日焼けが痛い!何日つづくの?日焼けの原因と3つのケア方法

日焼け

あなたは今、日焼けをしてしまって、背中や腕がヒリヒリして、どうにかしたい考えていませんか?

日焼けの痛みはあと何日くらい続くのか気になる、という方もおられる事かと思います。

どうすれば日焼けの痛みを最小限に抑えることができるのか?

そこで今回は、日焼けでヒリヒリする痛みや、肌トラブルが気になる人の為に、痛みを緩和する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

日焼けの痛みの原因とは?何日続くの?

日焼けをすると、しばらくしたあとヒリヒリした痛みが出ますよね?なぜ日焼けすると痛いのでしょうか?

その理由は紫外線を大量に浴びることで肌に炎症が起きるからです。

紫外線を大量に浴びると血管が広がり皮膚の細胞が傷つきます。この時に痛みを生じます。この現象を「サンバーン」といいます。

サンバーンによって肌は日焼け後4、5時間で赤くなって24時間後が痛みのピークです。

その後徐々に痛みは引いていきます。

特に肌が白い人は紫外線を吸収するメラニンが少なく、肌が炎症を起こしやすい。

メラニンが少ない肌が白い人は日焼けをするとシミやそばかすができやすいため注意が必要です。

日焼けのケア方法1 冷やす

日焼けして赤くヒリヒリした痛みをやわらげるにはどうしたらいいか?

まずはとにかく炎症して赤くなった部分を冷やすことが大切です。

赤くなった肌の日焼けは、軽い火傷をしたのと同じ状態なので、まずは冷やして炎症を落ち着かせる必要があります。

冷たい水道水をかけたり、冷たいシャワーを浴びる、タオルに巻いた保冷剤を患部にあてておくとよいでしょう。

直接氷や保冷剤を当ててしまうと肌が傷ついてしまうので注意が必要です。ポイントとしては、日焼けをしたらすぐに冷やすことです。

時間をおけばおくほど炎症が引きにくくなってしまうので、海で泳いだあとやバーベキューをしたあとは早めに冷やすことでヒリヒリした痛みを抑える事ができます。

スポンサーリンク

日焼けのケア方法2 保湿する

日焼けをしたあとは肌がかさかさした乾燥状態になってしまいます。炎症による痛みを抑えるには保湿することが重要です。

肌が乾燥したまま放置しておくと、その後肌がシワになったり色々なトラブルの原因になってしまいます。

日焼けをしてヒリヒリして痛みのある時はまずは患部を冷やし、炎症が落ち着いてきたらたっぷり保湿してあげることで肌トラブルを防ぎます。

また、日焼けした肌は敏感になっているので、刺激の少ない保湿剤を選ぶことが大切です。

低刺激と書いてあるものや敏感肌用のものを選びましょう。普段使っている化粧水など保湿効果の高いものを代用してもいいと思います。

そのほうが肌も慣れているのでトラブルが起きにくいです。そして、化粧水で保湿したあとはしっかりと乳液やクリームで水分を肌に閉じ込めることが大切です。

日焼けした肌は水分が出ていきやすい状態になっているので、しっかりとケアしてあげることで回復を早めます。

また、日焼けしてできてしまったシミには美白美容液「HAKU」がおすすめです。

普段のお手入れにプラスで美白美容液を使うことで肌のトーンもアップしてシミも薄くなります。

資生堂 HAKU メラノフォーカスV 45g

日焼けのケア方法3 水分を取る

紫外線対策として内側から気を付けることも重要です。

真夏の暑い日差しの中に長時間いると水分が想像以上に失われてしまいます。そして肌も乾燥し、炎症を起こししまいます。

海や川で遊んだりしていると水分を摂ることを忘れがちですが、こまめに水分をとるようにしたり、日焼け後もたっぷりと水分を摂ることで肌トラブルを防ぎます。

また、紫外線に対する肌への影響を最小限にするために普段から肌を健康にしておくことが大切です。

肌を健やかに保つビタミンを多く含む食べ物や抗酸化作用のある食べ物を食べることで強い肌をつくることができます。

ビタミンはレモン、グレープフルーツ、スイカに多く含まれています。バナナ、アボカド、緑黄色野菜などが抗酸化作用のある食べ物です。

手軽にスーパーで買えるものばかりなので意識して摂ってみることで肌を潤すことができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回日焼けの原因とその対策についてお話しました。

日焼けによるヒリヒリした痛みを解決するには、まずはなるべく早く赤くなった部分を冷やしましょうという事です。

そして次に、保湿することや水分を摂ったり食事に気を付ける事が大切です。

そうする事で、日焼けによるヒリヒリした痛みを最小限に抑え、海や川などで思いっきり日焼けを楽しむことができます。

日焼けによる痛みを気にせず日焼けして夏を楽しみたいという方は、是非試してみて下さいね。今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

おススメ記事