駿府城の桜2019の見頃や開花状況は?ライトアップもご紹介!

駿府城公園 桜

駿府城公園に咲くソメイヨシノは市民に親しまれ、春になると多くの花見客で賑わいます。

そんな駿府城公園ですが、一見ただのお花見が楽しめるだけの公園なだけでは?という方も少なくないのではないでしょうか?

実は、桜の開花時期に合わせた静岡まつりの日には駿府城公園だけでなく、静岡市を上げて大々的に行われ、打ち上げ花火でフィナーレを迎える大規模なイベントとなっているのです。

そこで今回は、駿府城公園を楽しむために、桜の開花時期や駿府城公園の桜の見所、駿府城周辺の観光スポットなどについてお伝えします。

駿府城公園の桜とは?

次の動画では、駿府城公園の桜の様子が分かりますので、参考にしてみてください。

Sunpu Castle Park 2012 April 2

静岡県にある駿府城。歴史に詳しい方ならピンとくるかもしれませんが、この駿府城の跡地は、駿府城公園として多くの人に親しまれています。

この駿府城公園には、春になるとソメイヨシノをはじめ、約460本の大変美しい桜が咲き誇ります。

広い公園内は桜に包まれて、花見をしたりライトアップされた下で宴会をしたり、非常に多くの人で賑わいます。

飲食物の持ち込みは可能ですが、ロープを張っての場所取りや火の使用はできないので注意が必要です。

トイレは園内に3か所あり、自販機やWiFiスポットもあるので何かと助かります。

開館時間

駿府城公園:24時間(ライトアップは日没~22:00)

各施設:9:00~16:30(入館は16:00まで)

休館日:月曜日(祝日、休日にあたる場合は、休館振替なしで営業)、年末年始

料金

駿府城公園は基本的に無料で入ることができます。

駿府城公園全施設(東御門、巽櫓、坤櫓、紅葉山庭園)共通券

大人:360円、小人:120円

各施設入場券

  • 東御門・巽櫓:大人200円
  • 坤櫓:大人100円
  • 紅葉庭園:大人150円
  • 小人:各施設50円

駿府城公園の桜の開花時期

3月下旬~4月上旬

駿府城公園アクセス

所在地:静岡県静岡市葵区駿府城公園1-1

車の場合

東名高速静岡ICより車で17分、新東名高速新静岡ICより車で18分

駐車場はないので、地下駐車場市民文化会館前駐車場(有料)が近いです。

混雑を避けるためには近くの駐車場をあらかじめ、予約して確保しておくと待たなくてすみますよ。

こちらのサイトを利用すると非常に便利です。事前に会場近くの駐車場を予約して取っておくことができます。

駐車場が満車になる前にこちらで予約しておく

電車の場合

JR静岡駅から徒歩15分、静岡鉄道新静岡から徒歩12分

バスの場合

駿府浪漫バス・コミュニティーバス「こしず」の利用が便利です。

JR静岡駅(北口10番のりば)から駿府浪漫バスで15分(東御門下車)

静岡鉄道新静岡駅(3番のりば)から駿府浪漫バス11分(東御門下車)

10:00~18:00で30分間隔にて17便運行。

運賃:大人100円、小人50円

駿府城公園の桜見所とは?

駿府城公園の桜見所「静岡まつり」

第63回静岡まつりは、4月5日(金)から4月7日(日)に行われます。

毎年4月に開催される静岡まつりは、長い歴史と伝統ある行事で、静岡市民のみならず、市外からもたくさんの人が訪れるお祭りとなっています。

静岡まつりは、「駿府で徳川家康公が、大名や旗本などを引き連れて花見をした」という故事に倣い、大御所徳川家康公の和やかな花見行列をメインにしています。

桜の花咲くころのお祭りとして市制60周年の昭和24年を機に、静岡浅間神社が稚児行列を復活させたのと併せて始めたのがはじまりです。

第40回からは、市民が参加する祭りへと変貌を遂げ、城下総踊りの「夜桜乱舞や、駿府城を目指す「登城行列」などに加え、駿府城内には、江戸姿の商人や大道芸人が行き交います。

