「おんぱく手法」が取り入れられています。一定の期間に小規模のイベントをいくつも開催する形式がおんぱく手法です。

静岡での「おんぱく」のコンセプトは、「駿河 東海道 温故知新博覧会」です。

場所は、蒲原から丸子まで、6つの宿場エリアを中心とした市内各所で、「つくる・たべる・まなぶ・あそぶ・みがく」を楽しむことができます。

静岡のまちを舞台とした、この土地ならではの、グルメ、文化、技、自然などを体験できるプログラムが、全58プログラム開催されます。

古代から現代に至るまで、東海道では、ヒト・モノの多様な交流がはぐくまれ、さまざまな暮らしが営まれてきました。

そこに、今ある「暮らし」「歴史」「食」などの地域資源の魅力を掘り起こして、それを新しい視点で磨き上げ、体験・交流型プログラムを作り上げます。

それを一体的にPRしていくのが「駿河 東海道おんぱく2019」です。

駿河東海道おんぱく2019の開催日程

開催日程

2019年2月2日(土)から3月24日(日)までの51日間

料金

金額はプログラムによって異なります。

1,500円程度から100,000円程度まで、プログラムによってさまざまです。

例えば、お茶の飲み比べとスイーツで2,500円、ランチ付き陶芸体験で6,250円、和装写真撮影で90,000円など。

参加方法

Webでの事前予約が必要となります。

2018年12月18日(火)10:00から受け付け開始

公式WEBサイト(https://womo.jp/feature/tokaido-onpaku

問い合わせ先

  • 主催者:東海道歴史街道刊行推進協議会
  • 協力:静岡市
  • 運営事務局名:駿河 東海道おんばく事務局
  • 事務局の住所:〒422-0853 静岡市葵区追手町3-11 静岡信用金庫追手町ビル2階 株式会社しずおかオンライン
  • TEL:080-4840-5946
  • MAIL:suruga.tokaido.onpaku@gmail.com

駿河東海道おんぱく2019のオススメプログラム4選

おすすめプログラム1 ガイアフロー静岡蒸溜所の見学ツアー

ガイアフロー静岡蒸溜所 見学ツアー

「見て、触って、飲んで」楽しめる、ウイスキーを身近に感じる見学ツアーです。

地元の木材を使用している建物で醸される、ウイスキー造りを見学することができます。

さまざまな設備を間近に見て、オクシズで育てられたウイスキーの奥深さを見つけてください。蒸留機を見ることができるガラス張りの試飲室では、全部で4種類の、できたての原酒や、世界の珍しいウイスキーなどが楽しめます。

開催日は2019年3月8日(金)で、14:00から15:50まで開催されます。参加費は、蒸溜所見学と試飲4種を合わせて3000円です。

おすすめプログラム2 駿河のまちを望むふわふわ熱気球体験!

藤枝おんぱく2018…『ふわふわ熱気球体験!』

熱気球でのフライトを体験することができるプログラムです。ロープで気球を固定して行う係留フライトなので、風に流されることなく、安定した浮遊感を楽しむことができます。

上空から見る、朝の富士山の美しさをぜひ体験してみませんか?なかなかできない気球体験を、ぜひ体験してみてください。感動すること間違いありません。

開催日は2019年3月10日(日)で、朝の6:00から8:00まで開催されます。

場所は三保ハーバルキャンプ場で、参加費は2000円、小学生以下は1000円で体験することができます。

おすすめプログラム3 駿府城公園で和装ロケーション撮影orスタジオで十二単・冠位束帯撮影

徳川家康ゆかりの地、駿府城公園にて、和装のロケ撮影ができます。もしくは、十二単・冠位束帯写真を新元号の記念に撮影しませんか?

小物類やヘアメイクもセットに含まれていて、ロケプランは全データを、十二単・冠位束帯プランは十二単の六切サイズの写真をプレゼントします。

歴史に浸りたい方や、和装をしてみたい方、普段はできない体験をしてみませんか。

開催日は2019年2月2日(土)から3月24日(日)の10:00から17:00まで開催されます。参加費は平日だと88000円、土日祝日はプラス10000円で体験することができます。

おすすめプログラム4 その他のプログラム

「親子でSUP体験!春の駿府城公園お堀クルージング」

このプログラムは、駿府城公園のお堀を、親子でスタンドアップパドルボードに乗って体験ができます。

駿府城公園のお堀は、普段は入ることができないので、貴重な体験になることでしょう。

御朱印ガール入門!パワースポット静岡浅間神社と界隈ぶら歩きツアー

このプログラムは、県下屈指のパワースポットでもある、静岡浅間神社を神主さんが案内してくれ、商店街スイーツも体験できます。御朱印初心者の方でも安心して楽しめるプログラムです。

とれたてピチピチ!しずまえ料理を堪能しよう

このプログラムは、人宿町に店を構えて40年の寿司屋が、しずまえ鮮魚を味わえるコースでおもてなしします。しずまえ鮮魚の美味しさを知ってもらえる6品に、1000円で飲み放題も追加できます。とれたて鮮魚の美味しさを堪能してください。

最高級本枯節を手削りで削る!朝いっぱいのお味噌汁で最高の贅沢を

このプログラムでは、プロの料理人が認めた最高級本枯節を、手削り器を使って削り、天然だし取りと、だし料理をだしのプロが伝えます。

朝の味噌汁を、手削りした本枯節で作って食べる、贅沢な時間を堪能できます。

その他にも、「つくる・たべる・まなぶ・あそぶ・みがく」を楽しむプログラムが盛りだくさんです。

プログラムの詳細は公式サイトに記載されています。

公式WEBサイト(https://womo.jp/feature/tokaido-onpaku

まとめ

今回は「駿河 東海道おんぱく2019」についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

51日間の日程で、全58のプログラムが用意されているので、あなたに合ったプログラムや、体験してみたいプログラムが必ずあるかと思います。

今まで知らなかった静岡の魅力を、「駿河 東海道おんぱく2019」を通じて、ぜひあなた自身で発見してみませんか?

おススメ記事