【月齢別】乳児のおもちゃでおすすめのおもちゃをご紹介

乳児のおもちゃ

あなたは今、赤ちゃんのおもちゃについて、何をあげたらいいのか悩んでいませんか?

ついつい張り切って生まれる前からいろいろとおもちゃを用意してしまうことはよくあります。さらに出産祝いでおもちゃをいただくこともあります。けれど、ガラガラを持たせてみても持たなかったり、お人形をあげても、興味を示してくれないこともあります。乳児のおもちゃよりも、スーパーの袋のガサガサ音に喜んでいたりするので、何をあげたら喜ぶのかわからなくなってしまうと思います。

いつになったらそのおもちゃで遊べるようになるのだろうと思いますよね?

そこで今回は、赤ちゃんのおもちゃにお悩みの方のために、乳児の月齢別に、おすすめのおもちゃをご紹介します。

1~3ヶ月の乳児はどんな時期?この時期におすすめのおもちゃは?

1~3ヶ月の乳児の特徴

生後1ヶ月を過ぎて、1ヶ月検診が終わるとようやく赤ちゃんが外出できるようになります。とはいえ、まだまだ首も座っていないのでなかなか外出できない時期です。

乳児は1ヶ月頃からようやく少しずつ目が見えてきます。ママの顔を目線で追いかけることや、おっぱいの位置を探し当てるのも上手になります。色の違いもわかり始めます。

また表情も豊かになってきます。生まれたばかりの乳児の頃は反射だとわかっていても、ついつい笑った!なんて喜んでしまいますよね?表情は生後1ヶ月頃から豊かになり始めて、生後3ヶ月にもなると本物の笑顔を見せてくれます。

1~3ヶ月の乳児におすすめのおもちゃ

この時期におすすめのおもちゃは「メリー」です。ベビーベットに取り付けることや、床に置くことができて、カラフルなお人形たちが赤ちゃんの目の前をぐるぐる回るおもちゃです。さらに回りながら音楽が流れて、動かすとぐずっていた赤ちゃんが泣き止んで、じーっと見つめたりします。

メリーにもいろいろな商品があります。

例えばコンビの「メロディいっぱい!みまもりセンサーメリー」です。内蔵されている音楽が12種類と多く、さらに赤ちゃんが安心する胎内音も入っています。それから赤ちゃんが泣くと、自動で泣き声を感知して動いてくれる機能がついているところが一番の特徴です。

他にもメリーの飾りが取り外せてガラガラになる商品や、インテリアにこだわるママにはヨーロッパ製のおしゃれな商品もあります。

メリーを選ぶときは、ベッドに設置できるものや、ベッドから外して床でも使えるもの、胎内音が内蔵されているものなど、こだわりたい点を挙げてから探すといいですね。

4~6ヶ月の乳児はどんな時期?この時期におすすめのおもちゃは?

4~6ヶ月の乳児の特徴

生後4ヶ月を過ぎると、首もしっかり座り、物をつかめるようになります。やっと首が座ったかと思ったら、6ヶ月頃までには寝返りができるようになって、お座りができるようになる赤ちゃんもいます。

4~6ヶ月の乳児におすすめのおもちゃ

4ヶ月頃には物をつかめるようになるので、ガラガラが持てるようになります。けれど、生後4ヶ月くらいではまだ握力が弱いので、顔の上に落としてしまうこともあります。もし落としても痛くないように布製のガラガラがおすすめです。メリーから取り外せるタイプだと、わざわざ買わなくてもいいですね。

それからプレイマットやプレイジムでもよく遊べるようになります。プレイマットやプレイジムは乳児が仰向けに寝ていても、寝返りしても、お座りでも遊ぶことができるおもちゃです。マットの部分に、触るとガサガサ音がするおもちゃが仕込まれていたり、キラキラ光る素材が使われていて、赤ちゃんの興味を誘います。

仰向けに寝れば上にはお人形がぶら下がっていて、手で掴んで遊ぶ事ができます。また、取り外してガラガラにしたり、歯固めにできるものもあります。対象月齢はほとんどのものが新生児からとなっているので、長く遊ぶことができるおもちゃです。

7~9ヶ月の乳児はどんな時期?この時期におすすめのおもちゃは?

7~9ヶ月の乳児の特徴

生後7ヶ月にもなるとお座りがだいぶ上手になって、早い子はずりばいをし始めます。自分の意思で動き回り始めると、ママは目が離せなくなるので大変になる時期です。なんだか大人しいな・・と思うとティッシュを全部出していたり、粉をばらまいていたりと、いたずらをしていることもあります。

8ヶ月を過ぎるとつかまり立ちをし始めるなど、どんどん成長は加速していきます。また、ママと一緒に遊ぶことも楽しみ始めるので、いないいないばぁなどの遊びも喜びます。

7~9ヶ月の乳児におすすめのおもちゃ

この頃は音がでるおもちゃに興味がではじめます。握力もしっかりしてくるので、よく音が出るプラスチック製や木製のガラガラを持たせても大丈夫です。

また、この時期は音が出てママと一緒に遊べるおもちゃがおすすめです。例えば知育玩具の「オーボール」のビーズが入っている商品などです。乳児でも持ちやすい形状で、転がすことや、振ることでシャカシャカ音が出ます。それをママとコロコロ転がし合って遊べるので、赤ちゃんが楽しく遊ぶことができます。軽くて持ち運びがしやすいので、外出時にもおすすめです。

10~12ヶ月の乳児はどんな時期?この時期におすすめのおもちゃは?

10~12ヶ月の乳児の特徴

生後10ヶ月頃の乳児は1人で立つことができたり、つたい歩きが出来るようになったりします。移動するのはまだハイハイですが、高速ハイハイで移動できるようになって親をびっくりさせたりします。

1歳になる頃には歩ける子も出てくるので、ますますよく動くようになり、ママは常に監視していなくてはいけない時期です。ママが大好きで、後追いが激しくなったりすることもあります。そうかと思えば1人で夢中になって遊べるようにもなります。

10~12ヶ月の乳児におすすめのおもちゃ

この時期におすすめのおもちゃは「絵本」です。まだ内容がわからなくても、ママの膝に座って、ママに読んでもらえるので、赤ちゃんはとても喜びます。読みながら「これは何かな~?」とか「かわいいね~」などと話しかけながら読むのがポイントです。

それから「つみき」もおすすめです。なんでも口に入れてしまう時期なので、日本製の木のつみきや、お米のつみきがおすすめです。積み上げるだけではなく、投げたり、カチカチと合わせて音を出したりして遊ぶこともできるので、1歳前の乳児でも楽しめます。もちろん1歳過ぎてからも長く遊べるので、1セットはあるといいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回月齢別の乳児におすすめのおもちゃについてお話しました。

生後1ヶ月を過ぎると、目が見えるようになるので、メリーがおすすめです。4ヶ月過ぎには寝返りでも仰向けでも遊べるプレイマット、7ヶ月すぎには音の出るおもちゃ、10ヶ月すぎには絵本やつみきがおすすめです。

ただ赤ちゃんに与えるだけでなく、ママと一緒に遊ぶことで赤ちゃんがより興味を示すようになります。赤ちゃんの笑顔をみてママも一緒に楽しんでしまいましょう。

赤ちゃんに何のおもちゃをあげたらいいかお悩みの方は、是非試してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です