お風呂の黒カビの掃除方法。黒カビの正体と効果的な対策法とは?

お風呂をよく見てみると気が付かないうちに、あちこち水垢や黒カビが生えてきてしまっていてビックリ!!なんて体験したことありませんか?

お風呂の黒カビが増えるのはジメジメした梅雨の時期です。

気が付かないまま放置したお風呂の黒カビはどんどん広がり、更に根深くそこにとどまります。

ブラシでゴシゴシ磨いても、なかなか落ちないのがお風呂の黒カビです。

やっとの思いできれいになったお風呂の黒カビ、気が付くとまたすぐに黒くなっている。

とってもとってもすぐに繁殖してしまうお風呂の黒カビにはうんざりですね。

そんな時、簡単にお風呂の黒カビを除去することができたら、お掃除が楽になるのにな・・・

そんな風に思ったことはありませんか?

そこで今回は、お風呂に黒カビが生えてしまったけど、黒カビのとり方が分からなくて困っている人の為に、黒カビの正体とその除去方法をお伝えします。

お風呂の黒カビはなぜ生えるの?その正体は?

お風呂の黒カビの正体、それはクラドスポリウムという真菌です。

空気中には100種類以上の真菌が漂っているといわれていますが、その中でも存在割合が高いのがクラドスポリウム属の真菌なのです。

この真菌は湿気の多いところを好む好湿性真菌の仲間で、湿気のこもりやすいお風呂場や結露の出やすい窓のサッシや壁、台所の流し周辺やエアコンなどに生息しやすいと言われています。

また、この真菌はタンパク質・アミノ酸・脂肪などを栄養にして胞子を広げていくので、特にお風呂場は、洗い流された身体の汚れや、石鹸かすなどによる栄養の宝庫となり、黒カビが繁殖しやすくなります。

さらに、お風呂場の湿気や湿度は、黒カビが育つのに適した好条件の場所となりますので、どんどん胞子を広げ根深く繁殖していくのです。

お風呂場で黒カビが繁殖しやすいのは、タイルの目地やシャワーホースのゴム、ドアのパッキン、天井、石鹸カスが飛び散りやすい壁や床の隅などです。

あっという間に増殖してしまう黒カビですが、カビ毒を発生することはありません。

しかし、アレルギーや喘息などの原因にもなるといわれていますので、健康の為にも、見つけたら早めの対処が必須です。

お風呂の黒カビの掃除方法は?

お風呂の黒カビは汚れではありません。黒カビは生物なので、ただ汚れているだけではなく、生きて繁殖し続けています。そこでまずは、黒カビを死滅させる必要があります。

お風呂の黒カビの掃除方法

お風呂の黒カビは、25℃前後の温度が最も活発に繁殖できる温度です。

しかし、低温にも強く25℃以下でも死滅することはありません。

逆に、黒カビは高温が苦手です。そのため、50℃以上の熱いお湯を5秒以上かけ続ければ表面にいる黒カビは死滅します。

また、ゴムパッキンやタイルの目地などに生息しているお風呂の黒カビはすでに長く根を張っている場合が多いのです。

そのため根の奥まで熱を通すために、90秒以上熱いお湯をかけ続けるようにしましょう。

お湯をかけるときには、シャワーなどを使い、火傷に気を付けて行いましょう。

黒カビが死滅した後に、しっかりと除去していきます。

自分で作れる、黒カビ用の洗剤の作り方

お風呂の黒カビを掃除するには、薬剤を手作りすることもできます。

塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)と片栗粉を同量混ぜて練り込み、黒カビ部分にしっかりと塗りつけます。

5分ほど置いたら、ウエットティッシュなどでふき取ります。

洗い流せるところはその後しっかりと洗い流します。

市販のカビとり薬剤も、手作り薬剤も必ずマスクと手袋をしてください。

その際換気も忘れずに行うようにしてくださいね。

天井などの手の届かない黒カビの掃除方法

天井のような、熱湯もカビとり薬剤も届かないような場所は、クイックルワイパーなどにキッチンペーパーを付けて、消毒用のアルコールや消毒用のエタノールをしみこませたもので、拭くようにしましょう。

消毒用アルコールや消毒用エタノールは殺菌効果がありますので、カビのタンパク質を分解してくれます。但し、漂白効果はないので根をはったゴムパッキンなどの色は変わりません。

お風呂の黒カビの掃除でやってはいけない事は?

お風呂の黒カビを除去する時にやってはいけない事があります。それは、こすって掃除する事です。

なぜなら、黒カビは汚れではなく真菌です。こすれば、パッキンなどにキズがつき、キズのついた所に菌がつきまた、新たに繁殖し、増殖し続けます。

除去する時には、カビとり専用の薬剤を黒カビ部分にスプレーしましょう。

指定の時間になったら、シャワーなどで流します。

それでもお風呂の黒カビがとれない時にはどうしたらいいの?

お風呂の黒カビを熱いお湯で死滅させたり、専用のカビ取り剤や塩素系漂白剤を塗りつけても取れないという場合は、プロのお風呂クリーニングにお願いするのも一つの手です。

金額はお掃除業者にもよりますが、1万円から3万円程でできます。

一旦きれいにしてもらえば、そこから黒カビが繁殖する前に50℃以上の熱湯を週に一度はかけるようにするとよいでしょう。

また、石鹸カスを残さないようにしたり、湿度を下げるため換気や除湿をするなどするとよいでしょう。

ゴムパッキンが綺麗にならないとか、シャワーホースだけ黒くなったままであれば、そこだけ新しいものに取り換えてしまうのも良いでしょう。

黒カビが落ちないものをそのままにしておくと、そこだけではなく他の部分にまで真菌の胞子がつき、あちこち黒カビが繁殖しやすくなってしましますのでご注意ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ついつい放っておいてしまう黒カビですが、黒カビが生えてしまってどうやってとったら良いのか分からない時には、まず黒カビとは一体どんな汚れなのか、その正体を知ることが大切です。

その上で、黒カビをどんなふうにとれば、簡単に除去でき、尚且つ再び繁殖しないように予防できるのかを知りましょう。

そして、どうしても取れない時には、どんな対処法があるのかも知っておけば、いざというときには困りません。悪化すると分かっているからこそ、そうなる前に対処しようと思えるようになります。

そうする事で、黒カビが生えてしまっても焦らずに除去することができ、黒カビ自体を繁殖させないようにすることができます。

お風呂に黒カビが生えてしまったけど、どうやってとったら良いのか分からない方は、是非、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です