品川水族館の営業時間や混雑は?詳細情報と見所9選

品川水族館というと東京でもそこそこ有名な水族館ですよね。

そんな品川水族館ですが、まだ行った事のない人だと行く前に、どんな水族館知っておきたい思っていませんか?

そこで今回は、しながわ水族館がどんな水族館かについてお伝えします。

スポンサーリンク

しながわ水族館の基本情報

行ってみよう!しながわ水族館! もっと楽しもう!!しながわ水族館

こちらの動画は、品川区公式チャンネル「しながわネットTV」さんが、品川水族館についてご紹介している動画です。

基本情報を楽しく公開して下さっているので、アクセスなどとても分かりやすいですよ。

営業時間

  • 10:00~17:00(入館は16:30まで)8月の土日祝日、お盆は9:30~17:00
  • 休館日 毎週火曜日、1月1日
  • ※祝日、春休み、GW、夏休み、冬休みは火曜日でも休まず営業

料金

  • 大人1350円
  • 小学生 中学生600円
  • 幼児300円
  • 3歳以下無料
  • 65歳以上1200円

割引情報

ローソンチケットで事前にチケットを購入していくと割引になります。

  • 大人1250円
  • 小学生 中学生550円
  • 幼児400円
  • ※品川区民は特別料金で割引になります。住所・本人証明できるものを提示することで割引を受けられます。

アクセス

  • 京浜急行「大森海岸駅」下車 徒歩約8分
  • JR京浜東北線「大森駅」下車、北口改札より徒歩約15分
  • JR京浜東北線「大井町駅 中央改札(アトレ口)・東口6番バス乗場」より無料送迎バス約15分。(イルカのイラスト入りの可愛い送迎バスがあります)

ランチ

水族館の敷地内にファミリーレストランがあります。

周辺にはそれほどお店は無いですが、最寄り駅の大森海岸の近くにイトーヨーカドーがあり、その中には大きなフードコートがあります。赤ちゃん連れの方は、授乳室もあるのでおすすめです。

駐車場

有料ですが駐車場があります。

混雑

夏休み期間中は特に親子連れなどで混雑します。それ以外の季節でも、土日は混雑します。

品川水族館のおすすめエリア3選

東京湾に注ぐ川

水族館と言えば、海のイメージなのですが、ここは森の中。ザリガニやイモリなど自然に親しんだことがある人には懐かしい生き物がいます。

「東京湾に注ぐ川」という名の展示スペースです。この展示のコンセプト「木は森をつくり、森は川をつくり、川は豊かな海をつくる」を体現しています。

大木の周りに水槽があり、川の上流を表しています。森から始まった川がどんな流れを経て東京湾に流れているのか考えながら見ることができます。

スポンサーリンク

トンネル水槽

地下に降りていくと、トンネル水槽になっています。

泳ぐ魚を下から見上げることのできる、全長22mの海の散歩道です。頭の上を魚がすいすいと泳いでいくので、本当に自分が海の中にいるような感覚になれます。

大きな魚が自分の目の前にやってくるので子供たちも大喜びするスポットです。

アザラシ館

2階建てになっている別棟にアザラシ館があります。

こちらは水槽の中に観覧スペースがあり、洞窟探検のように水槽の中を歩いていけるようになっています。そして、その水槽の中をすいすいとアザラシが泳いでいる姿を見ることができます。

2階部分につながっている柱のような水槽内を上っていくアザラシを見ることもできます。2階部分は岩場になっていて、くつろぐアザラシに会えます。

アザラシのいろいろな姿を見ることができ、とても楽しい展示です。

2016.06.12しながわ水族館アザラシ館

品川水族館のおすすめのショー

イルカショー

ここのイルカショーはとても近いところから見ることができます。

意外にイルカショーのプールは小さいのですがそこで見るショーは臨場感たっぷりです。目の前にイルカが飛び出してくるので、迫力があります。水がかかってしまう事もありますが、それもまた思い出になります。

しながわ水族館:東京都品川区

アザラシショー

アザラシ館の2階でアザラシのショーが見られます。

アザラシはすいすいと泳ぐ姿は早いのですが、陸上ではのんびりゴロゴロしている印象ですよね。これが意外にジャンプ力があるのです。吊るされたボールにジャンプ!する姿はかっこいいですよ。

クラゲ水槽&タッチ体験

地下1階は遊体験広場です。

ゆりかご水槽、円形水槽、円柱水槽、クラゲフォトスタジオ水槽の4種類の水槽の中をふわふわと泳ぐクラゲを眺めることができます。照明も少し暗くてムードのある雰囲気です。

クラゲフォトスタジオ水槽は水槽の裏側に立って写真を撮ることが出来る水槽です。本当にクラゲたくさんの海の中にいるかのような、不思議な写真が撮れますよ。

品川水族館のおすすめの生き物

ピラルク

ピラルク

世界の大河からというテーマの水槽では、アマゾンなど、世界各地の大河に住む大きな魚を数多く紹介しています。

大きな魚のうろこまで、目の前で眺めることが出来るので、知らない魚でもじっと観察していると思わぬ発見があります。

シャークホールのサメ

トラザメ

シャークホールという、サメたちを主に展示している水槽では、いろいろな種類のサメを見ることが出来ます。

特におすすめは、「」です。深海にすむサメなのですが文字通りトラ?豹?のような模様がついていてかっこいいです。

赤ちゃんサメも生まれて展示されています。こちらも、小さいながらちゃんとトラ模様です。

ペンギン

ペンギン

イルカ、アザラシと並ぶくらいの水族館のアイドルと言えば、ペンギンですね。こちらの水族館ではペンギンの飼育にも力を入れていて、何種類ものペンギンを見ることが出来ます。

ちょくちょくペンギンのヒナも生まれているのでペンギンの成長を見守る楽しさもあります。

まとめ

しながわ水族館について、まとめてみました。

都心からも近いのですが、周囲は広い公園で、都会らしくない雰囲気ですので、他県から来た人でもゆったりとした時間を過ごせます。

イルカショーが売りの水族館なのですが、それ以外にもバリエーションに富んだ展示があります。

駅からのアクセスもよく、気軽に行ける水族館です。しながわ水族館に行ってみるときは今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

おススメ記事