トイレの換気扇を掃除したいけど、どうやるの?簡単にできる掃除法とは?

汚れたトイレの換気扇

毎日の暮らしの中で、トイレは家族全員が使用する、なくてはならない空間です。

トイレットペーパーや衣服からでる小さな“チリ”などは、気が付かないうちに大きなホコリとなって蓄積されていきます。

トイレは床や壁、便器や便座など毎日の掃除の中できれいにする頻度は少なくありません。

しかし、トイレの中の換気扇は小さくて掃除をするのをうっかり忘れてしまいがちな場所です。

換気扇の掃除をしないと、本体やフィルターにホコリが溜まってしまい、溜まってしまったホコリが落ちてきたりします。

また、プロペラの動きが悪くなることで、換気率が悪くなったり、換気扇の音も大きくなるため不快です。

換気扇のタイプには、壁付タイプや天井埋め込みタイプなどがあり、最近ではお手入れしやすい様に羽根などの部品を取り外して洗えるものや、フィルターの汚れを掃除機で掃除できるタイプなども増えて来ています。

しかし、いざ掃除をしようと思った時には、どんな風にしたらキレイにできるのか分からないという人が多いのも現状です。

そこで今回は、トイレの換気扇を掃除したいけど、どんな風にしたらよいのか分からない人の為に、トイレの換気扇の清掃方法についてお伝えします。

トイレの換気扇の汚れの原因は何?

トイレの換気扇の汚れ、そのほとんどはホコリによるものです。トイレは他の部屋に比べるととても狭い空間です。

そして、その狭い空間を家族全員が一日に何度も使用するので、人が動いたり衣服を脱いだりするときに出る小さな“チリ”がどんどん溜まっていきます。

トイレットペーパーも紙で出来ていますので、小さな“チリ”が舞ってホコリとなります。

換気扇は空気と一緒にそのホコリを吸い込み、換気扇内のフィルターやプロペラに蓄積されていき、ホコリのかたまりが障害物となりプロペラの動きを鈍くしたり、吸い込みを悪くしたりしてしまうのです。

そのため、ホコリがたまったままの状態で放置してしまうと、トイレの換気がうまくいかず、臭いがこもってしまったりします。さらに状態が悪くなると、故障の原因にもなりかねません。

トイレを快適な空間にするにはトイレ内の換気扇の掃除も忘れずに行わなければなりません。そうすることで臭いもこもらず、故障の原因も取り除くことができるのです。

トイレの換気扇の掃除にはどんなものを使うの?

トイレの換気扇の掃除は一見難しそうで、専用の掃除器具が必要なのかな?と思ってしまいますよね。しかし、トイレの換気扇の掃除はどこのご家庭にもあるもので十分キレイに掃除できてしまうんです。

まずは掃除で舞い上がるホコリを吸い込まないために、しっかりとマスクをしましょう。

次にトイレの換気扇は高い位置に設置してあることが多いので、まずは椅子や脚立など高い位置でも作業できる踏み台となるものを用意しましょう。

そして、ホコリを吸い取るための掃除機や拭くための雑巾、又はウエットティッシュ、細かいところをキレイにするための歯ブラシなどがあると良いでしょう。

これで十分キレイにすることができます。換気扇によっては、取り外しの際にドライバーが必要なものもありますので、念のために用意しておくとよいでしょう。

また、掃除をしている最中にホコリが床に落ちてしまうので、気になる方は床に新聞紙などを敷いてから作業すると良いでしょう。

落ちたホコリはそのまま新聞紙ごと捨てられるので、その後の床掃除も楽になります。

トイレの換気扇の清掃方法は?

トイレの換気扇は壁付タイプや天井埋め込みタイプなどがあり、プロペラを外して直接洗えるものや、取り外せないのでそのまま掃除をするタイプなど様々です。

しかし、おおよその手順は同じになりますので、ご家庭にある換気扇の説明書を確認しながら行うと良いでしょう。

まず、ホコリを吸い込まないようにマスクをして、床には新聞紙を敷き、高い位置での作業がしやすいように脚立などを準備しましょう。

そして、掃除を始める前に必ず換気扇のスイッチを切りましょう。換気扇が回ったままの掃除は非常に危険です。

準備が整ったら、換気扇のカバーの表面についているホコリを掃除機で吸い取ります。

次にカバーを外します。一般的な換気扇のカバーは引っ張ると取れるものが多いですが、メーカーや設置時期のタイプによって外し方が異なりますので、ご家庭の説明書をよく読んで確認しましょう。

カバーを外したら、ホコリを掃除機で吸い取ったり、雑巾やウエットティッシュでふき取りましょう。洗える場合は水で流しながら歯ブラシなどでこすり取りましょう。

カバーを外した換気扇内は、これまで蓄積されたホコリでいっぱいです。フィルターが付いているタイプもあるので、フィルターが付いていたらカバー同様ホコリを取り、洗える場合はしっかりと洗いましょう。

中のプロペラが外せる場合は、プロペラを外し外せない場合はそのままの状態で大きなホコリを掃除機で吸い取ります。

こびりついた細かい部分の汚れなどは歯ブラシを使ってかき出します。それからプロペラを洗浄または水拭きしていきます。

換気扇内部もプロペラ同様ホコリをとってから水拭きしていきます。手の届くところまでで充分キレイになり、換気扇の動きも劇的に良くなります。

すべての部品をキレイにしたら、しっかりと乾拭きし、乾いてから取り外した部品を戻していきます。また、換気扇の掃除を楽にするには、換気扇に汚れがたまりにくくする必要があります。

トイレ内のホコリを空気と一緒に吸い込み換気扇内部にホコリが蓄積されていくわけですから、外側からこまめに掃除機をかけたり、トイレットペーパーなどでふき取り、内部に入り込むホコリの量を減らすと良いでしょう。

また、トイレの換気扇用の薄いフィルターも売っていますので、カバーとプロペラの間に入れると掃除が楽になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はトイレの換気扇の清掃方法についてお話しました。

トイレの換気扇を掃除したいけど、どんな風に掃除してよいのか分からない場合には、まず、トイレの換気扇内にはどういった汚れがたまるのかを知ることから始めましょう。

そして次に、その汚れを取るために必要な道具を用意しましましょう。

換気扇はメーカーや製造・設置時期によって扱い方が異なるので、ご家庭にあるトイレの換気扇の説明書を確認しながら外していき、中をキレイにしましょう。

そうする事で、気になる換気扇の汚れや大きな音を改善し、清潔で快適なトイレ空間にすることができます。

掃除の仕方をマスターし、同時にできるだけ掃除が楽になるような対処法も活用していくことが大切です。

トイレの換気扇を掃除したいけど、掃除の仕方が分からないという方は、是非今回の記事を参考にしてみて下さいね。

トイレに潜む水垢の原因と効果的な清掃方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です