育児疲れにおススメのサプリ5選!

あなたは今、育児の疲れを癒すサプリについて知りたいと思っていませんか?育児は24時間365日休みがありません。

それに加えて、子供がなかなか寝ない、夜泣きをする、夜にも授乳やミルクをあげなければいけない、などで寝不足が続くと、より一層疲れは増し、イライラしてしまうことでしょう。

子供が言うことを聞かなかったり、自分の時間が持てなかったり、ストレスが溜まってしまいますが、育児をしていると、それを発散する時間すら取れないこともありますよね。

育児をしているお母さんの半分以上は、ストレス解消ができていないというデータもあります。

そのストレスがイライラを引き起こし、イライラすることでよりストレスが強くなるという悪循環に陥ってしまうことも少なくありません。

そんなイライラやストレスを解消する時間がないという方にもオススメできるのが、サプリです。

ここでは、育児の疲れにおすすめのサプリを5選ご紹介をしていきたいと思います。

育児疲れにおススメのサプリ5選

育児の悩みで、イライラしてしまうということは大きな割合を占めるのではないでしょうか。

育児の疲れから、余裕もなくなり、言うことを聞かない子供にイライラしたり、自分の思い通りにならないことにイライラしてしまうことのありますよね。

そんなイライラしているときに摂りたいサプリについてお伝えします。

DHA、EPA

DHAやEPAはよく聞く言葉ではないでしょうか。

サンマやサバなどの青魚に含まれ、人にとって欠かせない栄養素です。DHAやEPAは、血液サラサラ・血管がしなやかに・精神安定、イライラやウツウツといった症状を和らげるとも言われています。

ユンケルでおなじみ佐藤製薬が作ったDHA「美健知箋EPA&DHA」などがおススメです。

佐藤製薬の美健知箋 EPA&(びけんちせん)を1分でまとめました

佐藤製薬の「美健知箋EPA&DHA」はこちら

ギャバ

近年、リラックスという意味で注目されている癒し成分がギャバです。

ギャバとは、発芽玄米に多く含まれている成分で哺乳動物の体内にも存在するアミノ酸の一種なのです。

神経伝達物質として働いてくれるので、ストレスの原因となる興奮ホルモンの分泌を抑制したりなども言われています。

ギャバを摂取することでイライラや情緒不安定、ストレス緩和につながるとも言われています。

テアニン

テアニンとは、お茶に含まれる成分で、アミノ酸の一種です。玉露茶には特に多く含まれています。

テアニンには、カフェインの興奮作用を抑制したり、α波を増加させることが分かっていて、リラックスや安眠しやすとも言われています。

夜に飲むと入眠しやすく、睡眠の質を上げたり、寝起きの疲労感が軽減されるとも言われています。

バレリアン

あまり聞きなれないかもしれませんが、バレリアンとは、世界中に200種類以上もあるハーブの一種です。バレリアンはヨーロッパのハーブ医療において、最も一般的に使用されています。

眠れなかったり、緊張や不安を和らげると言われています。

セントジョンズウォート

セントジョンズウォートは、欧米を中心に、ハッピーハーブという呼び名でも親しまれています。

ハーブ療法の先進国でもあるドイツでは、抗うつ薬よりも安心でき、医薬品としても使われています。

ストレスを軽減させ、うつ気分を軽減したい人や、うつの予防に向いています。

育児に疲れた時のサプリの飲み方

赤ちゃんのお世話で大変なお母さんは、栄養バランスを考えた食事を摂らないといけないと分かっていても、赤ちゃんが一番、自分は二の次で、栄養を摂ることができない方も多いのではないでしょうか。

そういったときに栄養を補うのがサプリです。

サプリは手抜きではない

食事で摂れない栄養をサプリで摂るのは手抜きだと考えていませんか?

赤ちゃんのためにも、ビタミンやミネラルを摂らなくてはいけないですが、それを食事だけで摂ろうとすると、献立を考えるだけでも大変になってしまいます。

そんなときはサプリに頼ってもいいんです。サプリを飲むことは、決して手抜きではありません。

サプリの選び方

サプリはたくさんのメーカーが出していますが、その中でも、信頼できるメーカーのものを選びましょう。

また、成分の表示や賞味期限、飲み方などもきちんと表示されているかどうかも確かめることが重要です。

サプリにはカプセルや錠剤など形状もいろいろで、大きさや味なども製品によって違ってきます。続けて飲んでいくものなので、試供品などがあれば上手く活用し、飲みやすいものを選ぶほうがよいでしょう。

多くのサプリは食後に飲むほうがいいとされているので、持ち歩きがしやすいタイプであれば尚よいでしょう。

産後うつや育児ノイローゼにもサプリはおすすめ

産後うつや育児ノイローゼの原因には、鉄欠乏があります。

急激なホルモンの変化により、自律神経が乱れ、うつ状態やノイローゼにかかってしまうことがあります。

そんなときにもサプリを摂取することで症状が和らいだり、病院で処方されることもあったります。

毎日の食事の中に、サプリを摂ることを試してみるのもオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

育児の疲れにサプリを摂ることは、決して悪いことではありません。

産後の体調が戻らない中、初めての育児で不安がいっぱい、精神的に安定しない、という方も多いのではないでしょうか。

子供が少し成長していくと、その姿に喜びはあるものの、今度は聞き分けもなく、動き出したり歩き出したり、目が離せない状態になり、イライラしてしまうという方もいらっしゃいますよね。

そんな症状を少しでも緩和させたい、できれば手軽に緩和させたい、という方にはサプリがオススメという理由がお分かりいただけたかと思います。

食事はしっかり摂ることが理想ですが、食事で摂りきれない栄養分をサプリで補うのは手抜きではありません。

しっかり栄養分を摂って、育児の疲れを緩和できれば、心にできた余裕から、子供にももっと優しくできて、きちんと向き合えるのではないでしょうか。

お母さんも、子供と一緒に成長していきたいものですね。

おススメ記事