トイレの詰まりに効く洗剤5選。各薬品の使い所とメリット・デメリットは?

トイレの問題でよくある問題がトイレの詰まりですよね。

すっぽん(ラバーカップ)や、お湯、バケツで流すなどを試してもなかなか直らない状態ではありませんか?

そんな時に、洗剤(薬品)を使ってトイレの詰まりを直す方法があります。

そこで、今回はトイレの詰まりの原因と、詰まりに効く洗剤をご紹介します。

スポンサーリンク

トイレの詰まりの原因

原因1:トイレットペーパーや、便の詰まりが原因

トイレ詰まりの一番の原因は、トイレットペーパーや便がうまく流れないことです。とてもシンプルでわかりやすい原因かと思います。

トイレの排水管は思ったより複雑な構造になっており、カーブや狭い箇所がいくつかあります。水流の強さに比して流す物の量が多いときは、これらの箇所に詰まりが発生しやすくなります。

節水のためタンクにペットボトルを沈めていたり、止水栓を閉めていたりする場合は、水流が弱くなるため、注意したほうが良いでしょう。

原因2:配管についた尿石が原因

尿石とは、尿の中の成分が固まってできたものです。便器のふち裏などで、ざらざらした砂のような汚れが こびりついているのを見たことありませんか?それが尿石です。

トイレの配管に尿石が蓄積されると、ただでさえ狭い管がさらに狭まり、詰まりを引き起こしやすくなります。また、尿石のまわりにゴミなどが引っ掛かることも、詰まりの原因となります。

どんな洗剤が効果的か?

トイレットペーパーや便のような異物によってトイレが詰まっているのなら、手っ取り早い話、これらを溶かしてしまえば良いのです。

これに効果的なのが、強アルカリ性の洗剤です。アルカリ性の薬品には、皮膚などのタンパク質を溶かす性質があります。この作用を利用して、異物を溶かしてしまおうというのです。

ホームセンターなどで簡単に買えますが、危険な薬品なので、使用上の注意をよく読んでから使いましょう。

一方で、尿石はアルカリ性なので、同じアルカリ洗剤は効果がありません。尿石の場合は、酸性洗剤を使いましょう。

トイレの詰まりを直す洗剤1 ピーピースルー

パイプ洗浄剤 ピーピースルーF 600g

以前テレビで紹介されたことで一気に話題になり、通販サイトでは常に上位の売り上げを誇っています。業務用で、高い効果が期待できます。

ピーピースルーの使いどころ

トイレの詰まりだけでなく、キッチン、浴室、洗面所、洗濯機と、すべての水回りで使用できるので、家に一本置いておくと大変便利です。アルカリ洗剤なので、便やトイレットペーパーはもちろんのこと、吐しゃ物、髪の毛、糸くずなどの有機物を溶かし、頑固な詰まりも解消します。

ただし、尿石への効果は期待できません。トイレットペーパーや便による詰まりのときに使います。

ピーピースルーの使い方の手順

規定の量をトイレの水だまりに注ぎ、40~50度のお湯を流し入れます。または、バケツなどであらかじめお湯に溶かしたものを、トイレに注ぎます。

そのまま30分から1時間、詰まりが頑固な場合は一晩放置してから、バケツ1~2杯分の水で流してください。

効果が不十分な場合は、この作業を繰り返し行います。

ピーピースルーのメリットとデメリット

汎用性も効果も高く、さらに詰まりの予防薬としても使えるところがメリットです。また、有機物を溶かすだけでなく、そこに集まった細菌汚れもすべて溶かして流してしまうため、悪臭の解消や衛生面での対策も同時に望めます。