大御所花見行列では、なんと!駿府城の大御所様を男性有名人が扮するのです!そして、御台所や大名たち、総勢400名もを引き連れて駿府城下を練り歩きます。

また、市民が参加する夜桜乱舞コンテストもあり、毎年目が離せず話題になっています。

夜桜乱舞は約10000人もの参加者で総踊りもし、「竹千代連」では、踊りが好きな人、当日踊りたくなった人など、飛び入り参加することもできます。

こちらの動画は2014年の静岡まつりの様子です。参考までにご覧ください。

第58回静岡まつり

駿府城公園の桜見所「桜」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@ren_g.retriever.0323がシェアした投稿

広さ18ヘクタールもある、静岡市の中心部に広がる駿府城跡を整備した公園で、四方を堀に囲まれた公園は、今でも江戸情緒を感じさせます。

春になると、お堀端は桜の花で埋め尽くされ、多くの花見客で賑わいます。

お堀の水面に映る桜の姿もまた美しく、静岡県内でも人気の高いお花見スポットとなっています。

駿府城公園の桜見所「ライトアップ」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

えりぃさん(@d11eriy)がシェアした投稿

駿府城公園の桜は、日没になるとライトアップされます。

公園内には無料で入ることができるので、宴会をする姿も多く見られます。

駿府城公園周辺の観光スポットとは?

駿府城周辺の観光スポット1 浅間神社

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nashiさん(@burocco_ry)がシェアした投稿

駿府城からほど近い、静岡浅間神社は、神部神社、浅間神社、大歳御祖神社の三社を総称して、静岡浅間神社、通称おせんげんさまと言われています。

鎮座地の賎機山は、静岡の地名の発祥の地でもあり、古代より神聖な神奈備山として、この地方の人々の精神的支柱とされてきました。

6世紀のこの地方の豪族の墳墓でもあるとされている賎機山古墳も、この境内にあります。

JR静岡駅から徒歩25分、静岡鉄道新静岡駅より徒歩21分ほどの場所にあります。

境内はとても広く、さまざまなご利益があるとされています。

隅から隅まで見る方は、時間もかかる上、かなり歩きますが頑張ってください!

大きな池もあり、その中には大きな鯉も泳いでいます。エサをあげることもできるので、お子様のちょっとした楽しみにもなるのではないでしょうか?

駿府城周辺の観光スポット2 焼津ディスカバリーパーク

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wakako Yoshidaさん(@yosshie_pomme)がシェアした投稿

ディスカバリーパーク焼津天文科学館は、満天の星と大迫力の宇宙映像が楽しめるプラネタリウムが有名です。

静岡県でトップの大型望遠鏡のある天文台もあり、明るい昼間でも天気がいい日には、青空の中に光る星を見ることができます。

科学のふしぎを体験できる展示・体験室や、さまざまな天文、科学のイベントを開催していて、大人から子供まで楽しめる施設になっています。

平日は9:00~17:00、土日祝は10:00~19:00で、休館日は毎週月曜日と年末年始です。

観覧料は、プラネタリウムが大人600円、子ども200円展示体験室は大人300円、子ども100円天文台見学会は無料となっていて、星空観望会は100円で参加することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は駿府城公園と、その桜についてお伝えしました。

歴史に思いを馳せながら桜を見るも良し、静岡まつりで楽しんで歴史を感じるのも良し、夜桜を見ながら宴会するも良し、それぞれの楽しみ方ができる駿府城公園となっています。

静岡まつりの際は、静岡中から市民が集まり、大変賑わい、静岡を代表する祭りになっているので、お花見とは別に出掛けてみるのもいいかもしれません。

また、お花見だけではなく、公園で子供を遊ばせたり、施設内で歴史を感じたり、どの世代の方でも楽しめる場所になっているので、ぜひご家族で行ってみてはいかがでしょうか?

おススメ記事