チェンマイ花祭り2019(フラワーフェスティバル)の日程と見所3選

チェンマイでは、2月の花祭りがとても有名です。

花祭りと聞いて、ただちょっと大きな花畑を見るだけなんじゃないの?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はこの「チェンマイ花祭り」、花の美しさはさることながら、他にも楽しめるポイントが沢山あるんです!

そこで、今回はチェンマイ花祭りの日程・開催日時や混雑状況、プログラムや見所などについてお伝えします。

チェンマイ花祭り2019の日程は?

タイ北部の古都チェンマイにて毎年2月の始めに行われる大イベントです

チェンマイはその美しさから「北方のバラ」や、格式高い寺院と自然が上手く調和されているところから「タイの京都」とも呼ばれています。

普段の観光だけでもかなり魅力的な場所ですが、そこに年に一度のお祭りが加わるのですから、楽しめること請け合いですね。

そのお祭りのメインイベントは何と言っても、フラワーフロート(沢山の花で彩られた山車)のパレードです。

生花を使った色とりどり山車が美しく、その他にもフードフェアやOTOP(一村一品)の展示、ミュージック演奏など沢山の楽しい催しがあります。

なお、イベントはチェンマイ中心のブアックハット公園やターペー門で行われます。

チェンマイ花祭りの開催日時

今年は2月1日(金)~3日(日)の3日間で開催されます。

チェンマイ花祭り2019アクセスは?

2019年現在は、日本からチェンマイの直行便はありませんので、日本→バンコク→チェンマイという経路が一般的です。

チェンマイ空港から中心街へは下記の3種類の行き方があります。

空港タクシー(Airport Taxi)

タクシーの受付は到着ロビーを出てすぐにあり、デカデカと「Taxi」と書いてあります。

定額料金なのでぼったくられる心配がなく、旅行者の方も安心です。

エアポートシャトルバス

大型のマイクロバスで、運転手に自分が行くホテル名を告げて乗車します。

運賃は1人40バーツ(140円くらい)ですが乗客が8人集まるまで出発しないため、待つ事もあります。

また、他の人のホテルにも行くので、自分の順番が後だとそこでも時間がとられてしまいます。

ですが、家族旅行や大人数の旅行ならシャトルバスは良い選択になるのではないでしょうか。

スマートバス

2018年4月から導入されたチェンマイ空港を起点として市街地中心部を循環するバスです。

運賃はなんと!たった20バーツ(70円くらい)!

乗り方さえ分かれば、お得に移動できますね。

チェンマイ花祭り2019の混雑は?

地元のタイ人の方はもちろん海外からの観光客も多く、パレード見学中は混雑が予想されます。まず南国ですので、熱中症予防のためにも飲み水は準備しておきましょう。

また帽子も持っていったらなお良いですね。またパレードを見学するならナワラット橋(パレードのスタート地点)の近くが比較的見学しやすく、写真撮影の良いポイントにもなっています

パレード行進の道すがらにはカフェなどもありますので、そこで涼みながらチェンマイカフェを堪能するのもまた一興かと思います。

チェンマイの花祭り2019のプログラム

2月1日(金)(1日目)

  • 09:00~24:00(ブアックハット公園、ターペー門)
    花の展示やガーデニングコンテストがあり、特産品販売もしています。またフードフェアも行われています。
  • 17:00 パフォーマンスやミュージックショー
  • 19:00 チェンマイ花祭りの開催式
  • 18:00~23:00 ミスフローラビューティコンテスト&ミスフローラインターナショナルビューティコンテスト

2月2日(土)(2日目)

  • 09:00~24:00(ブアックハット公園、ターペー門)
    花の展示やガーデニングコンテストがあり、特産品販売もしています。またフードフェアも行われています。
  • 08:00 ナワラット橋にてオープニング・セレモニーが行われ、ナワラット橋からフラワーフロートのパレードがスタートします。
  • 19:00 ターペー門にて入賞フラワーフロートの表彰式

2月3日(日) (3日目)

  • 09:00~24:00(ブアックハット公園、ターペー門)
    花の展示やガーデニングコンテストがあり、特産品販売もしています。またフードフェアも行われています。

なお、お祭りのスケジュールは、現地の事情により予告なく変更になる場合もあります。

またタイの方々は大変おおらかな性格をしていますので、予定が決まっていても時間通りに始まらないかもしれません。

慌ただしい生活は日本に置いて来て、旅行中はぜひタイのまったり文化を堪能しましょう。

 

チェンマイの花祭り2019の見所1 フラワーフロートのパレード

Thai ChiangmaiFlowerFestival2018  タイ チェンマイ花祭りパレード2018

見所は何と言っても、フラワーフロートのパレードです。

花は生花で色彩豊か!タイやチェンマイにしかない花の品種もあるようです。山車にこれでもかというくらい沢山の花を敷き詰めていきます。

何十もの山車が「創造性」「美しさ」「伝統文化」の三部門のコンテストで競い合っていきます。そして山車だけではなく、周りにいる民族衣装を着たタイ人の方々もとても美しいです。

衣装も華やかでエキゾチックで素敵ですが、お化粧もバッチリで本当に美人な方が多いです!チェンマイは実は美人が多い地らしいとのこと。

スパやマッサージもあるので、祭りの後はスパに行ってチェンマイ美人の恩恵に預かるのもいいですね。他にも学生のブラスバンドの子たちが楽器を吹きながら行進もしています。

パレードのルートはナワラット橋→ターペー門→ブアックハット公園までの約5キロです。

チェンマイの花祭りの見所2 山車

パレードが終わった後の山車はブアックハット公園に置いてあります。

パレードの時は人で混雑していて、なかなかじっくり見れなかった人はここでゆっくり花を堪能するのもいいでしょう。

他にも花の展示物が沢山あるので、ぜひポーズを決めてパシャパシャ写真を撮りまくりましょう!

えっ、ポーズなんて恥ずかしい?大丈夫です!タイ人は実は自取り写真が大好き、一人でもばっちりポーズを決めている人が周りに沢山いることでしょう。

良い思い出を写真にして残していきましょう。

チェンマイの花祭りの見所3 屋台

そして忘れてはいけないのが、お祭りと言えば屋台です。

南国の果物やタイのお菓子、おつまみ、日本では見られない料理がここでは安く手軽に買うことができます。

お祭りでさらに多くの屋台が集まってきていますからぜひ、この日を逃す手はないですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、タイのチェンマイ花祭りについてお話しました。

チェンマイ花祭りはとくかく豪華絢爛な花とそれが似合う美しいタイ人の方々が笑顔で出迎えてくれる素晴らしい祭典です。

まだタイに行ったことない方はもちろん、行ったことがある人もまた新たなタイの一面が見られるのではないでしょうか。ぜひ興味が湧いた方は行ってみて下さいね。

おススメ記事