一方で、一般の掃除洗剤としては効果が強いため、扱う際には注意が必要です。また、強い薬品であるため、鼻にツンとくる刺激臭があります。

トイレの詰まりを直す洗剤2 ピーピースカット

 ピーピースカット(パイプ洗浄剤) 1kg

ピーピースルーのシリーズです。ピーピースルーが溶けやすい顆粒タイプであるのに対し、ピーピースカットは粘性のある液状であるのが特徴です。

ピーピースカットの使いどころ

ピーピースルーと同じで、水場ならどこでも使用できますが、尿石への効果は期待できません。

ピーピースカットの使い方の手順

規定の量をトイレの水だまりに流し込みます。

そのまま30分から1時間、詰まりが頑固な場合は一晩放置してから、5リットル以上の水で流します。

注入量、放置時間を多めにとることで、より効果が期待できます。効果が不十分な場合は、この作業を繰り返し行います。

ピーピースカットのメリットとデメリット

ピーピースルーと同じです。汎用性が高く効果的なのがメリットですが、強い薬であるため取り扱いには注意が必要なのがデメリットとなります。

特にピーピースカットは液体なので、飛び散ったものが誤って目に入らないように、厳重な注意が必要です。

トイレの詰まりを直す洗剤3 デオライト-L トイレ尿石除去剤

(トイレ用洗剤) デオライト-L 1kg 

アルカリ性のピーピースルーシリーズとはと違って、酸性の洗剤です。業務用で、高い効果が期待できます。

デオライト-Lの使いどころ

トイレの尿石除去に効果があるので、詰まりの原因が尿石だとわかっている場合には効果的です。ただし、トイレットペーパーや便の詰まりを解消することはできません。

デオライト-Lの使い方の手順

トイレの水をできるだけ抜いてから、規定量を流し込みます。

そのまま15分ほど放置し、バケツ1杯分の水で流します。

効果が得られないときは、この作業を繰り返します。

デオライト-Lのメリットとデメリット

尿石を素早く除去できるため、詰まりだけでなく臭いや目に見える汚れも解消できます。ピーピースルーシリーズと違い、長時間待つ必要がないのも、メリットの一つです。

一方で、アルカリ洗剤がいろんな水場で使用できるのに対し、尿石という特定の詰まりに特化した洗剤であり、汎用性が低いことがデメリットとして挙げられます。また、やはり強い薬品であるため、取り扱いには注意が必要です。

スポンサーリンク

トイレの詰まりを直す洗剤4 トイレ排水管用バイオ洗浄クリーナー K-97JD

バイオ配管洗剤 ROEBIC 946ml

アメリカのトップメーカーによって開発された、天然バクテリアを使った洗剤です。中性で、環境にも人にも優しいのが特徴です。

トイレ排水管用バイオ洗浄クリーナーの使いどころ

突発的な詰まりというよりは、長年蓄積されてきた詰まりに対して、繰り返し使うことで効果を発揮していくタイプの洗剤です。トイレが溢れかえるほど詰まっているわけではないけども、最近なんだか妙に流れが悪い、詰まる前兆かもしれない・・・という場合にお勧めです。

トイレットペーパーや便に対しても、尿石に対しても効果が見込めます。消臭にも抜群の効果があるので、詰まりの前兆と同時に臭いが気になる場合にも良いでしょう。

トイレ排水管用バイオ洗浄クリーナーの使い方の手順

規定の量をトイレに注ぎ、水を流します。詰まりがある場合は、6~8時間ほど放置します。

初めて使用する場合は、4日連続の使用が必要となります。

トイレ排水管用バイオ洗浄クリーナーのメリットとデメリット

塩素や酸は一切使っていません。そのため、危険な薬を使うのに躊躇するという人にとっては、大きなメリットとなるでしょう。当然、ツンとした嫌な臭いもありません。

反面、即効性がないのがデメリットです。明らかに何かが詰まっているとわかる場合には、他の洗剤を使ったほうが良いでしょう。

トイレの詰まりを直す洗剤5 パイプユニッシュ

ジョンソン パイプユニッシュジェル

CMでよく見かけるため、今回紹介した中では、一番知名度の高い洗剤ではないでしょうか。

水場の詰まり全体に使える汎用性の高さと、どこでも買える気軽さが売りです。

パイプユニッシュの使いどころ

トイレの詰まりを直接どうにかするというよりは、配管の汚れを溶かすことで流れを良くする、といった使い方をします。

塩素系なので、尿石を落とすのには一定の効果がありますが、便やトイレットペーパーを溶かすほどの効果はありません。本体にもはっきりと「トイレのつまりには効果は期待できません」と記載されています。

個人的な話になってしまいますが、私も過去に一度パイプユニッシュを使用したことがあります。そのときは、トイレの詰まりではなく、浴室の排水口の詰まり解消が目的でした。

結果、髪の毛やヘドロ汚れを落とすには絶大な効果があり、詰まりの解消どころか排水口がピカピカになったのを覚えています。

おそらくトイレに関しても同じで、配管内のしつこい汚れや、長年かけて付着した汚物やヘドロ汚れを落とすには、かなりの効果が見込めるはずです。

パイプユニッシュの使い方の手順

規定の量をトイレに注ぎ、そのまま15~30分たったら水を流します。

効果が得られない場合は、この作業を繰り返します。

パイプユニッシュのメリットとデメリット

汎用性の高さと手軽さが一番のメリットです。また、しつこい汚れを落とすことで、決定的な詰まりを予防する効果はかなり高いものと思われます。

ただ、明らかに何かが詰まって困っている状況では、効果は期待できません。

まとめ

以上、トイレの詰まりの原因と、それに効く洗剤をご紹介しました。

だいたいどの洗剤においても、即効性を期待するときは、それなりの危険が伴うようです。一方で安全な洗剤は、即効性はないけども詰まり予防には役立ちそうですね。

一番良いのは、普段から安全な洗剤で定期的なメンテナンスを行い、いざというときは強い洗剤を使って解決、というパターンでしょうか。

洗剤を注いで流すだけで、詰まりの予防ができ、おまけに配管の奥から上がってくる臭い対策もできるのだから、やらない手はありません!

スポンサーリンク

おススメ記事