夕飯の献立を簡単に考えられるようにする5つの方法

夕飯の献立を考えるのって大変ですよね。夕飯は毎日訪れるため、毎日献立を考えなければいけませんよね。

いつの間にか夕飯の献立を考えるのが、苦痛と感じる方もいるのではないでしょうか。

特に、小さいお子さんがいるご家庭だとお子さんの好物を取り入れ、旦那さんの好物も取り入れ、栄養のバランスも考えながら作るのは、とても大変ですよね。

もっと夕飯の献立を簡単にする方法はないのか?

そこで今回は、夕飯の献立を簡単にする5つの方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

夕飯の献立を簡単に考えられる5つの方法1 曜日ごとに作る物を決める

色々な料理がありその中から夕飯の献立を選択するのは簡単ではなく、何を作ればいいか迷ってしまいますよね。

そこで、曜日ごとに作る夕飯を決めてはどうでしょうか?

例えば火曜日は、丼の日にして、水曜日は麺の日にしよう。

というように、曜日ごとに作る夕飯を決めておけば献立は簡単になります。

後は何の丼にしようか、と中身を決めるだけになりますね。また、日にちによって夕飯の献立を決めておくと簡単に済ます事ができます。

夕飯の献立を簡単に考えられる5つの方法2 1週間分の夕飯の献立を考える

カレンダーや、ノートに1週間分の夕飯の献立を決める事で簡単になります。

1週間分の夕飯の献立を考える時は肉、魚を交互にしましょう。メイン料理では、肉、魚が主役になることが多いと思います。交互にすることで、メニューの幅が増えますね。

また、肉や魚の種類まで決めておくと、調理する時楽に出来ます。

肉か魚か決まったら、メイン料理を決めましょう。

味付けと、調理法を組み合わせて考えましょう。

味付けなら、和風、洋風、中華、その他(エスニックなど)。

調理法なら煮る、炒める、揚げる、蒸す、焼く、です。

この2つを組み合わせ、和風+煮る=煮魚。というように考えると決めやすいですね。

また、週に1回は炭水化物の日を作ってみて下さい。

パスタ、焼きそば、お好み焼き、そば、うどん。

これらは簡単ですし、献立を考える時も副菜を考える必要が無いですね。

1週間分考えたら、1週間分の材料をメモにとり、まとめて購入しましょう。

そうすえば、買い物を1週間に1回すればいいので何度も買い物に行かなくてもいいですね。

夕飯の献立を簡単に考えられる 5つの方法3 的を絞って夕飯の献立を決める

「今日、何食べたい?」あなたは夕飯の献立を尋ねる時に、このような尋ね方をしていませんか?このように尋ねると、だいたい「なんでもいい」。

と言う返事になってしまいますよね。ではどのように尋ねるたら、献立を答えてくれるのでしょうか。

方法は簡単です。範囲を狭くし尋ねましょう。

「何食べたい」と言うように聞くと、範囲が広く答えずらいですよね。

なので「今日は和食、中華、洋風、どれが食べたい?」と言うように、範囲を狭めて尋ねて下さい。

どれか一つ選ぶよう尋ねれば、だいたい答えやすいですよね。

どの系統か決まったら「肉と魚どっちをたべたい?」と更に的を絞りましょう。

どんどん的を絞れば、最終的に献立が簡単に決まります。

自分で献立を決める時も、「今日は何系がいいかな?」と献立を考えましょう。

献立が無限に存在するから悩むのであって、ある程度絞ることができればすんなり決めることが出来ますね。

スポンサーリンク

夕飯の献立を簡単に考えられる 5つの方法4 味付けがかぶらないように夕飯の献立を決める

メイン料理に味噌を使っている場合、汁物を味噌汁にしないで、スープに変えましょう。

味がかぶっていない方が、食べやすいですよね。

他にもメイン料理がこってりしている場合は、副菜をさっぱりとさせましょう。

酢の物や、サラダなんかがいいですね、

逆に、メイン料理がさっぱり系なら、副菜をポテトサラダなどにしましょう。

メイン料理、副菜で一つの料理なので全体のバランスを考えて献立を作りましょう。

また、調理法も前日とかぶらないようにしましょう。

今日作ったものが煮魚だったら、次の日は煮物は避け、焼き魚など別の調理法にする事により、夕飯が、毎日違うものを食べている感覚になりますよね。

夕飯の献立を簡単に考えられる 5つの方法5 レシピサイトを参考にする

どうしても何も考えたくない時がありますよね。

そういう時は、1週間おきに更新されるレシピサイトを参考にしましょう。

1週間分でているので、レシピをそのまま使えばいいだけです。

レシピサイトを使う時の注意点として、レシピサイトではあなたの家族の好き嫌いが反映されていません。なのでしっかりと材料を確認し、代用できそうなものは代用して作りましょう。

まとめ

献立を1週間分作っても、急に状況が変わることもありますよね。

そんな時は献立に縛られず、臨機応変に行いましょう。

更に献立が1年分たまったら、使い回しすることも出来ますね。

また、献立を考えてから食材を買うのが億劫な場合は、先に食材を買ってしまいましょう。

購入した食材から、何を作ろうか決めればいいですね。

夕飯の献立を考える大変さを、少しでも少なくすることが出来ると毎日が楽になりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク