けやき坂イルミネーション2018の期間は?行くなら見たい見所4選

けやき坂イルミネーション2018

11月上旬になるとイルミネーションのイロドリが美しくなる、六本木のけやき坂のイルミネーション。

そんな、けやき坂のイルミネーションは、ほとんどのスポットが入場無料で楽しめます。

点灯式にはいつも有名人が登場することもあり、毎年話題になっていますので、イルミネーションの時期には、ぜひ訪れたいスポットの1つです。

そこで今回は、けやき坂のイルミネーションの期間やアクセス、見所について詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

けやき坂のイルミネーションの期間や時間は?

まず最初に、そもそもけやき坂のイルミネーションはいったいつから始まるの?という疑問にお答えします。

開催期間は、2018年11月上旬〜12月25日(火)となっています。※現時点では、はっきりとした開始日は発表されていませんが、最終日はクリスマスの日までとなっています。

点灯時間の方はというと、17:00〜23:00となっています。

けやき坂イルミネーションについては、その様子を解説している、分かりやすい動画がありますので、まずはこちらをご覧ください。

Roppongi Keyakizaka Christmas Lights Timelapse 4K 六本木けやき坂イルミネーション 2015 タイムラプス

けやき坂イルミネーションのアクセス

つづて、けやき坂イルミネーションのアクセス方法についてお伝えします。

開催場所は、六本木けやき坂通りです。

公共交通機関

最寄り駅でいうと、各線の六本木駅からすぐです。日比谷線の六本木駅ですと、六本木ヒルズに直結していますので、一番わかりやすいでしょう。

麻布十番駅や乃木坂駅からも徒歩10分ほどで行くことができます。

自動車

首都高速飯倉出口から約10分で着きます。

けやき坂イルミネーションの見所4選

見所1 けやき坂のイルミネーション

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@toshizou02がシェアした投稿

けやき坂は約400mの通りで、それほど長い通りではないのですが、その通り沿いの街路樹約70本を約70万の灯で彩るので、まばゆいほどのイルミネーションツリーになります。

そして、けやき坂通りから眺める周囲のビルの明かりも美しいです。

ビルの中でも、ひときわ目を引くのが光り輝く東京タワー。やっぱり東京の夜景のシンボルとして東京タワーは外せません。

けやき坂通りの中央に位置するブリッジが、イルミネーションと東京タワーを一緒に撮影するのにちょうど良いスポットになります。

見所2 けやき坂のイルミネーションは赤色、青色、白色などが楽しめる

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

君平さん(@kunpeikun)がシェアした投稿

けやき坂のイルミネーションは、寒色系のSNOW(白)&BLUE(青)と暖色系(赤色系)のCANDLE(キャンドル色)&AMBER(琥珀色)で点灯します。

街路樹のイルミネーションのカラーが変わるのは、非常に珍しいですよね。

けやき坂のイルミネーションは毎時0分と30分から10分間だけ、暖色系のCANDLE&AMBERカラーに点灯します。

そして、その後20分間寒色系のSNOW&BLUEカラーに輝きます。

(点灯開始の17時だけは最初の5分間 SNOW&BLUE、その後5分間 CANDLE&AMBERに輝きます。)

いつもキラキラ青系に輝いている街路樹が赤系に輝くと、18時になった、18時半になった、19時になった、と時間をお知らせしてくれているみたいですよね。

また、イルミネーションを眺めていても30分に一回、CANDLE&AMBERに輝くレアな10分間は、思わず足を止めて赤いライトの点滅を見つめたくなります。

寒い冬空に、キャンドルの炎のような赤と夕暮れのような琥珀色を見ると、ホッとあったかい気分になれること間違いなし!

スポンサーリンク

見所3 六本木ヒルズのイルミネーション

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hirata naokoさん(@design_cook_daikanyama)がシェアした投稿

六本木ヒルズ内もこの時期にはイルミネ―ションが飾られます。

六本木ヒルズの玄関口である66プラザに、今年は、なんと高さ約10メートルの本物のもみの木を使ったクリスマスツリーが登場します!

また、六本木ヒルズの森タワー内、ウエストウォークにはニットをモチーフにした、触って座れるクリスマスツリーが飾られます。

他にも、ヒルズ内の広場ではクリスマスマーケットが開催されます。

ヨーロッパのクリスマスの伝統的なお菓子「シュト―レン」や「グリューワイン(ホットワイン)」なども楽しめます。

大使館なども多い六本木は、外国の方も多いので、海外でクリスマスを過ごしている気分が味わえますよ。

また、六本木ヒルズの52Fの屋内展望台東京シティビューからイルミネーションに輝く東京の夜を眺めるのも、特別な体験ですね。

屋上「スカイデッキ」も『星空のイルミネーション』が開催されます。

見所4 東京ミッドタウンのイルミネーション

[HD]東京ミッドタウン クリスマス イルミネーション 六本木/Tokyo Christmas Lights – Roppongi Tokyo Midtown/東京聖誕節燈飾

六本木けやき坂通りのある六本木ヒルズから、ほど近い距離にある東京ミッドタウンもこの季節はイルミネーションが素敵です。

今年(2018年)は11月13日から12月25日まで、クリスマスイベント『MIDTOWN CHRISTMAS 2018(ミッドタウンクリスマス)』を開催します。

ミッドタウン内にある2000平方メートルの芝生広場に、宇宙空間をイメージしたイルミネーションが飾られる「スターライトガーデン」がメインイベントです。

今年は、11月13日から12月16日までの期間限定で約100個の光るバルーン球体と、1日約45万個のシャボン玉が発生する「しゃぼん玉イルミネーション」が開催されます。

透明度の高い「クリスタルシャボン玉」と、はじけた瞬間にスモークになって消える「スモークシャボン玉」が光とともに広場を飾ります。

光るバルーンと、シャボン玉で、『星の誕生、輝き、爆発』という宇宙の姿を表現するのだそう。

まさに、デザインとアートをつなぐ街「六本木」らしいアーティスティックなイベントです。

輝くシャボン玉と光るバルーンに飾られたイルミネーションの広場で写真を撮れば、芸術的な一枚が残せるのではないでしょうか。

広場以外のミッドタウン内の木々もイルミネーションで飾られて、館内にも巨大なサンタツリーが出現します。

1800体ものユニークなサンタのマスコットで飾られた約4メートルのツリーは、圧巻です。一つ一つのサンタを眺めるのも楽しい、遊び心たっぷりのツリーです。

まとめ

いかがでしたか?

クリスマスイルミネーションの時期の六本木界隈は、毎年一年でもっとも訪れる人が多いのです。なんと、その訪問者の数は約 700 万人!

この時期だけは、普段とは違います!何も用が無くても、この芸術品のように飾られた街に、ふらっと出かけてみて下さい。

素敵な夜景を眺めているだけで、心が華やかになって、特別な夜が過ごせますよ。

デートにも最適です!

もちろん、クリスマスマーケットなど、賑やかなお祭り気分が味わえるイベントがたくさんなので、デート以外でも楽しく過ごせます。

一年で一番華やかなけやき坂通りを体験しに、ぜひ一度足を運んでみて下さいね。

スポンサーリンク

おススメ記事