床のベタつきを掃除したい人へ。スッキリ綺麗にする掃除方法とは?

床のベタつき掃除

あなたは今、家の床がベタついて、気持ち悪くて困っていませんか?

子供の食べこぼしや、飲みこぼしはキレイに拭いているのに、なぜかまだベタついているような気がしませんか?スリッパを履いているのに、なぜベタつくのか不思議に思っていませんか?

特にキッチン周りの床はベタついていて、困っていませんか?

床がベタついていると、なんだか部屋の居心地が悪く感じてしまっているのではないでしょうか。

そこで今回は、床のベタつきにお悩みの方の為に、キレイに掃除する方法をお伝えします。

床のベタつき汚れ、原因は何?

そもそもなぜ床がベタついてしまうのかというと、皮脂汚れや、油汚れ、ワックスなどが原因です。

皮脂汚れは裸足で床を歩くことで、足の裏の汚れが床についてしまいます。小さなお子さんのいるご家庭では、普通についてしまう汚れです。靴下で過ごしていても安心できません。

靴下にしみた汗などの汚れで、床は汚れてしまいます。さらにスリッパなら大丈夫というわけでもありません。スリッパで家中歩いていれば、家中の汚れをあちこちに運んでしまう原因にもなります。

キッチンの油汚れを踏んで、そのままリビングを歩きまわればリビングにもキッチンの汚れが移動します。

スリッパの裏を拭くようにするか、キッチンだけでも別のスリッパにすると汚れにくくなります。

油汚れは主にキッチンの床についてしまいます。

料理中に意外と広範囲まで飛んでいますし、こぼしてしまうこともあると思います。

こぼしてしまったときは、早めにキレイに拭いておくと踏む心配がありません。そのままにしておくと、しつこい汚れになって落ちにくくなってしまうので早めの掃除がポイントです。

他にもリビングで焼肉やお好み焼きなどをすると、リビングの床にも油が飛び散ってしまいます。

先に新聞紙を敷いておくと、防げますが少し味気なくなってしまいます。そこで洗えるレジャーシートなどを敷いておくと、BBQ気分で楽しむことができます。

終わったら洗濯すればいいので、後片付けも簡単です。

それから床をキレイに保ってくれるワックスもベタつきの原因となってしまうことがあります。

ワックスは古くなってくると、剥がれてきます。剥がれてくるとベタつきの原因になり、放置すると余計にベタついてしまいます。

半年に一回はワックスを塗ったほうが、床をキレイに保つためにもおすすめです。

床のベタつき汚れをとるのに便利なアイテム

まずおすすめする、床のベタつきの掃除アイテムは、クイックルの「立体吸着ウエットシート」です。専用の本体に簡単に装着できます。

床のホコリもゴミも、ハウスダストや花粉も全部キレイにとることができます。面倒な雑巾がけが立ったままできて、モップよりも簡単なので楽にキレイになります。

しかも仕上がりがさらさらで、ベタつかないのがおすすめポイントです。

次におすすめする床のベタつきの掃除アイテムは、「コードレス回転モップクリーナー」です。コンビニなどの床掃除で、お掃除のプロが、パッドがぐるぐる回る機械で床を磨いているのを見たことありませんか?

あれが家でできたらすごいですよね?

それができるのが回転モップクリーナーです。

二つ横並びのパッド部分が回転して、床をキレイに拭いて掃除してくれます。

水で濡らして装着もできますし、乾拭きも掃除できます。パッド部分は洗えるので、繰り返し何度でも使えるのが嬉しいですね!

コードレスで家中どこへでも簡単に持ち運びできて、持ち手を短くすれば窓拭きにも使えます。

床のベタつきを取る方法

床のベタつきの掃除方法は、まずは重曹水スプレーを作ります。

スプレーボトルに水500mlと大さじ1杯の重曹を入れて、溶かすだけで完成です。

ぬるま湯のほうが重曹はよく溶けます。

お湯の温度が熱すぎると、アルカリ成分が強くなりすぎてしまうので、手で触れないような熱湯で溶かすことはやめましょう。

そして重曹は床を傷つけてしまうことがあります。

先に目立たない部分で試してみることをおすすめします。重曹水スプレーが完成したら、雑巾に吹きかけて床を拭くだけです。

簡単にベタつき汚れが落ちて、さらさらの床になります。ゴシゴシこすりすぎると、床を傷つけてしまうことがあります。力は入れすぎないように注意して掃除しましょう。

しつこい床のベタつき汚れを取る方法

どうしても落ちないしつこい汚れを落とす場合どうすればよいのでしょうか?

そんな時におすすめするのが「お掃除ソムリエフロアークリーナー」です。

イオンの力で、汚れを強力分解してしつこい汚れまでしっかり落とすことができます。

さらに汚れがつくのを防いでくれる効果があるのも嬉しいですね!

汚れがしっかり落ちるのに、イオンの力で落としているので、床を傷めず、ペットがいるご家庭でも安心して使用することができます。

しつこい汚れからいつもの汚れまで、濃度を調整して使えます。どうしても落ちないベタつきにお困りの方は試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、床のベタつき汚れをキレイに掃除する方法についてお話しました。

床のベタつきの原因は、皮脂汚れ、油汚れ、古くなったワックスなどがあります。皮脂汚れや油汚れはひどくなる前にキレイに掃除することが大切です。

どうしても落ちない汚れには重曹や洗剤を使いましょう。そして古くなったワックスがベタつきの原因になるので、半年に一回は塗り直しましょう。

キッチンだけ別のスリッパにするとか、焼肉の時はテーブルの下にレジャーシートを敷けば、汚れがつくのを防ぐことができます。

床のベタつき汚れにお困りの方は、是非試してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です