洗濯物の臭いの取り方。4つの原因と汗や加齢臭などの取り方

洗濯物の臭い

あなたは今、洗濯物についてしまった臭いについて、取り方なくて困っていませんか?

例えば、魚のような生臭い臭いがしたり、子供がおもらしした服やシーツからおしっこの臭いが残ってしまったり、汗や加齢臭のようなツーンとした臭いだったりといろいろな臭いがあります。

それだけではなく、お子さんやご主人がそれを着てすぐにでも出かけないといけないときもあるのではないでしょうか?

そこで今回は、洗濯物についてしまった臭いにお困りの方のために、臭いの取り方をご紹介します。

スポンサーリンク

洗濯物についた魚のような臭いの取り方

そもそもなぜ洗濯物が生臭くなってしまうのかというと、濡れたまま長時間置くことで雑菌が発生してしまうからです。

生臭さを取るためには、雑菌を取り除けばいいのです。雑菌を取り除くにはどうしたらいいかというと、除菌のできる洗剤でのつけ置き洗いがおすすめです。

除菌のできる洗剤は部屋干し用と書いてある洗剤がおすすめです。例えば「部屋干しトップ」などは、汚れだけではなく生臭さの原因菌やウイルスまで落としてくれます。

ライオン 部屋干しトップ除菌EX 900g

さらにもっと生臭さをとるのにおすすめな洗濯物の臭いの取り方が、洗剤と一緒に重曹を入れることです。重曹はアルカリ性なので、皮脂汚れなどの酸性の汚れをよく落としてくれます。

皮脂汚れは雑菌の栄養になるので、重曹を入れてキレイに落としたほうが、臭いも発生しにくくなります。そして重曹は40℃位のお湯に溶かして入れるのが効果的です。

お風呂の残り湯がちょうどいいですね!すすぎにも残り湯を使ってしまうと、せっかく除菌したのにまた雑菌が増える原因をつけてしまいます。洗濯は残り湯でもすすぎには水道水を使いましょう。

まずは、こちらの動画はをご覧ください。100均で購入できるグッズを使って洗濯物の加齢臭を取る方法をご紹介されています。

洗濯物についた汗の臭いや加齢臭の取り方

洗濯物についてしまった汗の臭いや、しつこい加齢臭の原因は皮脂汚れなどが酸化してしまうことで発生します。

特に加齢臭はしつこく、落ちない臭いです。そこで、しつこい加齢臭を落としてくれるのがミョウバン水です。

ミョウバンは、殺菌効果・抗菌作用など、オドラント効果に優れています。

まずはそれを水に溶かしてミョウバン水を作ります。水600ccに小さじ1杯のミョウバンを溶かせばミョウバン水の完成です。

実際に使う時はそのミョウバン水をさらに薄めて使うのでとても経済的です。

水5リットルに大さじ1杯くらい入れてつけ置きしてから洗濯するだけで、汗の臭いも加齢臭もなくなります。

ミョウバン水は万能の消臭剤として使うことができます。さきほどのおしっこ臭にも効果があります。

ミョウバン水を10倍に薄めてスプレーボトルにいれておけば、靴の中にスプレーや、直接脇や足にスプレーして臭いの予防にも使えます。

あまりご家庭に置いているものではないかもしれませんが、一度購入しておくと便利です。

こちらの動画では、ミョウバン水を作って汗のにおいが消えるかどうかの実験をされています。参考になりますのでご覧ください。

【大注目】汗の臭いを消すミョウバン水を検証!!れびん
スポンサーリンク

洗濯物についたおしっこの臭いの取り方

小さいお子さんのいるご家庭では、おしっこで服やタオルやソファーやらとにかくいろいろなものが濡れてしまうのは日常茶飯事だと思います。

トイレトレーニングが終わって安心しても、遊びに夢中になった子供はトイレに行くことをすぐに忘れてしまいます。失敗しなくなったと安心していた頃に、突然失敗してしまったりもします。

そして大きくなるにつれて、おしっこを溜められる量が増えたので臭いがどんどん強くなってしまいます。

しかもおしっこの洗濯物は別で手洗いしてから洗濯機に入れているのに、一緒に洗った洗濯物までおしっこ臭がしてしまうこともあります。

そんな頑固なおしっこの臭いに効果的なのはクエン酸です

おしっこの臭いの原因は、おしっこに含まれているアンモニアにあります。

アンモニアはアルカリ性なので、酸性のクエン酸が効果的ということです。同じ酸性のお酢やレモン汁でも代用できます。

でもお酢は独特の臭いが残ってしまうことがありますし、レモン汁はちょっともったいないような気がするので、おすすめはクエン酸です。

食用でもお掃除用でも大丈夫です。バケツに服が浸かるくらいの水を入れて、大さじ1~2杯のクエン酸を溶かしたものにつけ置きするだけです。

普段の洗濯のときに、柔軟剤と一緒にクエン酸を入れるとおしっこ臭の予防ができます

急いでいる時の、洗濯物についた臭いを取る方法

つけ置きや、洗濯のやり直しで臭いはよく取れます。しかしとりあえず一時的でいいから急いで臭いを取りたい場合は、除菌作用のある消臭スプレーを使いましょう

ただスプレーするだけではなく、スプレーした後アイロンをかけるのがポイントです。

お出かけ前なら臭いが取れて、シワもなくなるので一石二鳥ですね!

アイロンをかける時間もない人はドライヤーで熱風を当てましょう。一時的には臭いがしなくなります。でも完全に消臭できたわけではないので、時間があるときにきちんと対処しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回洗濯物についてしまったいろいろな臭いの取り方についてお話しました。

洗濯物についた生臭い匂いには除菌作用のある洗剤と重曹を使うのがおすすめです。

おしっこ臭にはクエン酸、汗の臭いや加齢臭はミョウバン水でつけ置きで無くすことができます。

とりあえず急いで臭いを取りたい時は、消臭スプレーをしてアイロンがけすれば大丈夫です。

臭いの原因によっていろいろな対処法があり、ぴったり合う消臭法ならびっくりするほど臭いがなくなります。

洗濯物についた臭いにお悩みの方は、今回の記事を参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

おススメ記事